人に気を使う人は「自立」ができず、そのまま「相手を察しよう」とすると幽体離脱になる。

元ネタはこちらです。

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16865

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ2:相手を察する~キャッチ力』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/17133

「まずは自分の足できちんと立つこと(自立)」

 ↓

「そのうえで初めて相手の気持ちを的確にキャッチすることができる」

この流れは鉄板とも言えるもの。

「人に気を遣う人」というのは、相手のことを考えたり、相手の気持ちに配慮したりすることを優先してしまう人なのですが、実はその陰には

「嫌われる怖れ」
「見捨てられる怖れ」
「理解されない怖れ」
「誤解される怖れ」
「頑張らないと認められない怖れ」

などの「怖れ」が隠れているもの。
その怖れを回避するための補償行為として「気を遣う」という現象が生まれているのです。

だから、「気遣い、よりも、配慮を。」という記事も書いたように、本当に相手のことを思うのであれば、まずは自分自身を確立してから、相手のことを考える流れなのです。
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16580

この「怖れ」が強い“気を遣う”時、私たちは相手のことを見ているようで実は自分自身を見ています。
続きを読む


出雲リトリートセミナーの参加者の皆さんからいただいたメッセージ。そして、次は湘南にて。

やはり記念撮影を。
皆さんからの声を読んでいて、今回、ほんとにいいセミナーだったんだなあ、と改めて思いました。
私にとっても過去最高を更新するセミナーになったと密かに思っているんですけどね。
私もよく頑張りました。
スタッフもほんとうによくやってくれました。
そして、参加された皆さん、最高ですね(^^)
素敵な仲間がまた増えたことが幸せです。
ただただ、ありがとうです。

さて、次回は3月。「湘南リトリートセミナー」と称して、舞台を葉山に移して開催します。
今度はゆったりとしたスケジュールを組もうね!(笑)

頂いた感想をずらーっと公開します!!読むだけでワクワクしてきて、エネルギーが上がって、じーんと感動してしまいます(^^)ハンカチ片手にどうぞ!!
続きを読む


2/21(火)大阪・梅田にて、右京みさほさん主催の少人数でセミナーランチ会があります。テーマは「愛とセックス」。

以前、セミナーを企画してくださったセクシャルカウンセラーの右京みさほさん
今回は昼から酒が飲める素敵なランチ会を設定してくださいました。

テーマは「愛とセックス」。

男女の違いから、セックス、セクシャリティについて、美味しいランチを頂きながら、そして、ちょっとワインやビールでほろ酔いになりながら秘密のお話をいっぱいしたいと思います。

詳細なご案内はこちらのページから
http://ameblo.jp/shinri-and-loves/entry-12243269249.html

◎日時 2月21日(火)11時30分〜14時くらい
◎場所 大阪駅すぐのホテルのレストラン(個室)
◎定員 8名様 残席4です!
◎参加費 12,000円(ランチ代込み)フリードリンク付きのプランです。

【お申し込みフォーム】
http://www.reservestock.jp/page/show_entry_form/166612/


セラピスト2月号の特集「自己肯定感を高め、すべて解決!」に寄稿しています。


セラピスト 2017年 02 月号(BAB JAPAN)

p68.特集「自己肯定感を高め、すべて解決!」に寄稿させていただいております。自己否定のタイプ分け診断やコラム、自己肯定感を上げるためのセラピーなど、セラピスト/カウンセラーの皆さん向けに記事を書きました。

自己否定タイプの診断。

「ありのまま」で居られるとセラピストの仕事がどんどん楽しくなります!

なお、3/30(木)12:30-16:30から東京・神楽坂周辺でカウンセラー/セラピスト向けのセミナーを開催します。
「セラピーの質が上がる!自己肯定力を高める心理学」というタイトルで格安の10,800円での開催です。
>詳細・お申込みはこちらのページをご覧ください。
http://www.therapylife.jp/live_seminar/2017/03/330_1.php


単行本「実家&家族の大問題」(日経ホームマガジン)に出ています。

実家&家族の大問題(日経ホームマガジン)
p55.特集「ひそかに進行している“離婚活” 夫婦の今そこにある危機」に登場してます。「夫婦の危機はどこから生まれるか?」というテーマでお話をしています。

以前ご紹介しました、日経おとなのOFF2016年10月号が好評だったということで、特集が丸々単行本になりました。

その他、実家の片付け、不幸にならない介護術、50歳からの夫婦関係、今すぐ始める墓じたく、ゼロから始める「相続」などの様々な実家や家族に関するテーマを扱った本です。手元においておけるガイドブックとしても役立つのではないでしょうか???