気を使い合う夫婦はお互いの愛が見事にすれ違う。


相手のため、と思ってやっていることがするっとすれ違う。
気を使い合う夫婦の中にはそういうことがよく起こります。
それって切ないし、寂しいことですよね。
本音を伝えられるように、恥ずかしさの壁、越えていきましょう。

根本さん、こんばんは。
今結婚して半年、子無しの30代です。

私たちはセックスレスで、(もともと彼は自信がなさそうでした)
結婚してから半年で5回位しかしていません。
最近分かったのですが、彼はこっそりEDの薬を処方してもらったようです。
私がずっと求めてもらえず『もういい』と怒った翌日に急に求めてきたので、私は素直に受け入れられず、彼は『嫌なの?』と何度も言っていましたし、副作用の動悸がひどかったようです。(お薬の事は、このHの後に偶然知りました)

その後、彼も悩んでいたんだと思い、お薬にまでチャレンジしてくれた事が嬉しかったんです。だから次のHを待っていたし、次はもっと仲良くしたい、と思っていました。
でも、しばらくして、お薬が入っていたバッグを覗いたら今度は性病の薬がありました。飲み薬と塗り薬です。風俗に行ったんだと思います。

ショックでした。毎日、私にバレていないと思って薬を塗っているのを知らないふりをするのが辛く、毎朝動悸が止まらなくなりました。
冷たくしたり、ヒステリックになったり1週間程、自分をコントロールできませんでした。夫もうんざりした顔をしていましたが『私がこんな不安定なのはお前のせいだ!』と心で怒りを覚えつつ、我慢し必死で考えました。

人に気を使いすぎて、ストレスを溜めても断れず休まず夜遅くまで働く夫の事を考えると、私が結婚後にキツい言い方をしたり、気を抜いたりで女性として見れなくなったのかもしれない、仕事や私に対するストレスを風俗で発散しているのかもしれない…と思うと悲しくてつらいけれど、夫もつらいのだろう、と心の中でも責めきれないのです。
愛しい、癒やされる、触れたい、愛し合いたい、と夫に思わせられない至らない妻でごめんね、と寝ている顔を見ながら、悲しいのか悔しいのか申し訳ないのか分からず泣いてしまいました。

夫を問い詰める事もできず、時間の力で少しずつ普通に仲良くできるようになったのですが、今日夫だけが休みで、何となく胸騒ぎがして、寝ている夫の携帯を見てしまいました。
風俗に電話していました。数日前に予約したようです。
最近私にくっついてきたり、抱きついたり、胸を触ったりしてきていたので嬉しく、少し期待していたのですが、風俗に行く前でテンションがあがったいたのでしょうか…
(Aさん)

続きを読む

負けを認める、だけでなく、相手や自分のいいところを認めるのも、比較競争を手放すヒント。


昨日の記事「同業他者の事を言われると私の提供する事はダメなのか?とまず先に思ってしまうのです。」についての補足、というか、違う見方がありまして。

自分軸じゃないと相手に振り回される、というのが基本で、自信を付けるには他人軸では難しいから、ぜひ自分軸に移行しましょうよ!そこで「できることを一生懸命やればいいよ!」なんて展開をしました。

>そんな中、あなたのblogは面白くないと言われてるようでちょっと悲しい気持ちにもなりました。

という一文がMさんのシェアの中にあります。
そう思うのは無理はないのですが、私たちは自信がないと他人軸でモノを見やすくなります。
Mさんの場合は「ひよっこ」ということで無理はないことなんですけど、とはいえ、他人軸ってのは辛いもんです。

「比較」という罠があるんです。

友人から紹介された他の占いblogと自分のblogを「比べる」ということをしてしまうんですね。
続きを読む

(幸せの報告~♪)遂にこの日がきた!ライフワークと真実のパートナーが同時に現れた体験レポート!!


幸せのご報告。
思わずじーんと来てしまいました。

おめでとうございます。

そして、定期的な幸せ通信をお待ちしています(^^)
続きを読む

色気のある女性にとても憧れるのですが、その心理ブロックの外し方を教えてください。


他のテーマにも通じることですが、今日はこの4つのお話をさせてもらいました。
・なぜ、そのブロックが生まれたのか?
・イメージの世界から実践の世界へ
・人に会いに行く
・許可すること

根本さん、こんにちは。
私は色気のある女性にとても憧れます。私もそうなりたいと思うけど、自分の中に何か心のブロックがあるような気がしています。

私は幼稚園児の頃から運動会で上半身裸で踊らされたり、トイレに鍵がついていなかったり、下着姿でお昼寝させられたり、裸でプールに入れられたりするのが物凄く嫌でした。
周りの子達はあまり気にしている様子がなく、自分だけが過剰に気にしていることがバレるのも恥ずかしくて悟られないように我慢していました。
でも、そういった感情を抱くのは普通、思春期からではないのかな?と疑問に思っています。
また、男の子と仲良く遊んでいたのを母にからかわれた時に感じた羞恥心、惨めさ、屈辱、恐怖が入り混じったような何とも言えない不快感が今でも忘れられません。
私は幼稚園児の時からすでに自分の女性性を否定していたという事でしょうか?
また、どうしたら心のブロックを外せますか?教えて頂けると有難いです。
(Aさん)

続きを読む

同業他者の事を言われると私の提供する事はダメなのか?とまず先に思ってしまうのです。

ひよっこの時はまだまだ自信がないから無理ないですよね。
自信を付けるには自分軸になる必要があるよ、というお話です。

昨年セミナーやメルマガでお世話になりましたMです。
最近恋愛系じゃなくて心がザワッとチクっとする事があるんです。

Read more

吉祥寺:12/21(木)19:00-20:30「頑張らずに自分らしく生きられる2018年を迎えるために今できる事!」


ちょいと気が早いですが(だってこの記事を書いてるのは8月!)、今年1年を振り返りつつ、来年に希望を見出す、そんな1年を振り返るセミナーを年末に開催します。

1年の始めに「今年の目標!」を立てる方はたくさんいらっしゃいますが、皆さんは1年の終わりにちゃんと「今年一年を振り返る時間」を作ってらっしゃいますか?
年の瀬でバタバタしているとなかなかそういう時間は作れないのかなあ、と思うのです。

私たちの意識は放っておくと「問題点」の方に惹かれる仕組みになっています。
だから、振り返るといっても、自分に厳しくなってしまって「できなかったこと」「ダメだったこと」にばかり目が行くのかもしれません。

でも、よく「早いなあ、もう年の暮れかあ」なんて言ってるけれど、1年って意外と長いんです。
この1年をちゃんとポジティブな意識で振り返ってみると、チャレンジしたこと、できたこと、そして、素晴らしいできごとが意外とたくさんあるんですね。

そこで、今回のセミナーでは今年1年を振り返ると同時に、成長分を見つけ出すようなワークをしていきたいと思います。

そうして今年一年を振り返って成長分を見つけて自信を付けたのち、来る2018年にフォーカスをしていきます。

このセミナーで利用するシートをぜひ保存しておいて欲しいな、と思うのです。
それは1年後にこのシートを見たときにきっと「ああ、前はこういうことを思ってたのかあ、この1年でまた成長したなあ」と実感して頂くためです。

ということで、ちょっと気の早い募集開始となりましたが、今から年末のスケジュール、開けといてくださいね!
続きを読む

寂しくてたまらないのに彼ができないのは、寂しさよりももっと感じたくない感情があるから?

寂しくて苦しいのになぜ彼氏ができないのか?という質問はよく頂きます。
色々な見方ができるのだけど、今日は感情の選択の話をしていきましょう。

根本先生、こんにちは!
以前、「偶然の出会い」というテーマで回答いただきました。その節はありがとうございました!

Read more