3月発売の新刊のゲラがドサッと届きました。

家族で久々に長年通ってる(20年くらい!)お好み焼き屋さん(というか居酒屋?鉄板屋?)に久々に出かけ、ご機嫌で家に戻ってくるとゲラが届いていた。

よくよく編集者さんからのメールを読めば2/5、もしくは2/6必着とのこと。
その日、私は福岡にいるので、少なくても2/4までに投函しなければ届かないらしい。

うーむ・・・。

また、あの髭オヤジ(と言っても同年代)のお店でゲラチェックに励むしかないか・・・。

ま、それもよし。
続きを読む


(ご感想)「これよ、これ、そうなんよ~!」とハゲ同で首がもげそうなほどうなづいてしまいました。

ん?誰がハゲだってー!?といきり立ちそうになりましたが、違ったみたいです。。。

根本先生、こんにちは。
いつもメルマガやブログ、楽しみに拝見しています。

今回のメルマガ、「これよ、これ、そうなんよ~!」とハゲ同(ハゲの同志ではない。激しく同意、の意味です(^_^;))で首がもげそうなほどうなづいてしまいました。
なぜにこう、いつも根本先生はタイミングぴったりに答えをカミのごとく示してくれるのかとビックリします。
どこかでのぞいてませんよね?・笑笑

というのも、実は私、40万も出してコンサルを受けたことがあるのですが、この人ならと思って受けたら、私がどうしても心が(食指が)動かないことを「必要だから」と言われて、facebookで知らない人にリクエストを送りまくってみたり、今、これではないような気がする、と思うものを前面に出して告知することを指示されたり、でも、やっぱり心のどこかで抵抗している自分がいて、結局うまくいかなくて、自己肯定感の低さだけが残って受ける前よりも動けなくなってしまいました。

それでも、それを言い訳に人のせいにしてはいけないよな、それでうまくいってる人もいるのに、結局は自分が悪いんだ、と自分を責めてしまってました。

でも、今回のメルマガのおかげでまた、前を向いて進んでいけそうです。
根本先生のユルさに心地よさを感じて選んだ私の直感を褒めたいと思います。

またこれからも楽しみにしています。
ありがとうございました。
(Mさん)

元ネタはこちら。
「可能性を自ら狭めていませんか?」
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/23109


(ご感想)春までには離婚して同居、夏頃結婚する予定です。

元ネタ「彼が奥さんとの離婚を決意してくれたのに、どうしよう・・・と戸惑っている私がいます。」でネタにさせてもらったYさん。
https://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/22052

感想をご自身のブログに書いてくださいました。
「結婚して幸せになるコミット」
https://ameblo.jp/tanutanu0619/entry-12331394695.html

ブログで紹介してもいいですかー?ってお聞きしたら、更なる追加報告頂きました。

根本さん

返信ありがとうございます✨
嬉しいです。

感想文やリンクなどはじゃんじゃん使ってやって下さい。
ついでに近況報告です。
続きを読む


(ご報告)今までみたいな働き方したくない、もっと楽したいし、新しく自分でとった仕事もしたいと言うと「全部好きにしていいから、残れ」って言われちゃいました。

(事前解説)

リトリートや1DAYセミナーなどでやってる「ロールプレイ」という心理ブロックを外すセッションをあるセミナーでやったんです。
より自分らしい道を選ぶぞ!ってテーマで。

そのセッションの事後報告を頂きました。

根本先生こんにちは
年末のセッションで会社の社長を手放したエロいインテリアコーディネーター…もといYちゃんです。

今日は独り言のような愚痴りごとを送ります。
あの日の手放しパワーは最強でその後、今の彼、父親、さらには義務でやっている子育てさえも捨ててしまいたくなり、マイナス感情で繋がっているものがどんどん消えていって、体調も悪く、デトックス半端ない日々が今も続いています。
その後体調が本気で悪くなって周囲にはまったくやる気がないように見えたらしく、件の社長から「やる気がないなら辞めろ」って長文メールが送られてきたんです(笑)
とっくにハラは決まっていたので「はい、わかりました。辞めます」って返信したところ、予想外の答えだったらしく速攻で呼び出され 引き止められました。
でも、もう今までみたいな働き方したくない、もっと楽したいし、新しく自分でとった仕事もしたいと言うと「全部好きにしていいから、残れ」って言われちゃいました。

正直、残ったところで今までと変わりそうもないし、あいかわらず荷は重い仕事もあるんですが、今までよりも自分の仕事を愛せるような気がします。
もし今の場所からの卒業があるなら、いつかきっと来ると思って今目の前のことを楽しもうと思います。
続きを読む


言い訳するのもいいんじゃない?

言い訳をしたくなるときってどんなときでしょう?
ライフワークというテーマで考えるとマイナスに思える言い訳ですが、じっくりコトコト煮込んでる最中だからと思えたら、言い訳も悪くないと思うんですよね。
マイペースが大事ですから。

昨夜のネタが思いのほか好評だったのですが、引き続きライフワークのお話。

成功法則などでよく語られる「言い訳をするな」という名言。
もちろん、それは職場でも家庭でも学校でも頻繁に聞かれる言葉ですが、言い訳ってしちゃいけないもんなんでしょうか?というのが最近の私の持論。

そもそもカウンセラーってのは言い訳をたくさん聞く仕事とも言えるんですが、そもそも言い訳がなぜいけないと言われるのか?というと、
・自分の過ちを正当化しようとしている
・自分をかばってるように思える
・言い訳ばかりしていると前進しない
・言い訳するとナマケモノになる
・見苦しい、聞き苦しい
・開き直ってるように聞こえる
・反省しているように見えない
・ウダウダと話が長くなってウザい
・理屈をこねてるだけのように見えて見苦しい
などでしょうか。

逆に言い訳をしたくなる心理としては、
・間違いを認めたくない
・怒られたくない、嫌われたくない
・自分に対する評価を下げたくない
・自分が悪いと思いたくない
・自分が悪く思われたくない
・責任を回避したい
・やりたくないことをやらなきゃと思ってるとき

などが挙げられるでしょうか。他にもあるかもしれません。
続きを読む


可能性を自ら狭めていませんか?

ライフワークのお話。
ライフワークに関するセミナーをしたり、コンサルしたりしてるのですが、私の考えとかやり方はだいぶ甘いようで、ほんとにそれで行けるんですか?みたいな声もいただきます。

自分が好きなことを、好きなように、好きな人たちと、好きな場所でやっていくことがライフワークだと思ってるので、好きかどうかがすごく大事だと思ってるんです。
(この「好き」を「ワクワク」とか「ぐふふ」に置き換えるのも可)

でも、人によっては集客頑張らなきゃ、とか、明確なビジネスプランがないとダメだとか、資金計画がちゃんとしてないとうまくいかないとか、言います。
また、人付き合いが苦手な自分はライフワークなんて難しそう、とか、自分がやりたいことでは食べていけなさそう、とか、自分はビジネスの経験がないから無理だろう、とか。
ほんといっぱいあります。

苦手なことを克服したくてチャレンジするのはいいことだと思いますし、応援します。
でも、苦手なことを克服しなきゃと思って頑張るのは私としてはあまり賛同しかねます。
その辺が私の甘いところかもしれません。
続きを読む


筑摩書房「ちくま」に「ほめる力」(齋藤孝先生)の書評を掲載していただいています。

齋藤孝先生の「ほめる力」の文庫化に際し、「自己肯定感」というテーマで書籍を著したご縁で書評を書かせていただきました。
筑摩書房「ちくま 第563号」に掲載していただいております。

こういうお仕事もやってるんです!笑

Read more