「変わりたい」の影に潜む罠~変わりたいけど変われない理由とは?~


変わりたい理由が、今の嫌な状況だけに意識を置いていたり、過去に目を向けているとしたら、モチベーションはなかなか続かないものです。

「もう変わりたいんです!!!」という声をよくお聞きします。
「よっしゃ、もっといい感じに変わっちまおうぜ!!」と勢いよく言いたいところなのですが、根本先生はつい“職務上仕方なく”ちょっと意地悪な質問をするんです。

「どうして変わりたいの?」

よく変わりたいけど変われないって声を耳にします。
「どうして変われないんだろうね!?」というと、その動機に注目してみると分かってくることがあります。

ただ、「いろいろやったけど変われない」という場合は、ちょっと違っていて、
「変わってないところに意識を向けている」
「変化への期待が大きすぎるので、変化に気付きにくい」
「そもそも変化を受け取れていない」
などの原因が考えられるので、

「変わったところはどこだろう?」

という目で見てみることをお勧めしています。
いろんなことやったんだから必ず変化は訪れています。

「変化した」という前提で見ることで、あれやこれやと気付くこともでてきます。
続きを読む

当日飛び込み参加も行けまっせ!>大阪:11/2(木)19:30-21:30 安東秀海&根本コラボセミナー『もう失敗しないパートナー選びの法則』


いよいよ、あと2日。
仕事帰りにも余裕で参加できる19:30にスタート時間を設定してみました。
当日になって「お!やっぱり行ける!」とか「やっぱり行こう!」とか「呼ばれてる気がする!」と思った方も、どうぞ、お越しください。
現金払いにて対応させていただきます!



カウンセラーの安東秀海さんと1年ちょっとぶりのコラボセミナーです。
お互い恋愛や夫婦のカウンセリングを多くこなしており、また、安東さんは奥さまとプレマリセミナーを企画されてるということもあり、お互いにとって鉄板のテーマです。

「またコラボで何かやりましょうか」
「やっぱりパートナーシップですかね?」
「そうですね」

とわずか5秒で概要が決まったわけですが、じゃあ、具体的にどんなテーマでお届けしようか?ということで、お互いの最近のカウンセリング事情などをシェアしたところ、やっぱりこれじゃね?と決まったのが、

「失敗しないパートナー選び」

私のブログ・メルマガをお読みの方はちょくちょく私が「なんでそこに行くかね・・・」と愚痴っている文章をご覧になったことがあろうかと思います。

また、私のセミナーやカウンセリングを受けた方は、上記の嘆きと共に「よくそんな男を見つけてきましたねえ」と呆れる姿をご覧になったことがあろうかと思います。

※注※もちろん、本気で嘆いたり、呆れたりしているわけではありません。演出です!演出!
続きを読む

「消去法」にてライフワークを見つける方法


やりたいこと、好きなこと、自分がワクワクすることを追求していくのもアリですが、やりたくないこと、好きじゃないこと、ダメなことを削っていく引き算な探し方もアリだと思っているのです。

好きなことややりたいことをやって生きるには?というテーマで札幌でお話をしてきました。
ほんと、2時間、好きなことをしゃべらせて頂いておりました(^^)

「根本先生のトークが面白くて、あっという間の二時間でした。」という感想も頂いたのですが、自分自身の話として若干ネガティブな「生き方探し」(=ライフワーク探し)をさせてもらいました。
それが好評だったのと、その後「ライフワークについてこういう話をしてくれる人は珍しい」との声をもらったので、ちょっと紹介させて頂こうと思います。

ライフワークを生きる、というテーマを私自身も今、実験中・模索中・調査中・実践中なわけですけど、そもそもライフワークをどうやって見つけるのか?というところでぶつかっちゃってる方も多いように思います。

やりたいことが分からない、という場合もあれば、やりたいことは何となく分かるけど自信がない、という場合もあるでしょう。
あるいは、ライフワークを生き始めたところ、いろんなところで衝突が起きちゃって、というお話も耳にします。

そもそも私にとってのライフワークとは、仕事や職業を指し示すのではなく、それも含めた生き方全般を意味することが多いです。
だから、仕事だけでなく、パートナーシップ、趣味、生活スタイル、家族や友人関係など、人生そのものを「自分らしく生きる」という意味で考えてるんです。
だから、ライフワークというよりはライフデザインとかライフワークデザインと言った方がかっこいいんじゃねーか?と思うこともあるわけです。

そんなライフワークを見つけるには、行きつくところ「自分を知る」ということだと思うんです。
自分を知る、というのは、自分がやりたいことややりたくないこと、できることやできないこと、好きなことや好きじゃないことを認めて受け入れることでして、そこでは「自分軸」なことが当然求められます。

また、自信がない、という声が多くあるんですけど、そんなのやってみなきゃ分からないし、経験がないなら自信なんて付かない、というわけで、自己肯定感をあげていくことも大切なアプローチなわけです。

そんなわけで恒例のステマです。気が付けば7刷になっているそうです!

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)
続きを読む

大阪:10/31(火)、東京:11/17(金)大人の心理学講座「ありのままの自分ってなんだ?どうすりゃ見つかるんだ?」


ありのままの自分。
そのままの自分。

そんな言葉が巷に溢れておりますが、皆さんはその意味、理解していますか?

「ありのまま」は「在りのまま」であり「在るがまま」です。
「そのまま」は「其の儘」であり、やはりこれも「在るがまま」という意味を有します。

「あるがまま・在るがまま」とはいったいどんな状態なのでしょう?

綺麗な花が道端に咲いています。
凛としていて、茎が綺麗に伸びていて、わーきれい~と思わず言ってしまいそうです。

その右隣に同じ種類の花が咲いています。
しかし、環境がちょっと違うんでしょうか。花の色合いは微妙にくすんでいるようで、茎も細く頼りない感じがします。

このどちらの花も「あるがまま」であることに疑いはないでしょう。

しかし、これが人間が観察すると様々な「判断」や「思考」が入り込みますね。
続きを読む

彼の元妻と子どものことが気になって気持ちよく付き合えなくなってきた。


自分の気持ちに素直になることが最初。
嫌なもんは嫌、と自分の気持ちを受け入れること。
それが自己肯定ということだし、自分軸ということ。
そんないい子にならんでもよろしい!という記事です。

根本さん

いつも大変ためになるメルマガ、ありがとうございます(^ ^)
もしもネタなどでお使いいただけたら、とても嬉しいです。このような問題、いがいと悩んでる人多いかなぁと思ってるのですが…

私はバツイチで、彼もバツイチで子供が元奥さんのところにいます。
もうおつきあいして五年以上経ちますがずっと心の中で解決出来ない問題で苦しんでいます。

彼の子供といってももう大学生なのですが、まだ時々経済的に支援しなくてはならないようで、元奥さんと連絡を取ったりしているようです。
また、経済的に引っ張られて、私達が一緒にやりたいことがあったのですが、なかなか話しも進みません。これから結婚ということになっても彼の元家族を優先にされるのではと将来が本当に不安になります。
元家族が大事なら戻ったら?とも言ってしまいます。

好きな人は独占したいという気持ちあるけど、叶えられないのかなぁと悲しくなる時あります。私は子宮の病気にもかかってしまい、彼との子供は年齢のこと経済的なことも重なり難しそうです。

結局、元奥さんに勝ちたいと思ってる自分が時々居て最近そんな自分にも疲れてしまいました。彼の一生で一番で居たいとおもう自分は間違ってないと思いますが、方向性を間違ってしまっていると思います。でも頭で思っても心が違うのです。

相手を好きって子供のこともひっくるめて、でしょ?って言われるかと思います。そう思います。でも自分としては頭と心が裏腹になってしまう時があります。
なので彼にたくさんイライラを言ってしまいます。もう何度も私はさらに好きになると辛いと思い、別れようとしています。彼がいつも引き止めてくれてます…

最近気持ちよく付き合うってことができてない時多いです。心狭くて我儘なので、読んでて嫌な文かもしれないです。申し訳ないです。
でもどうしても心を解決したいです。

よろしくお願いします。
(Rさん)

続きを読む

ついに一面デビュー!!

今日の読売新聞一面(関東版)。

新刊の広告を載せて頂きました。
ついに一面デビュー!!

Aちゃん、写メを送っていただいてありがとうございました~!

Read more

(ご感想)目をぱちくりとさせながら聞いていたら、4時間があっという間に過ぎていました。


今日(10/28)の札幌ワークショップの感想を早速頂きました!

 根本先生、今日はありがとうございました!
演劇、ラジオ、食器、グルメ漫画、テスト勉強が好きなSです。

今日は先生にお会いでき、とても嬉しかったです。
そして、セミナーは(月並みな言い方ですが)とにかく最高でした!
先生の声がとりわけ素晴らしく、「ああ耳が痛い…」という内容が多いはずでしたのに、ずっと聞いていたい気分でした。

初めて参加したのですが、先生の一言一言に「うわっ!なにそれ!?」と
目をぱちくりとさせながら聞いていたら、4時間があっという間に過ぎていました。
続きを読む