(4/8)桜の木の下で

カウンセリングを終えて、食事をしに行った帰りにまた雨が降っていました。
傘を持っていってよかった・・・。
これで近くの桜もきれいに散ってしまうかなあ・・・。

午前中、ショコラと散歩しながら歩いた公園はちょうど散り始めの桜吹雪でした。
昼になれば、子連れのお母さん方で賑わう公園も、まだ人がまばらな時間帯で、ゆっくりベンチに腰掛けて桜が舞うのを観察できました。
妻が、今年は桜を見にいけなくて残念がっていましたが、来年は3人+1匹でピクニックでも行けたらな・・・とまた一つ夢が増えました。

sakura0407.jpg

*---*---*---*---*

物事を刹那的に捉えてしまうことって、誰にでもあるのかもしれませんね。
何か問題が起きているときは「今だけでも楽になれば・・・」と何かに逃げてしまうでしょうし、将来に希望が持てないときは「今さえよければ・・・」と安易な選択をしてしまうこともあります。

弱さ、といえばそれまでなのですが、桜を見ながら、それは儚さでもあるんだろうな・・・と思いました。
弱さよりも、少し哀しい感じ、切ない感じがします。

見方は色々ありますが、桜も花だけを見れば一時の儚さを感じ得ます。
でも、それは流れの中では一瞬であり、そして、何事もなければ1年後にもまた楽しめる希望をもたらしてくれるものでもあります。
「来年は3人+1匹で・・・」と感じられる僕は、無意識であと1年は生きていることを信じている証明でもあるんですよね。

「来年も桜を見ることはできるだろうか?」
そんな気持ちを持った方もいらっしゃるでしょう。

また、そんな問いを病床の父親に尋ねられて、
「きっとできるよ。また家族で一緒に見に来よう」
と重い気持ちを隠して明るく嘘をついてしまった人もいるでしょう。

1年の重み、長さ。
そして、今、この一瞬の重み、長さ。
どちらも変わらないものなのかもしれませんね。

少し先の瞬間までを見るか、それとも、今、この一瞬のみを見るか。
そこが刹那に生きるかどうかの境目なのかもしれません。
刹那的な生き方には今はあれど、次の瞬間はありません。

今を楽しむことと、未来に投資すること。
どちらもカウンセリングでよくお伝えするメッセージです。
矛盾しているようで、実は同じ意味なのかもしれません。
今が未来で、未来は今だから。

桜というのは日本人に一番見つめられる花なのかもしれませんね。
そのせいなのか、一本一本の桜の木には、それを見た人の思いがずっと積み重ねられていくようにも思えるんです。
それゆえか、いつも、桜の木の下でぼーっとしていると、妙に感傷的な、哲学的なことを考えさせられるのです。


(4/7)ベストを尽くすこと

風が強い一日でしたが、その風が冷たくないことに少し感動。
あったかくなったんだなあ・・・と日差しを浴びると気分も爽快って奴です。

僕が時々顔を出しているフィットネスクラブは会員数が多いのか、プールに行ってもけっこう人がいるんですよね。(夏の市民プールほどではもちろんないんですけど(笑))
だから、自分のペースで歩いたり、泳いだり、を心がけていても、いつしか、周りの人にすごく気を使っている自分に気付きます。
迷惑かけないように、水を上げないように、ペースを乱さないように・・・等々。

6日はたまたまなのか、とても空いていて、一人でワンレーンを確保!
自分のペースでぼぉーっとしながら泳ぎ、そして、ぼーっと休むうちにだんだん力が抜けていて、すごくリフレッシュできました。
その後、ほんと久しぶりにサウナにも入り、お風呂にもゆっくり浸かり、気分もすっきり、カウンセリングに望めました。

*---*---*---*---*

カウンセリングでお客さまに対して、よく「ベストを尽くしましょうね」とお伝えしています。
僕もできるだけ何に対してもベストを尽くそうと心がけています。
これってかなり忘れがち&難しいことなんですけどね。

以前コラムでも紹介したことに繋がるんですけど、

以前は「頑張る」とか「努力する」という言葉が何か“熱血主義”“モーレツ主義”のような気がして嫌だったんですよね。
それでベストを尽くす、という表現をするようになったような気がします。

僕自身、頑張る、という言葉のニュアンスに、闇雲に突っ走る、というイメージがあって、「おいおい、やりすぎちゃうか?」とか「無理しすぎなんちゃう?」とツッコミたくなることも少なくないですね。
そういう方をカウンセリングした場合には「頑張らないように頑張って下さい」なんて伝えて笑いを誘ってます。

努力する、というと何だか我慢しなきゃいけないみたいに感じます。
あくまでニュアンスの問題で、僕自身の印象なんですけど。

もちろん、そういう意味で「もっと頑張らなきゃ、あかんやろ」という方と出会うこともたまにありますね。
でも、カウンセリングを通じて出会う方の場合、ほんと大雑把に言ってしまえば、「何かを頑張りすぎて、我慢しすぎてしんどくなってしまった」方がほとんどだったりします。
恋愛や夫婦の関係で、仕事で、対人関係で。
だから、特に初めてお話するときは「そんなに頑張って来られたんですね」とか「たくさん、我慢してきたんじゃないでしょうか?」とか、そういう言葉が自然と口をついて出てくることが多いんじゃないかと思います。

ベストを尽くす、というのは、出来ることをきちんとする、というニュアンスに捉えています。
色んな方とお会いしたり、僕自身の心の中を覗いてみたりすると、ついつい、出来ないことを望んでしまうものだと思うんです。
「隣の芝生は青い」の如く、誰かと自分を比較してみたり、
「無いものねだり」で、自分をついつい責めてしまったり。

今できることしかできませんよね。
もちろん、何が出来て、何が出来ないのか、という判断って難しいかもしれません。
でも、ベストを尽くした時は「うん、よくやったなあ」と充実感や満足感が得られます。
過剰にやり過ぎると「疲労感」が強くなりますし、手を抜いたりすると「罪悪感」や「不完全燃焼」を感じたりします。
だから、自分の感覚を信じながら試行錯誤するか、客観的に自分を見てくれる人に教えてもらって実行して判断するか、ということになるんじゃないでしょうか。
どちらにしても、自分の感覚に依存するものだけど。

僕自身も経験がたくさんありますが、自分の心が不安定になると、当たり前に出来ていたことが出来なくなってしまいます。
自分では大丈夫、と思っていても、何か面倒くさくなってしまったり、やる気が無かったりするので、部屋も乱れがち、食事や睡眠も不規則になりがち、仕事もさぼりがちになるかもしれません。
特に何かしらの不安や恐れに包まれているときや、疲労が溜まっているときにはそうなることが多いようです。

そういうときは、今できることは何だろう?と周りを見回してみると良いかもしれません。
僕の場合は実際に部屋の中を見回して、物を片付けたり、整頓したり、掃除したり、食器を洗ったり、そんなことをしてみることが多いんです。
それは即ち(心を)片付ける、(心を)整頓する、(心を)掃除する、(心を)洗う行為に繋がります。

その上で、もう一度今の課題があれば、そこに向き合ってみると、案外すーっとヒントが見つかったりしますね。


(4/6)季節感

少し涼しいものの、5日は桜もキレイで、月も美しい、そんな一日でした・・・。
自転車を走らせながら、何度も大きく空気を吸い込んでみます・・・。
空気が美味しいかどうかは別にして、とてもホッとして、スッキリしましたー。

幼稚園の入園式でもあったのでしょうか?
おめかしをしたお母さんと、真新しい制服を着たお子さんを何組か見かけました。

先日カウンセリングルームで、原と「この仕事って、案外、季節感に乏しいよね」なんて話をしてたんです。
窓から見える景色はオフィスビルやマンションの壁ばかりですし、「あったかい」「暑い」「寒い」の区別はつきそうですが、季節に因んだものって何もないんですよね・・・。
それでも最近は、お客さまの飲み物のリクエストがだんだん「あったかいものを・・・」から「冷たいものを・・・」に変わってきて、辛うじて「冬じゃなくなったんだなあ・・・」と実感させられます。

ただ、以前、サラリーマンをしていた解きも季節感がないオフィスで働いていたはずなのになあ・・・と思い返してみると、会社というのは季節行事があるんですよね。

春になれば新入社員が入ってきて、研修だの配属だのが始まります。
夏になる頃には賞与が出て、夏休みの話題で盛り上がります。
秋になれば僕がいた部署は年末に向けて大忙しとなり、
冬になれば賞与が出て、新年を迎えたり、翌年度の採用活動が始まったり、
「業務」に季節感がたくさんありました。
それに昼休みには近くの公園に出かけたりして、桜や紅葉を楽しんだりしてましたから、季節を感じる要因って色々あったんですよね・・・。

今の仕事は・・・新入社員というか、新しいメンバーは不定期に入ってきます。
賞与はもちろんありません。
季節によって忙しくなる・・・ということも、僕にはあんまり感じられず。
やはり、食事や買い物に外出したり、カウンセリングルームへの行き来の間に季節を感じる他は何もなさそうですね・・・。

そういうわけで、休みの日はやっぱり外に出て季節を感じないとねっ!!と実感した一日でした・・・。

因みに5日は深希(みずき)が生まれてちょうど1ヶ月です。
今日ニュースで改めて知ったのですが、長嶋監督が脳梗塞で倒れられたのって、深希が生まれた日だったんですね・・・。
3/5に因んだ出来事をちょっと集めてみようかなあ・・・と思ってた矢先に知ったので、他にも色々ありそうですねー。

#さらに・・・このミニコラムですが、今日のこの記事でちょうど100件目のようです!!
#いつも読んでくださる皆さん、ありがとうございます(^^)


(4/5)「前はかわいかったよね」の真意

更新時間が遅い日があると、お客さまから「昨日、飲みに行ってたでしょ?」と聞かれることが多いのですが、今日は違います・・・。
長風呂に浸かってアク抜きをした後、ふとテレビを点けるとF1をやってまして・・・。
単純にコースを何十週して、それで順位を競うレース(本当はマシンとかタイヤとかドライバーとか色んな要素が大事なのですが割愛します)なのに、なぜかついつい嵌り込んでみてしまうんですよね。
あのマシン音が好きなんでしょうか・・・。
とてもテクニカルな側面と、ドラマな側面の両方が共存しているからでしょうか・・・。

しかも、F1が終わったら、スポーツニュースが始まりまして・・・その勢いのまま見てしまったのでした・・・。

*---*---*---*---*

先日は「恥ずかしさ」について紹介したのですが、今日も引き続き恥ずかしさにまつわる話題がありましたので、紹介させていただきますね。

かわいらしい女性なのですが、最近、一緒に仕事をしているおじさんから、
「○○さん、前はかわいかったよねー」
と言われるようになったそうです。

「前???」と思って彼女が「今はどうなんですか?」と聞き返したところ、曖昧な返答。

前はかわいかったのに、今はかわいくないんだ・・・
と彼女は傷ついてしまったそうです。。。

その話を聞いて、僕はこう彼女に聞いてみたんです。
「前はかわいくて、最近かわいくなくなったから、そう言うんでしょうか?」

「え?あ、なんか、違うような気がしてきました・・・。でも・・・」と彼女。

「今もかわいいけど、『○○さん、かわいいよね』というのが恥ずかしいから、わざわざ『前は』なんて照れ隠しで言ったんじゃないかなあ?」と僕は答えました。

だから、「今は?」と聞くと、曖昧になるんですよねえ・・・。

「君はかわいいよね」
なんて言うと、要らぬ誤解を招きそうでもありますし、そもそも「かわいい」なんて言うのは恥ずかしい言葉に思ってしまう人、多いんですよね。

欧米人などは「Oh!Pretty!!」なんてすぐに口にするそうですし、感情を表現するってことは当たり前のことなのですが、ここ日本では『隠語』なんて表現があるように、なかなか額面どおりに行かないケースが多いですよね。

だから、そんな行き違いで傷ついたり、むかついたりすることも案外多いのかもしれません。

それに言われる女性側も慣れてないことが多いと「えー、嘘でしょ?」とか「下心があるんちゃうの?」とか「カウンセラーさんだから、そういうこと言ってくれるんですよね?」とか(笑)、素直に受け取れなくなってしまいますよね。

そんな風に「恥ずかしい」という気持ちが入ると、なかなか素直に気持ちを言えませんから、反語になったりするんですよね。
それはまるで、小学生が好きな女の子をいじめたり、スカートめくりしたりするのと同じなのかもしれません。
仲良くしたいけど、恥ずかしくてできないから、いじめてしまう・・・という。
でも、いじめられた女の子側とすれば、相当気分悪いですし、トラウマになってしまうこともありますから、たまったもんじゃないですよねえ・・・。

その「前はかわいかった」彼女は、そんな話を聞いて「安心しましたー」と胸を撫で下ろしていました。

同じ日の他のカウンセリングの時間でも同じような言葉や態度の誤解、すれ違いが話題になったのですが、心理学的な角度で見ていくと、傷つかなくてもいいことが増えていくのかもしれませんね。


(4/4)女性性と成長の証

帰宅して食事を済ませ、ベランダに出ると雨が降っていました。
このところ2,3日に一度は雨が降る変わりやすい天気が続いていますね。
雨の日はショコラを散歩に連れて行けないので、一日お留守番をしていた奴は、さぞかしストレスが溜まっていることでしょう・・・。

先ほど退屈そうに寝ていたので、ご機嫌に犬用のキシリトールガムをあげたら、飛びついて食べておりました。
柔らかいガムなので、ショコラはわずか1,2分で平らげてしまいます・・・。

*---*---*---*---*

このところ「恥ずかしさ」もそうなのですが、女性性を扱うセッションが多いんです。
ご相談としては男女関係や性の問題、仕事のことなど幅広いのですが、お話を伺っていくと「女性らしさ」に関わるテーマが多いんですよね。

※女性性についてはこちらの心理学講座を参考にして下さい。書籍でも触れてる内容ですね。

女性が例えばキャリア志向になって、女性らしさを捨てて仕事に没頭したり、男性と張り合って男性以上に男性になろうとしてしまったりすると、子宮や性器、甲状腺などが痛んで、女性特有の病気にかかることがあります。
また、病気とまではいかなくとも痛みや違和感を感じる場合もありますね。

これは心理的に見ると、女性性が傷ついている証拠と言えるんですね。
(もちろん、仕事に夢中になってはいけない・・・というわけでなく、自分らしさを押し殺したり、女性なのに女性の部分を抑圧してしまったりした結果という風に解釈して下さいね。)

それはまるで神様に「あなたは女性なんだよー。忘れんといてね」ってツッコミを入れられるように。
もちろん、それは意識的なものではなく、無意識的な作用によるものなので、「え?別に私は女性らしさを抑圧してるとは思えないけど・・・」という場合もあろうかと思います。

また、僕も正確なデータを取っているわけではないので、女性らしさを否定するから病気になる・・・とは言えません。
カウンセリングの中で、そうした問題を抱えられた方に話を伺っていると、知らず知らずのうちに女性であることを抑圧、否定している場合が多い、という経験からです。

そういうときは、まずは「もし自分が女性らしさを嫌っている、否定しているとしたらどうしてだろう?」という視点が役立ちます。
それでも、んんん?という場合も多いかと思うので、純粋に「自分自身を否定している」という風に最初は見ていってもいいかもしれません。

よくあるパターンとしては、成長期に何らかのコンプレックスを持ち、「自分は女としてはだめなんだ」と女性らしさを捨ててしまう場合がありますね。
また、母親や姉妹など、身近な女性との関係が悪かったり、彼女達を否定してしまったりしても、女性性の否定することになったりしますし、思春期の頃に、性的に成長していく自分にすごく嫌悪感を抱くケースも比較的よくお聞きすることです。
性については、タブーとなってしまうことも多いので、自分では意識しないうちに抑圧してしまっていることも少なく無いかと思います。

ただ、それだけなら、ほとんど全員の女性に当てはまる話になってしまうのですが、家族の愛情を受け取っていたり、また、その後の男性とのお付き合いの中で、女性らしさを受け入れていくことで、自然と癒される場合も少なく無いんです。

女性らしさを受け入れよう・・・というのは、考えてみればなかなか難しいことになるんですよね。
どうすればいいの?って思っちゃうかもしれません。
でも、それはまずは女性である自分を大切にすることと置き換えてみると良いんですね。
自分が女性として、人として魅力的になれるようにチャレンジしてみることでもあります。
自分が魅力的になれるように何かを贈ってあげてもいいですし、また、美しく着飾ってあげてもいいでしょう。

仕事や子育て、家事などで忙殺されてしまうこともあろうかとあろうかと思うのですが、「一度きりの人生だし、女性らしさを大切にしてみよう」と思うことが一つの変化をもたらしてくれることが少なく無いんですね。

実は3日のカウンセリングでは、そんなテーマでチャレンジしてくれた方のいろんな変化と出会うことができた一日でした。
皆さん、それぞれに以前よりもずっと魅力的な部分が出てきていて、正直、僕の方がびっくりさせられることもありました。
4者4様といいますか、セクシーさや柔らかさ、ナチュラルさなど、その人それぞれの魅力がにじみ出てきてましたね・・・。
とても嬉しかったし、これからの変化にもわくわくさせられました。
ありがとうございます!と僕の方も言いたいくらいです。