まもなく開催!>11/30(水)梅田・産経学園主催「頑張らなくても愛され女子になる方法」(別名:大人のお姫さまになる講座)。

11/30(水)19:00~梅田にて「頑張らなくても愛され女子になる方法」という、どストレートなタイトルの講座をしたいと思います。
「愛され女子になるには何が必要なの??」というポイントを3つに絞りましてそれぞれについて説明かつ実習などをしていきます。

外行きの講座なので分かりやすいタイトルにしてますが「大人のお姫さまになる方法」って名前も浮かんだくらい、愛され上手になるポイントを押さえていきます。
なので、目標はお姫様気分になって帰っていただくこと~。

90分といつもより短い講座ですけど、その分、いつもよりお安く受けられるので、お試しにもどうぞ。

じゃあ、その3つのポイントって何?と思うでしょ?
ほんとにたくさんあるんですけど、その中でも特にコレ!!というアイデアを紹介します。
続きを読む


空気は読めても気持ちが読めない人たち

その場の空気を読むことはできても、一歩踏み込んでその人の心に触れることを怖れてしまうこと、ありませんか?

「場の空気を読む」というのはすでにビジネスマナーの中に取り組まれているような感じがしますよね。
皆さんはどうでしょうか?職場、会議はもちろん、飲み会や休日の付き合いのときも一生懸命空気を読もうとしていますか?
あるいは、もう、空気を読むことなんて当たり前で何とも思わなくなっているのでしょうか。

「あ、ここではあまりヤイヤイ言わない方が良さそうだな」
「うわ、なんかピリピリした空気で居心地悪いな。大人しくしとこうか」
「お、ここはちょっと頑張らなきゃ、みんな意気消沈しちゃうな~。苦手だけど頑張るか」
「みんなすでに出来上がってるなあー。よし、乗り遅れないように行くぞ!!」
「先方は何かご機嫌斜めみたいだな、何が原因か分かるまではとりあえずじっとしとくのが賢明だな」
「先生が気持ちよくしゃべってらっしゃるんだから、ここで変なチャチャを入れて空気を乱しちゃいけないよなー」

まあ、そんな感じで私たちは常にアンテナを張り巡らし、その空気に合うような言動を取り、かつ、その空気を乱さないように細心の注意を払っています。

ところが、そうしていれば関係性は良くなり、また、相手との信頼関係もより深まると考えるのですが、残念ながら必ずしもそうとは言えないようです。
続きを読む


根本さんの根っこまでの導きを5パターンも生で聞けたし後味が楽しい時間でした

グループカウンセリングとてもよかったです!
他の方の全く違う相談内容にも、自分に通じることもあったり、自分でも考えながら聞けたり
根本さんの根っこまでの導きを5パターンも生で聞けたし

後味が楽しい時間でした

久々に気持ちが充実した休日(仕事を休んで参加したので)でした!

次回もまたグループで!
(ゴマさん)


(ご感想)現実が変わってないのは、変わったところに目を向けていないから!?

大阪らしいグループカウンセリングでしたね~(大阪らしいてどういうところが?とはツッコまないで頂きたい(笑))

夢中で山を登っていると、自分がどれくらい高いところまで来たのかは分からないもの。
だって頂上はまだ先のように思えるから。
ふと振り返ったときに「おぉ!」って気付くものかもしれません。

実は私も昨年フリーになったときは全然自分の座標なんて分からなかったのです。
「予約が取れないカウンセラー」というのも人に付けてもらったものだし、こんなにもたくさんの方がセミナーに来てくださるとは思っても見ませんでした。
自分のことは分からないものですね~(笑)

続きを読む


私は子どもが欲しいのでしょうか?

もし、潜在意識や無意識を信頼するのであれば、もう決まってることとして悠然と構えていてよいと思います。
悲しくなるにも意味があるわけですし、悩むことにも意味があるわけですが。

***
根本先生、はじめまして。
いつもメルマガとブログを拝見しています。Hと申します。

根本先生ブログにもっと早く出会っていたかったなと思う日々です。自己肯定感を高める方法は、持っと早く知りたかったです!
今、自分の気持ちがわからず、すごく苦しいので、リクエストさせていただきます。

私は、結婚して5年がすぎた、38歳です。夫は47歳です。
結婚してから、ケンカが絶えず、ケンカの度に、離婚する、しないになり、この人と一生やっていけるのかを考える日々が多く、お互い、なんとなく将来のことを話し合うことを避けてきたところがありました。
ただ、その中で、子どもを持つか、持たないかは何度か話し合い、夫は欲しいけど、タイムリミットがもうすぐだし、持たないという選択肢もあり。
私は、毎度、欲しいかわからない。
で、私がどうしたいかによるとなって、話し合いは終わり、最後に話してから、1年近くました。

子どもを産むことへの不安とか、子育ての不安もありますが、なぜか私は、結婚してから子どもが欲しい気持ちがなかなかわかず、ずっと考えてもわからず、私は、子どもを持たないのだろうと一旦決めて過ごしていました。
夫から子供の話は、一度も出たことがないので、私が話しをしないと子供の話はしません。

先日、夫が「もうすぐ、50歳だなー。色々あきらめる時期だなー。」と言っていて、そこで、子供をあきらめるということが入っているのでは?と思った時に、急に、「子供を持たない人生で良かったのだろうか」となぜだか悲しくなってきました 。
一度、子供を持たないと決めたら、ほっとしたのに、なぜ、悲しくなるのか。
最近は、ケンカも減り、離婚の言葉がないならでしょうか。
心の奥底では、子供が欲しいということでしょうか。

私は、両親がケンカばかりしている家庭で、育ちました。
また、自分に自信がないため、大抵、人に合わせて、自分の思っていることは、あまり言えません。

そういうことも影響しているのだろうとは思いますが、
どうしたら、自分の本心がわかるのでしょうか。
根本先生、助けてくださいm(__)m
(Hさん)
***
続きを読む