(9/14新刊発売!)「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」担当編集者からのメッセージ

東京で行われた新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)の記念講演会には、担当編集者の淡路さんがとても多忙な中、駆け付けてくださいました。
なかなか聞けない作る側(編集者)の思いを聞くことってないと思うので皆さんにもシェアしたいと思います。

Read more

自己肯定感があがると自分がやりたいことをやる許可をしやすくなる。


そもそも好きなことや楽しいことをやるのを「許可制」にしてしまってるってのがおかしな話なのですよね。

自己肯定感という言葉を使い始めたのはそんなに古い話ではないんですよね。
数年前?もう少し前?
それまでは同じような意味で「自己愛」って言ってました。ほんとうはこっちの方が好きかも知れないです。「ただ自分を愛する」ということだから。
でも、「自己愛○○」みたいにネガティブな言葉ができたり、使われたりするようになって、誤解を招くなあ、と「自己肯定感」という言葉に出会ったのでした。

だから、私は自己肯定感というのを「ただただ自分を愛すること」という風に実は定義づけています。

いい自分も悪い自分も、
うまく行ったときも、行かなかったときも、
長所も短所も、
強さも弱さも、
ただただ、「それが私だもんな」と愛してあげる、ということ。

愛してあげるってどういうことなの?ってよく聞かれるんですが、私が思う一番シンプルな愛し方ってハグだと思うんですよね。

ギュッとしてあげる、というの。

そして、背中をさすさすしながら「うん、あなたはよくやってる。あなたはほんとによく頑張ってる」なんて囁きます。

実は毎回のようにこれをやるセミナーもあります。
二人組でペアを組んで、お互いに「愛を与え合う」ということをしてるわけです。
でも、目の前にいるパートナーは他人なんだけど、そこには自分の心が投影されているので、その人をハグしているようで、実は自分自身をハグしてることにもなるのです。

だから、自己肯定感ってどういうこと?って聞かれたら、私は「自分をただギュッと抱き締めてあげる感じだよ」て答えることが多いと思います。
続きを読む

傭兵たちの朝~軽井沢リトリート・レポ その1~


傭兵の朝は早い。
日付が変わる時刻が近づいてくると誰彼問わず野営の準備を始める。
そこに言葉は一切ない。
ただ黙々と布団を並べ、シーツを敷き、毛布を重ねる。

明日のことを憂いても仕方がない一匹狼の傭兵たちは今日一日を生き永らえたことをただ心の内で感謝して床に就くのだ。
続きを読む

名古屋、札幌、那覇。自主開催!新刊発売記念講演会!!「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」

9/12 大阪講演会、大盛況でした。椅子を追加していただくほどに!

9/7 東京講演会、大盛況でした。本が売り切れてしまうトラブルが発生するほどに!
詳しいレポはこちら。動画もあります。
>http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/20885

Read more

(新刊の感想4)重たい鎧を脱いで本来の自分を取り戻したような感覚です!

新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)の原稿をリトリートセミナーに参加してくれた仲間たちに一足先に渡して感想を書いてもらいました。(もちろん、出版社の了解済み)

Read more

軽井沢の清々しい秋空の下、御恨み帳・お焚き上げ会を開催して参りました。


この週末はこんな素敵な街で仲間たちと「リトリートセミナーのセミナー抜き(すなわち、単なる旅行!?)」を開催して参りました。

しかも、今回は特別企画として「御恨み帳お焚き上げ会」をご用意。
続きを読む

『現役のオス感』を出されるのがたまらなく嫌な私が素敵な恋をする方法。


その根拠となったお父さんやお母さんを許す、というやり方。
そして、それがゆえに自分の中で磨かれて育った才能を生かす、というやり方。
そういうできごとがあったからこそのメリットを享受することもできるんです。

根本さん、こんばんは。
ここ数日のセクシャリティに関するブログを「あれ、これ私送ったかな?」と思いながら読んでます。

私もこの間のブログの表現で言えば、本当は肉屋(男好き)なのに八百屋の看板を掲げていて、でも肉を持っていることが罪悪感&嫌悪感で許せない。肉屋な自分を受け入れられません。
特に悩みはある程度の年齢の男性で『現役のオス感』を出されるのがたまらなく嫌ということです。
母、姉ときて、やはりラスボスは父なのでしょうか?

父は幼少期は仕事の関係で家にいるのは年の1/3程度、子供好きで、愛情表現は抱っこやハグ、ヒゲをほっぺにスリスリなどスキンシップ系(別に嫌ではなかった)でした。
小学生のある日いつものように父に抱っこされているとブチューと口にキスをされ(しかもディープ)、思わず「気持ち悪いっ」と母に助けを求めました。母は笑っていましたが、私はそれ以降父親のスキンシップを全て拒絶するようになりました。
父はショックを受けてましたが年齢があがったこともありベタベタしてくることはなくなりました。

大人になり、あの記憶が気持ち悪くて。
普通の父親はキスで舌をいれないだろう。父親は変態だ。
記憶にないだけで、もしかしたら私は他にも変なことをされていたのではないだろうか
そんな風に思いました。
そう思うことすら気持ち悪くて怖くて自分の中にずっと封印してました。
今父との関係は当たらず触らず。父からの愛情はとても感じますが、こころのどこかで気持ち悪いと思ってます。そしてそのことに罪悪感を感じてます。

その他にも性に潔癖だった母や、昔の恋愛で生々しい浮気の証拠を見てしまった等、自分の女性性を全否定してきたように思います。

私ももうそろそろ戦場(恋愛)に戻りたいのですが、アラフォーなので対象年齢となる男性も年配になりつつあり、そうなるとますます嫌悪感を感じてしまい困ってます。

この間根本さんに女っぽくなったと言われて嬉しかったのに、どこかで自分に対しての罪悪感や嫌悪感が消えません。
ちなみに当たり前ですが、根本さんには全く嫌悪感は感じていません!!笑

こんな私は、一体どこから手をつけたらいいでしょうか??
女性性シリーズとして採用してもられたら嬉しいです。
(Kさん)

続きを読む