(3/27)犠牲と愛情と。

久しぶりに飲みに出かけた先で、マスターと季節の話になりました。
「最近、寒いですよね?3月ってこんなもんでしたっけ?」
「うーん。毎年分からなくなりますよね。どうなんでしょうね?」
「桜も咲くというし、あったかいのかもしれないですよね・・・。でも、寒いですよねえ」
「まだ夜は冷えますよね・・・。毎年、今年は異常気象みたいなこと言いますからね(笑)」

そんな微妙な今日この頃ですね。
昼間は公園でお弁当を広げられるような陽気ですが、朝晩はまだセーターが必要な感じで。

マスターとはその後、音楽の話になりました。
昔、おじいさんがジャズ喫茶をやってらしたようで、ジャズ、ボサノヴァ、レゲェなどを彼は愛しているようです。
その遺伝子を引き継いだせいか、その店は居心地のよいジャズがいつもかかっています。
しかも、レコードで。
やはり、酒を飲むときはジャズが一番だなあ・・・と思いながら、マスターお勧めのカクテルを頂いてきました。

*---*---*---*---*

僕たちはよく恐れから物事を選択することがあります。
「浮気されないように、いつも気を使ってました」
「彼に嫌われないように、イヤだったけれど、体を許したこともありました」

恋を続けるための必死なその行動も、時には犠牲になってしまいます。
「本当はイヤだけど・・・、○○が怖くて・・・」という行為のほとんどはそんな犠牲です。

最初はいいんですよね。
気力も体力もあるし。
でも、だんだんそれが当たり前になってくると、やってる方も犠牲をしている分だけ余裕がなくなってきます。
それが余裕のない状態だと気付ければ、まだ、マシな方。
多くの場合は、彼への不満として感じられてしまうものです。

「これだけ○○してるのに、どうして分かってくれないのよ」
そんな気持ちです。
でも、それを彼に訴えると、決まってその答えは、
「俺はそんなこと頼んだ覚えがない。俺は好意でしてくれてるものと思ってた」
だったりして、思い切りハートブレイクしてしまいます。

誰かの顔色を伺ったり、気を使ったり、良かれと思って犠牲したり。
最初は「好きだから」はじめたものが、いつしか、辛くなってしまう裏にはそんな「犠牲」が隠れているようです。
恋愛だけでなく、仕事や趣味でも見受けられることですよね。

本当に自分がしたいこと、好きなもの、に目を向けていく意識が必要なんですよね。
でも、その切り替えって思い切りが必要ですし、長い間、相手に意識を向けてきた分だけ、なかなか切り替えもうまくいかないものです。

もし今しんどいなあ・・・辛いなあ・・・と感じるとすれば、あなたが今現在、誰に、どんな犠牲をしているんだろう?って見つめなおしてみて下さい。
そして、その次に自分に問いかけてみて下さい。
「私が本当にしたいことって何だろう?」と。
答えが出なくてもかまいませんよ。
でも、問い続けてみることがとても大切なんです。

そうすると、あなたの心の奥にある、本当の愛に気付けるかもしれません。


(3/26)雨の音

カウンセリングを終えて、妻と子の待つ実家に行こうとしたら雨がぱらぱら・・・。
このところ、よく、雨が降りますね・・・。

僕は雨が降るとその時々の自分の心の状態がチェックできるんです。
余裕があるときは、雨音や雨の景色をじっと眺めたくなって、気持ちもとても安らかになります。
いっぱいいっぱいになればなるほど、「うっとぉしーなー!もぉ!!!」という気分になります。
皆さんも同じだと思いますけど・・・。

25日は・・・行きは後者、帰りは前者でした・・・。
天気と同じで、心の状態も春は変わりやすいようで・・・。

でも、雨音というのは街中に住んでいると、数少ない自然の音で、心が和むことが多いんです。
ぼーっと雨を眺めて、音に耳を傾けてみると、昔の記憶や感覚が蘇ってきたりします。
小さい頃、雨が車の車庫に当る音を聴きながら、遊びに行きたいのに行けなくてぼーっと雨を眺めていたことを思い出しました。
周りの風景が暗くなってしまい、その頃の僕はその景色に流されるように気分も暗くなっていました。

それがいつしか、雨の音を聴くと心が安らかになるようになったんですね。
大人になったからなのかなあ・・・。
自然がたくさんあった田舎を離れたからかなあ・・・。

過ごしやすい室内から眺める雨からは、自分が守られているような安心感も得られます。
ここにいれば雨に濡れることがないからかもしれないし、今日は何もしなくてもいいかな?という気持ちにさせられるからかもしれません。

でも、耳に聞こえる音や自然のものに目を向けると、僕たちの気持ちは落ち着くようにできているようです。
そういえば、1/fゆらぎ・・・なんて言葉もありますね。
波の音、風の音など自然界の音やエネルギーには、心を落ち着かせる周波数を持っているそうで。

面談の時にも、緊張をほぐしたり、心を和らげたり、あるいは、感情を解放していく下準備として、そういう瞑想を取り入れることがあります。
「耳に聞こえる音に、ちょっと意識を向けてみましょう」という風に。

皆さんも、時々、耳に聞こえる「音」に意識を向けてみるといいかもしれません。
時に、ふわーっとした気分がやってきますから。


(3/25)問題が起きる土壌

今更ながら・・・なのかもしれませんが、自分が文章を書くことが好きなんだな・・・と気づきました。
いつしかお客さんや読者の方から、お褒めの言葉をいただくことも増えて、とても嬉しいんです。
ありがとうございます(^^)

僕は何でも影響されやすい人なので、文体なども好きな小説とかテキストサイトとかの影響をとてもよく受けます。
小説家ならば、よしもとばななさん、宮本輝さん、そして、浅田次郎さんかな~。
昔は故・大藪晴彦さんの文章にも影響受けてましたね・・・。
それから、テキストサイトでは、有名どころばかりですが、侍魂ろじぱらPOPOI、などなど。
節操ないでしょ?(笑)

そういえば、昔、小学生の頃、字がうまくなりたい・・・と思って、クラスの女の子の字を真似てました。
そのせいか、一時期は「お前の字は女文字みたいやなあ・・・」と同級生にからかわれたこともありました・・・。
どうして女の子の字なのか?というと、当時、字がきれいと言えば女の子、でしたからね・・・。
それだけの理由です。

そうすると趣味なんかもけっこう影響受けやすい性格でして、よく言えば好奇心旺盛です(^^)

なんで今日はこんなネタにしたかというと、最近、テレビの影響でこれにはまっているからです。
なつかしのスーパーマリオやらマッピーが移植されて販売されるってことで、飛びついたわけです。
もちろん、本体は「ファミコンカラー」です(^^)

*---*---*---*---*

今起きていることがベストである・・・という考え方があります。
今起きていることは必然である、という考え方もありますね。

カウンセリングでも、今問題が起きているとすれば、その問題が育まれる土壌が元々あった・・・という見方をすることがあります。

例えば、浮気の問題を見ていくとき、今回は旦那さんが他に女性を作ったけれど、タイミングが一つずれていたら、奥さんが男性に走っていたのでは?と思われるケースがとてもよくあるんですね。
自分達はまったく意識していなかったけれど、二人が知らないうちに二人の土地に「浮気の種」が蒔かれ、問題となって、その芽が出てしまった・・・という感じ。
その土地を耕してきたのは二人なのだから、どちらかが悪いわけではなく、お互いの問題として、自分自身の問題として取り組むことが求められます。

誰かのせいにしてしまうと、その人が変わらないと自分もこの痛みを持ち続けることになってしまいますよね。
感情的にはなかなか受け入れ難い場面も少なくないのですが、問題を解決しようという点では積極的に取り組むこともできます。

そうした見方でずっと取り組んでこられた方が、先ほど、その問題から抜け出すことができたそうです(^^)
今日はどんなネタを書こうか考えていたときに、ちょうどその報告メールが届いて、そのメールがあまりにキラキラと輝いていたので、嬉しくなって紹介させていただきました。
お会いした頃に比べたら、本当に変化されましたよね・・・。
その頃のことを思い出して、胸がじーんと熱くなりました・・・。
本当に良かったです。
おめでとう。

・・・。

いい女になったからって、復讐のために自分が浮気しちゃダメですよ(笑)
その誘惑に勝つのが何よりも難しいんですからね!


(3/24)ハッピー・エネルギー

草なぎ君のドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』最終回、見忘れました・・・(涙)
実家で見ていた妻曰く、とても泣ける内容だったそうで、かなり悔しい思いをしています・・・。
カウンセリングのネタとしても大いに使えるドラマでしたので、とても悔しいです・・・。
ビデオ化が今から待ち遠しいです・・・嗚呼・・・。

あ、そうか、誰かに借りればいいんだな。
ビデオ撮ってる人、いるだろうし。
(そういうときに限って、なかなか見つからないものなのですが・・・)

*---*---*---*---*

最近、カウンセリングやお客さまから頂くメールで
「お子さんが産まれてハッピーな根本さんにこんな暗い(重い、しんどいetc…)内容で申し訳ないのですが・・・」
と、とても気を使ってくださる方が多いんです。

そんな気遣いは不要ですよ、もちろん。
しんどい話を聴くのが仕事ですし、その問題の解決をサポートさせていただくのが僕の本分ですからね。

むしろ、こういうハッピーなときは、ハッピー・エネルギーが勝手にたくさん出ているはずですから、僕的には
「どうぞどうぞ、ご自由にお持ち帰り下さいっ!!」
という感じなんです。

そういうエネルギーは誰かにあげたからといって減るものでもなく、むしろ、増えるものなんですよ。
お金も、使えば使うほど入ってくる・・・そういう言われ方することありますよね。
ハッピーエネルギーも同じです。

「お話して安心しました」
「元気になれました」
「幸せを分けてもらえたような気がしました」

僕は何にもしていないんですけど、そういう言葉がとても心に響いて嬉しいんです。
ああ、この仕事していて良かったなあ・・・と思う瞬間です。

・・・。
未だにカウンセリングを「仕事」と書いてしまうことに抵抗があるんです・・・。
仕事以上のものって絶対あるから。

*---*---*---*---*

そんなわけなのかどうか分かりませんが、4/9までの電話カウンセリング、満席になりました。
ありがとうございます。
相変わらず予約が取り難い状況で申し訳ありません。
予約センターのスタッフにも「もう少し増やしてくださいよ」といわれます。

ご予約を取ってくださった皆さん、お話できること、楽しみにしています。


(3/23)親孝行

22日は実家から、母殿が孫の顔を見にやってきていました。
とてもかわいいらしく、ずーっと抱っこしたまんま、ミルクをやったり、寝顔をずっと見ていたり、おばあちゃん振りを発揮していたんです。

妻の実家にお邪魔する形になりますから、気を使って色々話をしていたのですが、それを見ていた妻が一言、
「実家に帰っているときより、お母さんとよく話しをしてるよね・・・」

うん、確かに。

実家に戻ると姦しい(かしましい)女達が3人以上(母+妹×2)いまして、僕が口を挟む余裕が無いんです・・・。
だから、僕は実家に帰省したときは、とても無口で大人しくなるのです。

でも、母殿は「家に連れて帰るっ!!」と公言するほど非常に喜んでおりまして、少しは親孝行になったかな?と思っているところでございます。。。