(10/9)自分と同じようにパートナーを扱ってしまう


トップページの「今日の一言」にも書いたんですけど、朝早くから乳児を予防接種に連れて行きました。
ベビーカーに雨除け用のビニールをかぶせまして、てくてく歩いていくんですが、病院に近づくに連れ、同じような装備で続々と集まってくる乳児&ママ軍団。
結構面白い光景かもしれません。
そして、中に入れば、予防接種を受けに来た乳児&幼児達が集まっていまして、みんな元気に笑ったり、泣いたりしています。
うちの深希は周りをきょろきょろしながら、ひたすらニコニコしてました。
子どもや犬猫などを見かけるとすごく喜ぶんです、こいつ。

そんな深希と待合室で名前を呼ばれるのを待っていたら、不思議と和んできまして・・・。
子どもが出来るまでは、うるさいし、落ち着かないし、小児科なんてあんまり好きじゃない空間だったはずなのに、今は、みんな、かわいいかわいい。
なんか、とても楽だなあ~という気分です。
ほんと、新・癒し空間発見!という気がして、うきうきしてしまいました。

*--*--*--*--*--*

10/6のミニコラム「開設3周年記念(今だから出来る話)」にて、こんな話をさせていただきました。

>これを読んでくださってる皆さんはどこでこのホームページを知られたのでしょうか?
>個人的にとても興味があります。

って書いてみたんですが、これまた予想外にたくさんの方からメールを頂きまして感謝しています。
ありがとうございます!!
一通一通お返事はできてないんですけど、皆さん、色んなところで見つけてくださってるんですね。

やはりYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使って見つけてくれた方が多かったんですけど、その検索ワードは皆さんばらばらですね。

他にもざくっと列挙してみると・・・

・心理テストが目的で
・うちをリンクしてくださってるサイトから
・友達、パートナー、家族から薦められた
・本や雑誌で見て

多種多様なチャンネルがあるんだなあ・・・と改めて感心します。

でも、びっくりしたのは「大学の先生がお勧めしてくれました」とか「しばらく通っていた心療内科の先生が教えてくれました」という声。

ドキッとしました・・・(笑)

*--*--*--*--*--*

パートナーシップというのは深く知れば知るほど面白いこと、意外なことが分かってきます。
本当にパートナーというのは鏡であり、また、反面教師であり、繋がっているし、対等なんだと思わされます。

パートナーというのは自分に一番近い存在ですから、知らず知らずのうちに自分自身と同じようにパートナーを扱ってしまうようになります。
例えば、自分を粗末に扱っていると、パートナーも粗末にしてしまいます。
「うちの彼、全然私のこと大事にしてくれないの・・・」と感じたとしたら、きっと彼自身も自分のことをあまり大切にしていないのかもしれません。

自分に厳しくする方は、パートナーにも厳しくしてしまいます。

でも、そこで「え?うちは違うな~。彼は自分には甘いくせに、私には厳しいよ」という方もいらっしゃることと思います。
そういう場合は次のようなケースが考えられると思うんです。
一つは、二人の間にまだまだ近づく余地がたくさんある場合。
つまりは距離、壁、障害がある場合ですね。

もう一つは、本当に彼は自分に甘いのか?という部分。
私から見れば彼は自分に甘いように見える・・・でも、別の角度から見れば厳しい一面もあるのかもしれません。

「彼は自分に甘い」というのは自分の判断(主観)ですから、疑ってかかった方がいい場合も少なくないんです。

でも、この自分を扱うように相手を扱ってしまうというのは怖い面もあると思いません?
だから、カウンセリングを受けると「彼、ではなく、私、を見つめていきましょう」って言われることも多いかと思うんですけど、このことにも基づいているんです。

例えば、あなたが自己嫌悪が強ければ・・・、彼に不満や嫌悪を持つようになったり、あるいは、自分のことが嫌いになるような行動ばかりを起こしてしまうんです。

僕はご存知のとおり、ハードワークしてしまう人ですから、ついつい奥さんにもハードワークを求めてしまうことがあるんです。
自分自身ではそんなつもりは無いんですけど、奥さんに言わせれば「ひしひしとそういうプレッシャーを感じることがある」とのこと。
自分の態度はなかなか気付けないものです。

だから、僕が年々ハードワークを手放すにつれて、奥さんがそうした不満を口にすることは随分と減りました。
昔はケンカすればその話題ってくらい、大きなテーマだったんですよね。

ということは・・・自分を愛することができれば、それがパートナーを愛することにも繋がるんですね。

だから、何があっても、まずは自分自身を見つめていくこと。
これが出発点になるんですね。

(10/8)深夜便


う・・・いけない癖です・・・

とある仕事の依頼を頂いて、夢中になってやっていたら・・・あっという間に・・・こんな時間・・・
(ただいま午前3時過ぎ)

さっき時計を見てちょっと唖然としてしまいました。

僕の腹時計では、2時前くらいだったのになあ・・・

でも、楽しかったので・・・良かったなあ・・・うん。

でも、睡眠不足はお肌の天敵・・・なことを気にするわけもないですが、きっと明日(いや、今日)はとてもテンション高めな一日になってしまいそうです。

台風もまたまた来てるしねっ!(ちょっとヤケクソ)

因みに我が家の乳児は7ヶ月に入ったのですが、その途端、お座りが出来るようになりました。

ゆ~ら、ゆ~らと不安定に揺れつつも、何とか自力で座ってます。

子どもの成長にはほんと驚かされます。

でもね、大人になっても、そんな成長や変化って起こせるんですよね。

表情や状況が面白いくらいに変わってる方と昨日お会いしまして、お互いにびっくりしてました。

ちょっとテンション高めで、いつまでもだらだら書き綴りそうなんで、もう寝ます。

お休みなさい。

(10/6)開設3周年記念(今だから出来る話)


10/5でカウンセリングサービスのホームページを公開して丸3年が過ぎました。
まだ3年か・・・という感じもしますけど、思い返してみれば色んな思いが詰まった、とても濃い~3年間でした。

イチロー選手も渡米して「3年続けて本物」とおっしゃってましたけど、僕も最初から3年続けてなんぼと思ってました。
車の運転でも3年経てば一通りのことを経験する、なんて言いますよね。

というわけで、自画自賛を含みつつ!3年を振り返ってみたいと思います。

なんとか3年を過ごせたことを嬉しく思います。
このホームページを読んでくださってる皆さん、カウンセリングを利用してくださっている皆さんのお陰です。
ありがとうございました。

それから一緒に頑張ってるカウンセラーの仲間達にも感謝したいです。
今のホームページの規模を維持・発展していくためには仲間の力がなければ到底できることではありません。

3年前、最初はアクセス数が30くらいだったと思います。
当たり前ですよね。
始めは関係者しか知らないわけですから。
「このアクセス数の半分は俺らだよな~」って原と笑いあったこともありました。

それが今は平日ならば2000を越えるくらいになっています。
決して多いとは言えないかもしれませんが、当時からすれば信じられない数字だと思います。
本当にありがたいことです。

アクセス数を増やすために、思いつくことは何でもしたんです。
(予算はゼロ円です!)
これを読んでくださってる皆さんはどこでこのホームページを知られたのでしょうか?
個人的にとても興味があります。
「どうやったら多くの方にここの存在を知っていただけるんだろう?」
って毎日考えてました。
(今も、考え続けてますけど、もう癖になってます(笑))

カウンセリングの数は比べ物にならないくらい増えてます。
「誰も来なかったらどうする?」って冗談交じりに言ってたんですよ、最初は。
ありがたいことです。

お受けするカウンセラーの数も、プロだけで今は37名になりました。
当時は4人でのスタートです。
でも、それじゃあ、少ないぞってことで、最初の半年くらいは受付センターのスタッフやボランティアのカウンセラーの名前を借りて水増ししてました(笑)
#今だから出来る話ですけど・・・

3年前は、当時は原と源河と僕ら夫婦で仕事を分担して、みんなが睡眠時間が3,4時間の中でホームページを立ち上げたんですね。
ホームページだけでなく、面談カウンセリングのシステム作り、カウンセリングルームの仕様決定も含めて準備期間の2ヶ月半はバタバタバタっと過ぎていきました。
でも、ものづくりをしている時間というのは、大変だけど、本当に楽しい時間でした。
(でも、もう繰り返したくはないですが・・・(苦笑))

実は「カウンセリングサービス」という名前。
ホームページを開設するためにURLを取得するギリギリまで決まりませんでした。
色々な案が出たんですけど、どれもイマイチ引っ掛かりが悪く、確か、源河だったと思いますが、ふと「カウンセリングサービスってのはどう?」って一言に、全員が「それ、いい。それにしよう」って決まった経緯があります。
でも、その時、みんな半ば意識朦朧としてたんじゃないかなー。
「もう、何でもいいから、早く決めようや」みたいな雰囲気もあったかもしれません(笑)
今から思い返してみれば、カウンセリングサービスというありがちだけどシンプルな名前にして良かったな~と思います。
僕はとても気に入っています。

このホームページに載せているカウンセリングの説明やご案内の文章。
あれはほとんど僕が担当しているんですけど、何度か手を加えてるものもありますが、基本形は当時のままです。
3年も同じ文章が生きながらえるというのは奇跡的かもしれません。

でも、最初、その文案を作るとき、うちの師匠に何度も手直しされたんです。
「この文章を読んだ人がどう感じるのか、考えてるのか?」
「これならば載せない方がマシ」
と何度もダメ出しされたんです。
ちくしょーっと思って、半徹夜で練り直したこともありました。
(あ~懐かしいです~(笑))

最初は心理テスト用のプログラムを作ってもらうために参加していた田村が、今は一緒にカウンセリングをする仲間になってます。
他にもたくさんの仲間の協力があって、公開にこぎ着けることができました。

それからまだ3年しか経ってないのか・・・。
時間が濃すぎて、もう5,6年経ってしまってるように感じます。

次は5周年が一つの区切りになるでしょうか。
その時はどんな状況になり、どんな形になっているんでしょうね。
楽しみにしていてください。

これからも、もっと素敵で役立つ情報を提供していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

因みにホームページの開設日は偶然、原の誕生日と一緒なんです。
そう、彼は昨日誕生日だったんです。
(*^ー^)/°・:*:・。オメデトウ。・:*:・°\(^ー^*)

ま、バリなんぞに旅行に行ってる奴にオメデトウを言う必要もないか・・・(ヒガミです)

(10/6)神戸


とても久々に神戸に出かけました。
神戸は好きな街なのに、もう何年もいってないかもしれません・・・

でも、遊びに行った訳じゃなくて、神戸メンタルサービスの無料説明会の講師として。

説明会の前、少し時間があったので、神戸駅近くの朝日温泉に行って参りました。
冷たい源泉に浸かると、温泉特有のぬるぬる感と、源泉らしい気泡がいっぱい付いて感動しました。
もうちょっとゆっくり入っていたかったのですが、時間がなく残念です。
また、神戸に来るときにはもうちょっと時間を作りたいです。

神戸駅といえば、海側にモザイク/ハーバーランドがあるところです。
そちらへ向かわず、温泉に足が向くという時点で、オヤジ度がとてもアップしてしまったように感じました・・・。

モザイクにも好きなカフェ/バーがあるんです。
コーヒーもカクテルも美味しいですが、カフェタイムには意外にもシェークが美味で。
(今もあるのかなあ・・・)

神戸っていいバーや喫茶店がたくさんあるんですよね。
昔、冬にふらっと入った北野のバーでは当たり前のように暖炉に火が入ってましたし、ふらっと入っても外すことがない街です。
妻もかつて会社の人にとても美味しいバーに連れて行ってもらったことがあるそうです。

でも、僕が一番お気に入りだった元町の喫茶店は震災後、無くなってしまいました。
マスターがだいぶおじいさんだったので廃業されたみたいですが、とても残念です。
今も健在だったら、神戸に行くたびに顔を出してたと思うんですよね。
古時計に囲まれた店内で、アルコールランプで温められたコーヒーを頂くのが懐かしいです。
(その震災からもうすぐ10年も経とうとしてるってのは信じられないですね・・・)

僕らはかつて大阪の街中よりも、神戸や京都に出かけることが多く、神戸でも特に旧居留地近辺は大のお気に入りスポットでした。
港町らしい雰囲気で、かつ、少しレトロな建物が並ぶオシャレな街並なんですよね。

今度は子連れで出かけたいです。

(10/5)自分を大切にするには?


ハワイから一時帰国している友人が遊びに来てくれました。
気づいてみれば彼女に会うのは1年数ヶ月ぶりらしく、うちに来たのは2,3年ぶりとのこと。

そのブランクの長さにちょっとびっくりしてしまいました・・・。
2,3年といえば、もう、一昔前って感じなのに、彼女がよく遊びに来てた頃の記憶が鮮明に残ってるせいか、とてもとても意外な感じがしました。

ハワイに住んでちょうど1年が経つ彼女は、こんがり日焼けしていて、興味深い話をたくさんしてくれました。
妻はアメリカ(本土)によく行っていた頃の記憶が蘇ってきて、僕は雑誌等で見かけるハワイの風景が実感として沸いてきて、大阪でお茶を飲みながら話をしてるのに、心は全員ハワイに飛んでました。

原や山本は今はバリに旅行中ですし、僕のお客さまも最近何人も沖縄に行かれてますし、いいなあ~南の島~。

ちなみにお客さまや友人が旅行先から送ってくれたポストカードは、仕事部屋の壁に飾ってます。
それを見るだけで、ほんと、心は日本を飛び出しますね~

*--*--*--*--*

リクエストシリーズ。
==========================
自分を大切にするには?
無自覚に気づけば自分を傷つけるようなことをしてしまうんです。
やめようと思っても、きちんと意識できないので・・・
==========================

過去に何度かテーマにしてますので、お時間のあるときにご参照ください。

3/10のミニコラム
2/5のミニコラム
うちの奥さんのコラム「自己愛」

その他、無料相談コーナーのバックナンバー集(ご相談事例集)で検索してみても、たくさんヒットしました。
その内容を読んでると「自分を大切にする」って言葉を僕がいかによく使っているかがよく分かりました・・・(^^)
自分でもよく使う言葉だと認識してはいたんですけどね、これほどとは・・・。

無意識的、無自覚、衝動的と表現はいろいろありますが、意識していないところで自分を傷つけてしまうにも何かしらの理由があるものです。

自分を傷つけたいとしたらなぜ?

何かを恐れているんでしょうか?
何かが麻痺してしまっているんでしょうか?
それくらい罪悪感が強いのでしょうか?

あるセックス依存症という女の子をカウンセリングしていたときのことです。
彼女は衝動的にセックスを求めてしまうようで、気が付けば、見知らぬ男性とベッドを共にしていることが続いていたそうです。

えー?うそー?そんなことありえないでしょう?

と思うかもしれないんですけど、あとから思い出せば断片的な記憶はあるものの、そこまで至る一つ一つの細かいところは覚えていないことも少なくないそうです。

また、直接的に自分を傷つけてしまう(自傷)方にお会いすることもあります。
その場合も無自覚なケースも少なくないですね。

セラピーをしていて、特に感情を解放していくようなセッションになると、頭がぽーっとなってしまって、意識が飛んでしまう方もいらっしゃいます。
セラピーの場合は、半覚醒といって、半分意識があって、もう半分はぽーっとなってるような状況なんですけど、感情をとても強い力で抑圧していると、自分の心の中から湧き上がってくる感情に思考(意識)が付いていかなくて、そういう状態になるんですね。

上で紹介したケースでも、同じことが起きていると思います。
だから「依存症」と言われながらも、実際には自分の中の「超自立的な私」が作り出している問題といえます。
「依存」の問題ではなく「自立」の問題なんですよ。

アルコール依存症はアルコールにしか頼れないから問題なんですね。
セックス依存症もセックス以外のものに依存できるようになれば緩和されていきます。
自傷癖やワーカホリックも無意識レベルでは同じ問題としてみることができるんです。

何を抑圧しているんでしょうね???
罪悪感?セクシャリティ?恐れ?不安?寂しさ?

僕の経験では、この5つのエネルギーが織り交ざっていることが多いように思います。
どれかひとつが単独で出てくるというよりも。
だから、最初にセックス依存症という女の子の話をさせていただいたんですけどね。

だから、無自覚、無意識的に行動してしまう場合には、感情レベルまで上げてあげることが求められます。
どんな感情が自分を傷つけようとしているのか?ということに気づくために。

罪悪感を抑圧すると、それを感じません。
でも、本当は感じていないわけではなく、感情として認識していないだけなんですね。
だから、その罪悪感を感じてみましょう・・・感じられる自分になってみましょう・・・というのが、このパターンを変える方法(すなわち、自分を大切にする方法)となります。

カウンセリングとしては、どうして感じられなくなってしまったのか?とか、じゃあ、何の罪悪感なんでしょうね?とか、そもそも何を抑圧しているんでしょうね?という点を見つめていくのが一歩目で、次に、その感情を解放したり、セラピーによってその元となるトラウマを癒したり、トラウマを作り出した人間関係を変えていくことが多いです。
(もちろん、人によって、ケースバイケースで変わります)

そんなときにはこんなイメージワーク(瞑想)はいかがでしょうか?

続きを読む