「私、お母さんを必死に愛して来たんだな」と気付いてあげるだけでいい。

ひとつの問題を痛みの層から見ることもできるし、愛の層で見ることもできます。
どちらも大切だし、必要なことだけど、痛みの層は専門家に任せて、普段は愛の物語を見るのが楽で簡単で早いと思うんです。

根本先生。
いつもブログ拝見させて頂いております。ネタにしてください。
根本先生のおかげで、自分の心についてだんだんとわかってきました。。とても分かりやすく、もう感謝しかありません(泣)
私の両親は4歳の時に離婚(母に引き取られ、父とは、離婚以降一度も会わずに死別しました)し、例にもよらず、私はファザコンだったのだと気づきました(笑)父のことは、おかげさまで許せそうなのですが、母の事は、まだ許せていないのかも?と思うことがありました。
転職し、念願の職業に就いたのですが、一度言われたことを忘れてしまったり、とにかくきちんとやらなくては!とテンパってしまいます。
私は、幼い頃から、とにかく母に褒めてほしくて頑張ってきたことには気づいていました(ブログのおかげです)幼い頃から、母に怒られると頭がフリーズしてしまうのです。そして、それと同じことが職場でも起こるのです。
指示されたとき、理解しなくてはいけないとき、何か仕事のことで伝えなければならないことがあるとき、頭がフリーズしてしまうのです。
そして、そんな風に私を頑張らせた母をまだ許せていないのかと思いました。私を産まなければ、母にはもっと違う人生があったのでは…といまだに考えてしまいます。
(Mさん)

続きを読む


「同じ思いをされてる方と出会えてよかったです。」4/21東京、4/27名古屋にて夫婦問題のみを扱うセミナーを開催。

昨日、大阪で大人の心理学講座「離婚問題について考える心理学」を開催しました。
夫婦関係に行き詰まりを感じられる奥さまがたにお集まりいただいたんです。
早速感想を頂きましたのでご紹介しましょう。

根本先生今日はありがとうございました。今日のセミナーを受けて前向きになれたら…という気持ちと旦那さんへの手放しきれない気持ちが葛藤しながらの参加でした。
私、昔からいいお姉ちゃんやいい娘、いい妻、いい母親になりたかったです。どれだけしんどくても辛くても大丈夫だよ~なんて言ってましたね。
結婚してから経済的に悪くなっていた事も当てられてびっくりしました。今できること。これからもしっかり働きます!
自分を認めつつ貯金もして子供たちと充実した生活が送れるよう少しずつ取り組みます。
まさかまずは旦那さんとの事より経済的に…って言われるとは。
でも何だか納得できた気がします。来月少し自信をつけた自分で先生に会いに行きたいです。
お話をして下さった方々も本当にありがとうございました。
(HMさん)

こちらこそ、ありがとうございました。
今回は前半がレクチャー、後半が質疑応答でしたが、やはりワンポイントカウンセリングみたいな感じになりましたね。
HMさん、ちょっと意外な方向性かもしれませんが、お子さんたちのためにも前向きに取り組んでみてくださいね。
続きを読む


(ご感想・ご報告)負担してほしかった生活費の一部を今月から出してくれることになりました!(驚)

Tさん。ほんと私が伝えたいことを体験を通じて語って下さってうれしいです~。

かっこつけて、ルールやマニュアルに沿って伝えても、伝わらないことが多いです。
多少マニュアルから外れていても、感情的になったとしても、本音を生々しく伝える方が届くことが多いんです。

プライドが邪魔することって多いと思いますが、プライドの壁ってめっちゃ厚いのでなかなか届かなくなってしまいます。

本音を伝える、ということ、ぜひ、意識したいですね。

そして、お金の問題もかなりコミュニケーションの問題であることが多いのです。
そして、旦那の問題に見えて、実は自分自身、といういつもの結論を見て、痛いっ・・・てなるんです(笑)

これからもますますドM道を極めて行きましょう!

続きを読む


問題は“習慣”が作り出す。

頑張ってるんだけどなかなか成果が表れない、という場合には、自分が知らず知らずやってしまってる“習慣”の存在があるのかもしれません。
それに気付き、それを手放すにはどうしたらいいのでしょう?

かつてこんな記事を書いたことがあります。

「悩みのすべては生活習慣病」
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/8093

気が付けば3年前なんですね。良かったらこちらも参考にしてください。

さて、何が問題を作るのか?そして、何が問題を解決させないのか?というと、実はこの「習慣」によるところが多いのです。

習慣、心の癖、パターン、と呼ばれるもの。
それは私たちの潜在意識に刻まれているもので、なかなか自分では気が付かないし、気が付いたとしてもなかなか変えられなかったりするし、また、自分では正当化のための理論武装さえ確定させてることが多いのですね。

頑張ってるんだけどなかなか成果が上がらない、変化が出ない、という場合には、この「習慣」が問題になってることが多いのです。

こちらも過去ブログに書いたことがあると思うのですが、「離婚の原因となる習慣は、関係を改善しようとしている今もまだ続いている」場合も多いのです。
続きを読む


(ご感想)根本さん、こんな心地良い空間つくれるなんてすごいなぁと思います。

ええ、根本さんって凄いんです(笑)
でも、ほんとのことを言えば、私一人が頑張ったってどうしようもないんです。
素敵な方々が集まって下さるから、あの空気になるんですね。
今回はとても狭い部屋でしたけど(笑)

みんなの愛が受け取れて良かったです。
ますますKさんが健康になられますこと、祈っています。
元気な姿をまた見せてくださいね。

根本さん 今日はありがとうございました。

2回目のグループカウンセリングでした。
今日も自分が何人もいるような、自分を客観的に見れているようなカウンセリングでした。
自分が禁止していることがたくさんあるのだと、それをやってるひとにはすごく腹が立ってしまう。自分を知るために誰かがいてくれるんだという感覚になったというか…
自分を少し許すという感覚がわかってきたというか、そうなったら、人も許せちゃうなとか…
他の方がお話ししてる時に、つい自分のことのように思えて、話しちゃって ハッとして無意識におしゃべりな自分がでてきて、やっちまった!ごめんなさい!って思ったり…
カウンセリングが終わった後。私の身体を心配してくれた方達が集まってくれました。
愛されてるなと感じられ。カフェでコーヒーをこぼしてしまったけど、今日は一日中心が楽しかったです。

根本さんと直接話せるとやはり、無意識な自分を教えていただけるので、腑に落ちる感じです。
根本さん、こんな心地良い空間つくれるなんてすごいなぁと思います。

また、よろしくお願いします。
(Kさん)