大阪:8/17(木)13:30、東京:8/25(金)12:00:大人の心理学講座『女性性をもっと解放する』


いよいよ、8/25(金)は東京開催です。ちなみに17日の大阪ではどんなことをやったかというと・・・。
<実習>
・あなたにとって女らしさとは?女らしさを感じるモノとは?
・ふだん、どれくらい女性性を大切にしてますか?100%のうち何%くらい?
・私の女性らしいところってどんなところだと思う?
・今のあなたがおり女性性を解放したらどうなると思う?どんな変化が起こると思う?
・憧れの女性はだれ?その女性に何%くらい近付けていると思う?
・イメージワーク×2
<レクチャー>
・女性性の時代と言われるけれど実際は?
・女性性を受け入れることに抵抗をなくすには?
・女性性を解放するときによくある心理ブロック~異性の目、同性の嫉妬、母親との関係、自分の思い込み~
・女性性を素早く開く場所とは?~優雅な空間とか水、月、美しいもの、優しいもの、感情を揺り動かされるもの~
・女性性に栄養を与える~感性を生かす。感情を感じる。体のケア。セクシャリティ。~
<質疑応答>
・女性性と男性性のバランスについて
・自分のタイプを見分けるには?(モンロータイプとヘップバーンタイプ)
・パートナーが好きなタイプと自分のタイプが違う場合は?
・母性と女性性の関係について
などなど。
スタッフの玲ちゃんがまとめてくれました。ありがとう(^^)


8月の大人の心理学講座。テーマは「女性性」。
女性性と言えば、いわゆる女性らしさ、ということになるのですが、もちろん、それは女性だけでなく男性の中にも存在するもの。
柔らかい、丸い、緩む、月、水、受け取る、優しさ、包容力、セクシャリティ、一人ではなく一緒に、そんなテーマでお届けする心理学講座。

私たちは依存時代から自立に向かうとき、思考を働かせ、頑張るという「男性性」的な方法を使っていきます。
それは必要なことで大事なことですが、そのプロセスにおいては、一人で頑張る、競争する、戦う、比較する、正しさ(ルール)という罠が待ち受けます。
もちろん、その先には燃え尽きたり、投げやりになったり、抑圧的になったり、自分の気持ちが分からなくなったりする現象が起こります。

自立から相互依存に向かうプロセスでは、女性性が一つのカギになっていきます。
女性ならば、女性らしさにもっと目を向け、女性であることの喜びや誇りを獲得していきます。
男性ならば、自分の気持ちに目を向け、受容すること、手放すことを学んでいきます。

そうすることで、競争が共生になり、比較が承認になり、戦いが信頼に変わり、正しさが選択に変化していきます。
その結果、自分が自分が、という意識から、一緒に成功する、共に豊かになる、という考え方を受け取ることができるのです。
続きを読む

大阪:8/17(木)、名古屋:8/18(金)、東京:8/24(木)心理学講座『頑張らないで流れに身を委ねる生き方を学ぶ~自立から相互依存へ~』


参加された方からこんな感想を頂いています。いよいよ、明後日東京開催です。飛び込み参加もウェルカムです!!

根本さま
今日は自立から相互依存への講座をありがとうございました。
親しい人を亡くした痛みからずーっと他人を頼れず、弱みを見せることができなかった私にとって、耳の痛い話ばかりでした。
けれど根本さんのブログやセミナーに出会い、少しずつ自立を手放せてきたのかな、と思うこの頃です。
講座の内容を自虐的に笑って聴けるのが、成長の証だと信じております笑
「自分にできることは、好きなこと・やりたいことだ」という締めのお言葉を胸に、日々頑張ります!
あ、いや、、、得意なとこは頑張って、そうでないところは頼るようにします!
ありがとうございました!

自立系の人たちはついついこんな考え方をしてしまいます。皆さん、思い当たるところはありませんか?
・誰かに頼むよりも一人でやった方が早い
・相談したり、頼るのは苦手
・いつも自分ひとりで何とかしようとしてしまう
・頑張ればなんとかなると思ってしまう
・自分が何とかしなきゃ、とついつい考えてしまう
・頼まれるとNoと言えない
・いつも抱えきれない荷物を抱えている
・できないと認めるのが屈辱的に感じる
・たぶん、自立系武闘派女子・男子だと思う
・今まで頑張ってきたことが最近億劫になってきている
・あれしなきゃ、これしなきゃ、という思考でいっぱいだ
・正直、余裕がなくなっていっぱいいっぱいになってることが多い
などなど。

これらは典型的な自立症の症状です(笑)

そんな皆さんに贈る心理学講座はその「頑張る」を手放して「サレンダー(流れに身を任せる)」ことに目を向けることをテーマにしています。
続きを読む

東京:8/27(日)12:00-15:00 新・本気の手放しワーク


いよいよ、今週日曜日の開催となりました「新」がついた本気の手放しワーク。お申込み頂いた皆さんは宿題順調に進んでいますか?
まだ、お申し込みは可能ですので、ご縁を感じられた方、必要性をひしひしと感じる方はぜひお越しください!
「新」がつくだけに前回と違う点がいくつもあります。
「感情の解放」をより重視したところ。
「恩恵を受け取る」ところに意識を向けるところ。
「手放した後の意識にシフトする」ことを重視したこと。
より感覚的、感情的に手放しが進むように配慮したところ。
宿題も充実させてるのですが、ワークだけでもグッとプロセスが進むこと請け合いです。


昨秋~今春にかけて大人気のセミナーの一つとなった「本気の手放しワーク」。
参加された皆さんの声を聴き、その変化に耳を傾けて、もっといいものが作れないかを見つめ直して、新たなプログラムを作りました。

皆さんはもういい加減、ケリを付けたい関係性はありませんか?

・元カレをきっぱり手放して次に行きたい。
・離婚騒動中の旦那を手放して、前向きに今と向き合いたい。
・お母さんを手放して自分をもっと自由にしたい。
・浮気している夫への執着を手放して、関係を再構築したい。
・お金や仕事への執着を手放してライフワークを生きたい。

そんな思いを抱いている皆さんのための「本気の」手放しワークです。

今まで参加して下さった方の「手放したい人たち」はこんな方々。

夫、母、元カレが上位人気ですが、「○○な自分自身」というのも根強い人気があります。

早速、今まで参加してくださった方から頂いた感想をいくつか紹介させていただきます。
続きを読む

8/26セルフ・プロデュースセミナー~モデルさんのコーディネイトをほんの少しご紹介(その2)~


さて、今週末の「セルフプロデュースセミナー」。
モデルとして登場してくれる2名のコーディネイトとお買いものも終わりまして、いよいよ当日を迎えるばかりになりました。

さて、今日はモデルになってくれるスタッフのさっちゃんをご紹介。セミナーで見たことある方も多いかも。

さっちゃんのコンセプトは「品があって知的、清潔感、大人、女性らしさ」。
そして、カオリーヌのセレクトは奇を衒ったものではなく、「シンプルで、使い回しが効く、自分にあったベーシック」という方針に基づきます。

さて、その結果、どんな風に変わったというと・・・

続きを読む

ご提案いただきました。


グッドアイデア~!!!

今度、軽井沢でやります??(笑)

Kです。いつもお世話になっております。

お恨み帳、燃やしたい…!!だがしかし都内だと一軒家でも難しい!
台所で燃やそうとしたら火柱がちょっとやばかったとの声多数なはず…!

そこでお恨み帳のお焚き上げ(キャンプファイアー的なやつ)付きセミナーを開催していただければ幸いです。
お焚き上げに関する悩みはこれで全て解決(なはず・笑)!

みなで燃やす様子を想像するとちょっとしたホラーですけど((( ;゚Д゚)))

みなで燃やす様子も怖いけど、その燃えている火を見つめるみんなの顔の方がもっとホラーかもね。。。。

想像するだけでワクワクするなあ・・・。

始めは自信満々なんだけど、だんだん彼の元カノと自分を比べて自信を失ってしまうのです。


退屈が嫌い?それともこれ以上好きになることが怖い?
それとも常に戦いを求める武闘派女子だから?
「なんでそんな意味のないことをするんだろう?」にも理由を探してみると色々と見つかるものなのです。

根本先生こんにちは。いつも痛い所を刺されながらも楽しくブログを拝見させて頂いております。そしてついに!勇気を振り絞ってご連絡させて頂きました。どうぞ宜しくお願いします。
過去を見てしまう癖についてです。
私は今、付き合っている彼がいるのですが、その彼には以前、婚約破棄の過去があります。
前の彼女とは5年程の付き合い後、婚約となったのですが、その後理由も分からず突然振られたらしいです。
彼は未練はないと言っていますし、その彼女に限らず終わった関係には結構ドライな様で、引きずったり情を持ち続けるタイプではないようです。
逆に、私は結構過去にこだわるタイプで、最初は自信満々なのに、付き合った途端相手の過去が気になってしまいます。
会ったこともない元カノと自分を比べて、自信が無くなり…何故かイライラもします。笑
今の彼は、私にとって初☆ロックマンです。が、今では私が武装しなければ話し合いも出来、彼自身も驚きの甘えん坊になりました。
なのに私はいつまでも過去に拘り、自分をいじめ続けています。
どうしたら、自分を見えない敵と戦わせずに楽にしてあげられるんでしょうか。
長いですが、ネタとして取り上げて頂けたら幸いです。
(Rさん)

続きを読む

来週月曜(8/21)配信のオンラインスクール。テーマは「夫の「仕事を辞めたい」気持ちにどう応えたらいいのだろう~自分の人生を生きるチャンス到来~」


毎週月曜日配信のオンラインスクール「めっちゃ使えるココロの法則」メルマガ、テーマは『夫の「仕事を辞めたい」気持ちにどう応えたらいいのだろう~自分の人生を生きるチャンス到来~』です。

さて、今回の相談内容はこんな感じ。

=======================
根本さん、私の悩みごとを聞いていただけますか。
夫(50歳過ぎ)、私(40代半ば)、中高生の子どもがいます。
悩みというのは、夫の「仕事を辞めたい」気持ちに、妻としてどう応えればいいのかということです。
夫が30代の頃に出会いました。夫は、当時から意固地で気が短いし、相手の気持ちに沿うことができず、おまけに下戸だから、人とコミュニケーションをとるのが下手でした。見ていて不憫で、「そのトゲトゲした心をふんわりできないものか」と、それを「私ならできるのではないか」と、なんでも頑張る派の私は思ってしまったんですね。
で、今に至りますが、長い結婚生活、当初の志のようなものだけで生きてきた訳ではなく、私が「くれくれ星人」になってしまったこともあります。
話は戻りますが、今、夫は離職の危機に立たされています。業績が上がらないことをパワハラさながらに咎められているので、「使えない人材」として地方に転勤、給料の大幅カットなど、「退職を勧奨するための策が講じられるはず」と夫は言います。
ここ数年「転職したい」と言う夫に「辞めていいよ」と履歴書書きにも協力してきましたが、果たしてそれが妻として正しいのかわからなくなってしまいました。
・「辞めていいよ」と夫の希望を受け入れることを貫く
・「子どもにお金がかかるのに、辞められたら困るんだから頑張って」と叱咤激励する
どちらがいいのでしょうか。私自身、どうも付き合ってきた彼氏たちに尽くす余り、殿方を駄目にしてしまってきたタイプだと自覚があります。
がんばれない人に「もっとがんばれ」って言えないんです。いい人でいたいんです。そして、共依存の両親を見て育ったので、私も同じ体質で、「駄目な夫」は、実は私が作り上げてしまったのではないかと気になります。
現在の私の年収は不安定で200万。夫が職を失ったら、もっと安定した稼げる仕事を探す覚悟はありますが、これも夫を駄目にしてしまうのかと…。よきアドバイスをお願いします。
(Tさん)
=======================
続きを読む