(6/23)近況報告

このところ仕事に子育てに忙しくしていて、なかなか更新できません。

今までのように24時間お仕事モードではやっていけないことに漸く気付いたせいか(←あほでしょ?)、時間をどんな風に使おうか、結構悩んでたりするんですよね。

したくないことならば、まだいいんですけど、どれも大切なもので、どれもしたいことだったりするので、やはり1日は24時間では少ない!なんて思ったりもします。
(まさしく「パターン」ですね~)

子どもができると夫婦二人で過ごす時間は減るんですよね。
子どもを挟んで一緒にいる時間はたくさんあるのですが。

家族と夫婦と仕事と、この3つのバランスを取っていく難しさを学んでます。

なんせ、わがままだから、どれもしたいようにしたいんですよっ!(笑)

子どもはとてもかわいくて、面白いので、少々疲れていても抱っこしたくなります。
妻も育児や家事でけっこう疲れてるので、ゆっくりさせてあげたいな、と思います。
僕自身も周りばかり見てるといっぱいいっぱいになってしまうから、自分なりのガス抜きは必要だと思ってます。
仕事も好きな仕事ですから、アイデアも出てくるし、より良いものを提供したいと思ってます。
他にも友人や大きな家族との付き合いも大切にしたいです。

そんな贅沢な命題を、体ひとつ、1日24時間という制約条件の中で、どう最適解を見つけるのか?というのが今僕がさしあたり取り組んでいる問題です。

たぶん、ベストな答えがあって、それを僕は見つけることができるんじゃないかと楽観しています。
それまでは試行錯誤、はたまた、行き当たりばったりで見つめていきたいと思ってるんです。

解けるか解けないかは分からないけれど、きっと解けると信じて問題に取り組むのは悩む反面、楽しいかもしれません。

そして、それがまたカウンセリングやセラピーのネタになるってのも、面白いですね~

近況報告でした(^^)


(6/20)不本意なできごと・・・

19日は大阪・心理学講座にたくさんの方が来て下さいましてありがとうございました。
「自己嫌悪」、難攻不落なテーマを扱いましたので、分からないところもたくさん出てくるだろうと思いますし、「でも・・・でも・・・」と思ってしまう部分もあるんじゃないかな・・・と思います。
皆さんから頂いたアンケートもまたじっくり目を通させていただいて、質問・疑問などには、このページでお答えしようと思います。
楽しみにお待ちくださいね。

*---*---*---*---*---*---*

僕は講座が終わると、「講師」から「普通の人」に戻るんですけど(笑)、打ち上げの酒量では物足りず、少し道草食って帰りました。
最近はメリハリが付いてきたのか、飲まないときは1週間も酒を口にしなくても平気ですし、飲みたいときはとことん飲むような、そんな感じになってきました。

少し、健康的かも。

土曜日の夜ということもあって、江坂の街はまだまだ人がたくさん歩いていまして、そういうときこそ、どこかしら、寂しい感じもします。
昔から、都会にある独特の寂しさを感じることがあったんですけど、本当に久しぶりにその感覚を思い出しました。
これで人が集まって、繋がろうとするのかな・・・。

*---*---*---*---*---*---*

どんな状況にあっても、物事の見方一つを変えてみると、自分の気持ちを変えていくことができます。

不本意な異動、就職、恋愛、対人関係・・・自分の思い通りにいかないことは山ほどありますよね。
しかも、その出来事によって、この先数年の自分の人生が決まってしまうくらい過酷なプロセスを感じてしまうときだってあるでしょう。

でも、そんな理不尽さを、学び、に変えることが出来たとしたら、そのプロセスは自分がより成長するため、強くなるため、イキイキとなるため、魅力的になるためのものに変わっていきます。

何を学びとるか?は、実は自分自身にかかってくるんですよね。
自分がどう感じるのか?で、その出来事を宝の山に変える事だって可能なはずです。

でも、その切り替えが浮かばない、うまくいかないとしたら・・・。

自分は何にしがみついているんだろう?
どんなプライドや意地を張ってしまっているんだろう?
見栄や世間体にどれくらい拘ってしまっているんだろう?
何を怖がっているんだろう?

そんな観点を持ってみてもいいかもしれません。

「手放す」こと、
「やめる」こと、
「受け入れる」こと、
「忍耐する」こと、
「変えていく」こと、
何を学ぶかは本当は自分自身が選択できるものです。

でもね、そんな場面で選択していくとしても、自信なんてこれっぽっちもないのが普通です。
自信なくて当たり前なんです。

だって、自信があったら、悩むことなく選択してるはずだから。

でも、自分自身の可能性を信じることができたとしたら・・・
自分のことを見守ってくれる、応援してくれる人たちの存在を受け取ることができるとしたら・・・

あなたの人生は、その瞬間に大きく変わり始めるかもしれません。


(6/19)変わりたいけど・・・

ところで夏ですか?
台風もまた来てますよねー。
毎日気持ちの良い空を眺められて、それだけで幸せを感じられるようになりました。
ただし、エアコンの効いた涼しい部屋から眺めるんですけどね・・・(笑)

ちょっと用事があって休憩時間に郵便局まで出かけたんです。
歩いて10分くらいだったでしょうか。
汗がたくさんでてきて、夏っ!!をまた実感してしまいました。
体型からして夏向きではないんですけど、夏!は好きな季節なんです・・・。

・・・ていうか、僕はたぶん四季全部好きですね・・・。
秋になったらなったで「いい季節になりましたねー!僕、秋、好きなんですよ!!」て必ず言うてると思います・・・節操ナイデスカ?(笑)

*----*----*----*----*----*

自分を変えるのはすごく難しく感じることがあります。
「変わらなきゃ」と思っていても、心のどこかで「なんであたしが?」と思っていたり、「あんたが変わりなさいよ」と誰かを攻撃する気持ちがあったり、心の中でブレーキになってしまっているところがたくさんあるものです。

あるいは「わたしが悪いんだから、早く変わらなきゃ」という焦り、不安、恐れなどの否定的な感情がある場合も、なかなか自分を変えることが難しく感じます。

否定から始めたことは、やはり否定的な結果になることが多いんです。

「変わりたいんですけど、変われないんです・・・」
というご相談を頂くとき、
「変わらなければいけない(そうしないと嫌われてしまう、うまくいかない)」
という恐れが隠れていることがあります。
そうすると、それはもう「義務」になってしまっているので、変わろうとするだけでしんどくなってしまうものです。

しんどいことを当てもなく続けることは難しいですよね。
「腕立て伏せ20回!」とか言われたら、「えーっ」と思いながらもできますけど、
「腕立て伏せ、俺がいいと言うまで!」とか言われたら・・・。

変わろうと思って何かにチャレンジしても、こういう心理が隠れていると大抵は長続きしないものです。

そして、その時見落としているものがあるんですよね。
それは「変わりたくても、変われないくらい傷ついてる私」。

その傷を無視して、自分を変えようと思ってみても、その不安や恐れの感情はいつでも「変われない理由」ばかりを探してしまうようになります。

そして、結果的に変われない自分を作り出してしまうのです。

このメッセージの「変わりたい」は色んな言葉に置き換えることができます。
「信じたい」
「愛したい」
「成功したい」
等々。

そういうとき、僕は二つの方向性を提案してセラピーを進めていきます。
一つ目は、そんな自分を癒してあげましょう。
二つ目は、否定ではなく、肯定的に目標を設定しましょう。

こういうときは「えー、具体的にどうするの?」とか考えなくてもいいんです。
そのことを意識の隅に入れておくだけで、具体的な方法をキャッチできるようになります。
あるいは、こちらにお任せくださいな。


(6/18)ありがとうございます。

イメージ調査(昨日のミニコラムを参照してください)にたくさんの反応頂いてます。
ありがとうございます。
まだまだ募集していますので、もし良かったら教えて下さいね。

一つ一つ紹介して、お礼を述べたいところなのですが、またこんな時間になってしまったので、またの機会にさせていただこうと思います。

今 日 の 発 見 ☆
ダブル・マックグランはとても美味しい!!』


(6/17)イメージ調査

気が付けばもうこんな時間・・・。
時の経つのは早いものですね・・・。

相変わらず僕の視界にはベッドで丸くなる虫、いや、赤ちゃんが見えます。
最近は毎晩のように一緒に寝ているのですが、あの寝顔とかを見ると、もう、何と言うか、うん。パパ何でもするから・・・という気持ちにさせられます。
目をパチッと開けてじーっと見つめられると、思わず全力で抱きしめたくなります。
(そんなことしたらヤバイので一生懸命我慢します)

たくさんの方からメールを頂きまして、概ね好評で良かったです。
(詳しくは昨日のミニコラムを見て下さい)
ありがとうございました。
ホッとしましたし、とても嬉しくなりました。

講座ページの感想とは別に「ほんと、マメですよねー」とか「そんなに細かい作業ができるなんてすごいです」という感想も頂きました。

たぶん、好きだから、できるんでしょうね。

ね、○○さんも××さんに気に入られるためならマメになるでしょ?

僕自身はマメな方だと思いますが、興味がないことに関しては適当に手抜きするんです。
だから、うちの奥さんから見れば
「うーん、マメといえばマメだけど、そうじゃないところもいっぱいあるよね」
ということになります。

だから、マメな人ではあるけれど、職人気質みたいなものもあるんだろうと思います。

・・・なんてことを書いていたら、イメージ調査をしてみたくなりました。
僕ってどんな人ですか?
僕ってどんなカウンセリングする人ですか?
ちょっと怖いけれど、良かったら教えて下さい。

全員から「太ってて安心感がある」とか来たら、真剣にダイエットに励めるかも(笑)