かわいそうだった私に近付いてきたくそばばあが今はとてもウザい。

時が変われば関係性も変わります
距離を置きたいと思ってもなかなかそれができないこともあります。
切るなら切るで良いですが、その一方で、感謝して許すことでサクッと手放せるということも試していただきたいです。

***
根本先生、いつも楽しみに読ませていただいてます。
最近、何か心のモヤモヤを感じたら、根本先生だったら、どんな風に切り込んでくれるのかな?と、よく考えるようになってしまいました(笑)

最近、人間関係の入れ替えが起こっているようです。
私は4年前だんなさんと死別し、疲れ切った、かわいそうな人として実家に戻ってきました。

その2年後、働き始めた私は、周りの人から見たら、かわいそうな人でした。
その時、わたしに近づいてきてくれた人。
一人は、わたしをお母さんと思ってね。
一人は、姉の気持ちであなたの幸せを願ってるわ。
そう言ってくれた人たち。

2年経って、わたしは好きな人も出来て、あっ、片思いですが(笑)、幸せを感じ始めてるところですが、そこから、その二人の攻撃が始まりました。

そこで、私は考えました。
これから先、自分を傷つけてまで、我慢してまで一緒にいたい人?と。
答えは、いたくない、でした。
だから、距離を取りました。
仕事で一緒になるので顏は合わせます。
だから、挨拶と、必要最低限の会話。
自分の話、人の噂話はしない。
笑顔で接する。
とやっていたら、お姉さんは離れてくれましたが、お母さんはさらに怒りが増したらしく、嫌味ばかり言ってきます。
そんな人の心理って、なんですか?

以前の私ならもっと自分を責めていたと思うのですが、今は責めません。
何言ってんの?くそばばあ、とは思います。
めんどくさいです。
なんで私に執着するのでしょう?
気が向きましたら、取り上げてくださいませ。
(Mさん)
***
続きを読む


夫婦問題専門セミナー(名古屋)を開催しました。

千種の駅からほど近い場所にあるレンタルスペースをお借りして、名古屋で初めての夫婦問題専門セミナーを開催しました。
「え?ここ?」と一瞬思う、レトロなビルの一室にこの会場はありました。
外見はともかく、中は不思議と居心地のよい空間だったように記憶します。
DSC_1346

このセミナーは10:00-15:00という短い時間にも関わらず、案外深い心理を扱うので、それぞれの距離が近い和室や地べたに座って開催できる会場が望ましいと個人的に思っています。
盛り上がり方や場のエネルギーが全然違うんです。
received_1813483862269079
続きを読む


安東さんと議論してみた その②

11/11(金)19:00~開催の「自立系女子が幸せな結婚をするにはどうしたらいいのか?を男2人がマジで議論する会」。

開催に先立って安東さんと座談会?リハ?してみました。

先週の第一弾に続く、第二段(完結編)です。

議論のテーマは「自立系女子が恋愛でうまくいかない理由」。

「自立系女子にはどんな男性が相応しいか?」についてお話してるんです。

こちらからどうぞ。

http://ameblo.jp/wellness-life-consulting/entry-12217027462.html


(ご感想)「心のう◯こ」については、子供に話すときに活用させてもらってます。

紹介が遅くなってしまいましたが・・・
こういう感想も頂いています。
ありがとうございます。

遊びながらブログ書いてて、メルマガ発行しててよかったなあ。
セミナーやっててよかったなあ、と思う瞬間ですね。

ぜひ、皆さんも上品に「う◯こ」を使いまわしてください。
N美さん、完璧です!!
続きを読む


(ご感想)「彼のようなプレイボーイくんにとって、癒しが最大の刺激物」には、驚きました。

「自分」でいられるといいですよね~
プレイボーイくんはあなたを振り回してくれますが、だからこそ、軸ができるんです。ありがたいことです(笑)

元ネタはこちらです。
>彼を退屈させない方法とは?
 http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/14663

***
ブログで取り上げてくださり、本当にありがとうございます!
何度も何度も読み返しました。

実は悩み(ネタ)をメールしてから色々ありまして、ここ最近、急激に彼との距離が近くなりました。
今まで向こうから連絡が来ることなんて滅多になかったのですが、今では週に何回も連絡が来るようになり、なんとなく2人の間にあった「見えない壁」も段々と消えていっているような気がします。
他の女性の影も今は見えません。
(ちなみに、お酒は相変わらず。ギャンブルはお休み中のようです)

先生が仰ってくださった「彼のようなプレイボーイくんにとって、癒しが最大の刺激物」には、驚きました。
続きを読む