[7]浮気のなぜ?


3月ですよ、3月。
あっという間に2月は過ぎ去って3月になりました。
さすが「逃げる」と言われる2月だけあります。

まだまだ寒い風が吹いてますが、もう少し経つと「おー、風が温かい・・・」と感じられて嬉しくなる時期がやってきます。

3月上旬はイベント続きです。
うちの娘の初節句に初誕生など祝い事。
お義母さまからはとても美しいお雛様を頂きまして、初節句にはうちの母殿も来阪してお祝いする予定です。
また、来週はせっかくの記念なんで、近くの写真館に行こうと思ってますし、その足で再びお気に入りのホテルに遊びに行く予定です。

ただ、そのとても顔立ちがきれいな雛人形も乳児からすれば、興味をそそられるおもちゃに過ぎないようで、手の届かない台の上においてます。
「うーっ、きーっ」(おら、さわらせろー!食べさせろー!)と奇声を上げつつ、指差してます。

ちなみに先日、東急ハンズのぬいぐるみコーナーにて、うちの乳児が「カエル好き」であることが判明しました。
色んなぬいぐるみを交互に見せたんですけど、一番食いつき&興奮度が高かったので。

続きを読む

[6]二人の決め事があるとうまくいかないのは?


今朝(27日)はとても寒かったです。
朝、カウンセリングルームに向かう道がいつもよりとても寒く感じました。
・・・。
たぶん、「ああ、もう、春だなあ・・・」という気分に浸りすぎていたからかもしれません(笑)

* * *

うちの乳児は相変わらず元気にハイハイしまくってますが、間もなく1歳になるんです。
夫婦共々、とてもアンビリーバボーな気分でして、「もう1年?えーっ?早っ!」という感じと、「1年前はまだ生まれてなかったの?本当に?」という感じと、複雑な心持ちで過ごしています。

とはいえ、乳児が寝静まった夜中に、二人でインパルスのDVDを見て大笑いしたり、お互い読んでる本の話をしたりして、そこは子どもがいない時代を思い出させてくれるんですけどね。

だからなのか、目の前の壁にいっぱい貼ってある乳児の写真を見て、妻が
「この写真見てると、本当に私が産んだんだ・・・って不思議に思うの」
なんて言いだすのかな。

確かになんか不思議ワールドですわ。

続きを読む

(2/26)最近見つけた良いもの。


トップページの一言にも書きましたが、時間を見つけながら本を読んでます。
時々本が無性に読みたくなるときがありまして、ちょうど今、そんな時期です。
カウンセリングの合間や寝る前、食事前のちょっとした時間にも。
今週だけで3冊読んでしまいました。

どれも良い学びや気持ちを感じられたんですけど、中でも何年かぶりに「おぉー!!」と思う本に出合えました。

「大好きを伝え合う子育て」(阿部秀雄著、中央法規)。
友人でもある源河や長谷川大がお勧めしてくれまして、妻も先に読んでて感銘を受けたようです。

その名の通り子育て本なんですけど、それが子育てに役立つのは無論、男女関係や対人関係を学ぶにも活躍してくれます。
なぜかというと、私達の感情(特に怒り)について書いていらっしゃるものでして、感情を解放すること、泣くこと、表現すること、気持ちを伝え合うことの大切さを分かりやすく書いてくださってます。

だから、彼の気持ちや彼女の気持ちを理解したい場合にも、自分を解放してあげたい場合にも役立つと思うんですよね。
それから、カウンセラーを目指す方には感情の仕組みや解放の仕方などを学ぶ機会にもなると思うんですよ。

ああ、僕もこんな本書きたかったんだよなあ・・・と思わされた一冊でした。
たぶん、僕にとってはバイブルになりそうです。

*--*--*--*--*--*--*

ちなみに最近もう一つ夫婦ではまってるものがありまして。
「葛湯」。
もともと胃腸があまり強くない奥さんが、体を温めるし、胃腸にいいからと何かで飲み始めたんですよね。

で、ながのが紹介してたお店をネットで探して、即注文。
丁寧に対応していただきまして、注文した翌日には手元に届いていました。
とても優しいお味で、ほかほかと体も気持ちよく、まったり過ごすにはとても良いです。

はまりました。

ただ、お菓子に分類されるように甘いものなので、取りすぎは禁物ですよね・・・。

[5]男女のセックス観の違いは?


前振りが長くなりましたので、別エントリにしました。
いつも話が長くてすいません(笑)

楽しみにしてくださってる方も多い「男女関係のなぜ?」
5回目の今回は「なぜ女性は男性ほどセックスを重視しないのか?(優先順位が低い)」です。

これは・・・とても個人差があるものでして、女性でもセックスを重視する方はたくさんいます。
女性誌でもセックス特集がよく組まれてるみたいですしね。
それに女性の場合は年齢を加えるほどに重視するものです。

続きを読む

(2/23)休日の過ごし方


休日の月曜日、久々に妻と二人で出かけました。
神戸の温泉に入り、梅田でリフレクソロジーを受けて、お茶して、かなりほっこりして帰ってきました。
何だかもう夜10時には眠たくなって、本を読みながら眠ってしまいました。
そして、今朝は7時過ぎに自然と目が覚めるという快挙を成し遂げました!(笑)
お陰で今日も一日のほほんとした気分で過ごせましたね。
やはり休日は大切なものです(笑)

神戸の灘に行ったんですけど、そこは閑静な住宅街で、のんびりしてるなあ・・・のどかだなあ・・・と普段暮らしている街の騒々しさを改めて感じました。
それだけで気が緩みます。

寒かったけれど天気は良くて、露天風呂から覗く空に、ぬるめのお湯はとても良いコントラストでした。
あまり長い時間居たわけではないけれど、ひたすらのんびりできました。

梅田(大阪駅)に戻ると、平日なのにたくさんの人。
オシャレな男女も多く刺激的で「おぉ、大阪はやっぱり都会だったんだ・・・」と訳の分からないことをぼーっとした頭で思っていました。

そういえば、大阪に住んでいながら街に出かけるのは本当に久しぶりです。
買い物はたいてい江坂かネットで済ませますし、洋服は最近買いに行ってないですから。
(ワークショップで行った淀屋橋はビジネス街ですので、梅田のすぐ隣の駅とは言え、土曜日は閑散としてました)

特に夕方の通勤ラッシュに重なった時には、人の多さに面食らいそうになりました・・・。
「やっぱり大阪って都会なんだなあ・・・」と改めて思ったものです。

でも、こうして心も体も和らいで余裕ができると、いろんなことが受け入れられて、許せて、自由になれます。
たかが休日の午後に奥さんと温泉に入って、マッサージ受けただけなのにね。

実は育児疲れも溜まっていた奥さんは先週末から実家に一時戻っていまして、昨日は阪神百貨店で待ち合わせをしたんです。
まるで恋人同士のように。

結婚して子どもが生まれて、それはとてもかわいい子どもだけれど、二人で過ごすのはとても大切なことだと実感しました。
手を繋ぐのも久しぶりのような気がして、少し照れたりして、結婚6年目だというのに、不思議な気持ちになります。

ちなみに22日は僕の母殿の誕生日。
おめでとうメールを送ったら、「今日はゴルフなの」って呑気な返事が返って来まして、相変わらず楽しそうです。
元気でいてくれるのが何せ嬉しい年になりました。
口を開けば「みずき(孫)に会いたい、みずきに会いたい」と繰り返すおばばですけど、僕を通じて、深希までその血が繋がっているんですから、それを思うとすごいことだと思いました。

もう一人の「ばあば」である妻の母は、明後日24日が誕生日。
23日が義妹の誕生日で、3月5日の深希と合わせて、とても「うお座」が多い血筋です。
明らかに情熱系ってことです。