(3/23)親孝行

22日は実家から、母殿が孫の顔を見にやってきていました。
とてもかわいいらしく、ずーっと抱っこしたまんま、ミルクをやったり、寝顔をずっと見ていたり、おばあちゃん振りを発揮していたんです。

妻の実家にお邪魔する形になりますから、気を使って色々話をしていたのですが、それを見ていた妻が一言、
「実家に帰っているときより、お母さんとよく話しをしてるよね・・・」

うん、確かに。

実家に戻ると姦しい(かしましい)女達が3人以上(母+妹×2)いまして、僕が口を挟む余裕が無いんです・・・。
だから、僕は実家に帰省したときは、とても無口で大人しくなるのです。

でも、母殿は「家に連れて帰るっ!!」と公言するほど非常に喜んでおりまして、少しは親孝行になったかな?と思っているところでございます。。。


(3/22)専門家

夜はちょっとまだ冷えるし、一人+一匹暮らしで寂しさもあるので、温かい音楽を聴きながら、ホットウィスキーでも入れてみました。
美味しいです(^^)

仕事や妻の実家通いで自宅を留守にしがちです。
そうするとショコラが一人ぼっちでいる時間が長いので、かわいそうですし、ぐれて悪い子ちゃんにならないようにできるだけ散歩にでかけています。

毎日同じ道だと飽きてしまうので、色んな道を歩くのですが、この街に住んで3年半が過ぎようとしているのに、未だに知らない道、歩いたことのない道があって少々びっくり。
よくよく考えれば、生活圏以外のところって、当然歩く用事もないわけですが、今までもショコラの散歩にはちょくちょく出かけているので、ちょっと意外なんですよね・・・。
いつもの公園も違う入り口から入ってみれば、また新鮮ですし、他にも色んな発見があります。

有名企業の大阪支店・支社を突然見つけてしまったり、隠れるようにして立っている小さな庵(御神木を奉ってました)に出会ったり、意外な場所にあるクイックマッサージの店を見つけたり・・・。
でも、なかなか「通いたくなるようなカフェ」には出会いません・・・。
できれば、犬連れ込みOKな、オープンカフェなんぞが理想なのですが・・・。

そんな中で、家の近所にこじんまりと点在している菜の花畑のひとつです。
本来は畑や田んぼなんだと思うのですが、一面に咲き誇ってました。
nanohana0321.jpg

*---*---*---*---*

ママやおばあちゃんが子育てに奮闘中です。
パパはたまにやってきて、お風呂に入れたり、ミルクをあげたり、美味しいとこ取りしてます。

二日会わないだけでも、大きくなったような気がするんですよね。
実際に測ってみたら以前より100グラムほど成長していました・・・。
数日で体重の5%くらいが増えてる計算になります・・・。
皆さんも試しに自分の体重で計算してみてください・・・・・・恐ろしいでしょ?(笑)

子育ては初めてですから分からないことだらけですよね。
未熟児ですし、寝不足もあって、精神的に不安定になるものです。

ちょっと気になるところがあったので、妻が病院に電話して聞いてみることにしました。
日曜日で、夜9時を回っていたと思いますが、24時間営業(?)ならではですね。
NICU(新生児集中治療室)に入っていたお陰です。
本当にありがたいことです・・・。

応対してくれた看護婦さんが丁寧に説明してくれた上に、当直のお医者さんにも色々聞いてくれたようです。
電話を切った妻はとてもホッとしたような、安心した表情をしていました。
もちろん、お義母さんや僕も安心しました。

専門家に相談して、説明してもらったり、対応を教えてもらったりすると、こんなに安心するんだなあ・・・、サービスってこういうものだよな・・・と実感しながら、自宅に戻りました。

僕もそういう「安心」をお届けする仕事をしてるので、また一つお勉強させていただきました。
それに、お客さまがカウンセリングの後で「ホッとしました、安心しました」というメールを送ってくれるのはこんな気分になってるのかな?と改めて実感させられました・・・。


(3/21)気持ちの変化

20日は春分の日。
大阪は冷たい雨がぱらついてました。

元々土日が休みの方は、祝日が土曜日に重なって、ちょっと残念な気分だったかもしれませんね・・・。
僕がサラリーマンだった頃、同僚や先輩達と「なんか損した気分やなあ・・・」と会話してました。
ま、時には「どっちみち休日出勤せなあかんから、一緒やけどな・・・」という奴もいましたが・・・。

今の僕は休日を自分で決められるので、祝日だからってあんまり気にしないんです・・・。
そのせいか、祝日が休業日のお店に食べに行こうとして「うわっ、何で休みやねん!!」と思うことは、とてもよくあります。
20日も・・・いつも行ってる居酒屋さんが閉まっていて・・・急遽、お好み焼きに変更・・・。

*---*---*---*---*

そういうわけで、長らくお待たせしましたが、予告どおり20日から、4/9までの面談(大阪)&電話カウンセリングの受付を開始しました。
その後、東京~名古屋~休暇(予定)という流れになりますので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

まだまだ余裕がありますので、一度お話してみたいなあ・・・と思ってらっしゃる方は是非一度お電話下さい。

ただ・・・、21,22日と予約センターはお休みですので、23日以降にお願いします。
23日も昼2、3時くらいまでは混み合って、なかなか電話が繋がらない状態かもしれませんので、その時間帯を避けられたほうが無難かと思われます・・・。

*---*---*---*---*

皆さんから、引き続き「赤ちゃんのお誕生、おめでとうございます」メールをたくさん頂いています。

ありがとうございます(⌒-⌒)

色んな文面がある中で、特に嬉しいなあ・・・と感じてることがあるんです。
それは次のようなメッセージを意外にもたくさんの方が贈ってくださったことなんです。

「私は元々子どもを産むことに恐怖心というか、あんまりいい印象を持っていなかったのですが、お二人のコラムやこの日記を読んで、気持ちが変わりました。今はむしろ、子どもを産んでみたいな・・・という気分です」

「結婚をしたり、家族を持つことに否定的な自分がいたのですが、お二人の文章を読んで、家族を持つことに希望が持てました」

僕らも期待していたことではなかったので、すごく嬉しいですね。
僕や理加も始めは子どもを持つことに全然自信がなくて、もうちょっと先でいいや・・・という気持ちで結婚したんですね。
僕自身といえば、結婚にもあんまり前向きじゃなかったところもあったので、なおさら子どもを持つことには否定的な気持ちを持っていました。

でも、それが結婚生活を重ねて、絆が深まる、というか、家族の良さを認識し始めたときに、子どもが欲しいなあ・・・とお互い話をするようになったんです。
でも、すぐにはなかなか出来ないもので・・・。
僕も仕事柄(ずっとSEをしていたので)種が無いんじゃないか?と思ったり、理加は理加で不妊症なんじゃないか?と不安になったりしてたんですよね。

ショコラを飼い始めたのは、子どもが欲しいけど出来ない・・・そういう経緯もあってなんですね。
そしたら、ショコラが来て1年後、今度は赤ちゃんが理加のお腹にやって来るとは・・・

因みに頂くメッセージの中で、既に子育てを経験されている方からは、一様に「これから大変だと思いますが、頑張って下さいね」というメッセージが添えられます。

うん。

さいきん、とても、現実味が帯びてきました(笑)


(3/20)桜の蕾が・・・

昼間はショコラの散歩ついでに公園でランチをいただける陽気ですが、朝夕はまだちょっと冷えますね・・・。
お風呂に入ったら、じぃ~んと体があったまるのが感じられて体が冷えてたことを感じました。
この時期、案外、風邪引きやすいのかもしれませんね。
皆さま、ご注意を・・・。

公園で見た桜の蕾は綻び始め、といったところで、もうすぐ花が咲き始めるのを予感させます。
うちら夫婦は桜を見るのが好きで、毎年春になると近くの公園で桜を見ながらランチを食べたり、ビールを飲んだりするんです。
仲間と花見をするのも定例行事みたいなもので、毎年、夜冷えする中、わいわい酒宴を開いてます。
今年は休止かなあ・・・。

妻とは毎年桜を見ながら「来年の今頃はどんな風にこの桜見てるんだろうね・・・」なんて会話をするんです。
お互いに桜に関してはけっこう思い出があって(皆さんもそうかもしれませんが・・・)、家族のこと、学生時代のこと、過去の恋人のことなど話題も尽きずに盛り上がります。
去年もやっぱり「来年は・・・」なんて話をしていたのです。
「子どもがお腹にいるかもねー」「そうだったらいいねー」なんて言い合ってました。
まさか、実際に子どもが生まれているとは思ってもみませんでしたけど・・・(笑)

1年というのは短いようで長いですね・・・。

1年前、このコラムで紹介した友人が他界したのも3月でしたが、もう6年も経ちました。
早いようで、長い6年です。
この6年の間に、色んなものが変化しました。
今再会したら、もう話したいことは山ほどありすぎて、何もしゃべる気にはなれないかも。

しばらく忘れていたのに、ここ最近、彼のことをしばし思い出していたのは、彼が「忘れてないだろうな?」とツッコミを入れてきてるせいなのかもしれません・・・。

忘れてへんがな・・・。
ま、忙しいから時々忘れてることもあるけどな・・・それはまあお互いさまやろ?許してくれよ。


(3/19)態度と目線

一日が経つのがとても早く感じられる今日この頃です。

18日の午前中は雨が降っていたので、これ幸いとベランダの掃除をしたまでは良かったものの、マーフィーの法則に従い、掃除が終わった後に見事に植木鉢をひっくり返しました(涙)。
慣れないことはしない方が良いのかもしれません・・・。
でも、黒く溜まった粉塵が流されていくのを見るのは気分が良かったです。
階下の方のことを考えると雨の日にしかできないことなので、また雨のシーズンになったらやってみようかなあ・・・。

*---*---*---*---*

18日は2時間のカウンセリング講座の日。
僕はこういう講座では、基本的に事前にテーマを決めずに、集まってくれた受講生の雰囲気や、最初に頂いた質問を元に講座を組み立てます。
初心者が多い日、ベテランが多い日で、内容も全然異なるのが普通だと思うので。

だから、予めテーマを決めて募集をかけてるカウンセリングサービスの心理学ワークショップとは、また違った趣向があるんですね。(そのワークショップにしても、レクチャーの中身はアドリブですけど)

18日の講座の場合は、コミュニケーションをテーマにしてみました。
カウンセリングとコミュニケーションというのは、繋がるところがたくさんありますから。

コミュニケーションの中で、言葉そのものが占める割合というのはとても少ないので(1、2割と言われます)、態度や表情がすごく大切なんです。
皆さんも「口ではいいこと言っていても、態度が伴わない人」ってあんまり信用できないでしょ?

自分自身の態度や表情というのは無意識的に作っていることが多く、自分ではそんなつもりはなくても無愛想に見られたり、近寄りがたく思えたりすることもあります。
(これは僕のことです・・・(笑))

だから、自分のそうした無意識的な態度を誰かにチェックしてもらう機会というのは大切なことなんです。
僕自身、けっこう無愛想だったり、ぼーっとしてたりするので、カウンセリングや講座をした後のアンケートとか感想メールとかを見ながら、自分なりに反省会を開いてるんですよ。
最近は以前に比べたら「気さくな感じ」とか「話しやすそう」というご感想をいただくことも多くなってきて、一人ニヤニヤしてるんです(笑)

それに第一印象の占める割合というのも結構大きいですから、特に対人関係に問題を感じている方の場合は、こうした態度や表情、目の動きを一度チェックしてみて、そこを改善していくのも一つの方法じゃないかな・・・と思うんです。

例えば・・・、人が苦手だなあ・・・と思っていると、誰かと会うときに緊張したり、不安になったり、怖くなったりしますよね。
そうすると、目があわせられなくなったり、目が泳いでしまったり、知らず知らずのうちに防御の姿勢を取ってしまったり、逆に強がって横柄な態度になってしまったりするものです。
でも、これらが癖になってしまうとなかなか自分では気づけなくなってしまい、
「どうして私は人とうまく行かないんだろう?」
という悩みだけが表面に出てくることになるんですね。

その内面的なアプローチも大切なことですし、その内面が作り出す態度や目線に注目してみてはいかがでしょうか?