7/30(日)東京、8/6(日)大阪、8/19(土)名古屋:「自立を手放して豊かさを受け取るワークショップ」


テキストを作りました。
自己承認/自立を手放す/女性性を解放する/受け取る/ヴィジョンを見る。
それぞれの項目に分けて16個もの実習をやっていきます。

今までのワークショップと違うのは私が得意とするセラピーの一つである「イメージワーク」をふんだんに取り入れていること。
自立を手放して豊かさを受け取るためには、女性性を許すことをはじめ、頭で考えるよりももっと感覚を使った方が早いと思うのです。
だから、それぞれの項目の最初にイメージワークをして、その感覚を自分の中に作り、感じてから具体的な実習にて現実の中に落とし込みます。

つまり「感覚」→「現実」という流れを作っていきます。

また、一人で取り組む実習もありますが、グループを使って実習することでより意識や視野を広げると同時に、繋がりを感じたり、与えたり、受け取ったりすることで自分自身を見つめ直します。

今までのワークショップよりも、より一歩踏み込んだ深い実習になることは請け合いです。

これらの実習にみんなで取り組む予定です。
続きを読む

どうして結婚相手や恋人に父親のような人を選んでしまうのか?


慣れ?愛されたい欲求?助けたいから?いろいろな層からがっつり説明しています。
自分自身を振り返っていきましょう!

根本先生こんにちは。先日、名古屋のセミナーにはじめて参加させていただきました。とても穏やかな雰囲気の中、先生の分かりやすいお話を聞くことができて、有意義な時間を過ごすことができました。

今日は「無意識に父親のような人を選んでしまう」ことについてお聞きしたいです。

よく、女性は結婚相手や恋人に父親に似たような人を選ぶといわれますが、それはなぜなのでしょうか?
わたしの父はモラハラそのもので、母も子どもである姉やわたしも、常に父親の存在に怯えながら生きてきました。それは今現在も続いています。
わたしはこれまで、父の影響で男性が怖く、男の人とお付き合いをしたことがなかったのですが、昨年、初めてお付き合いをした方がいました。その方について知れば知るほど父に似ている部分(威圧的、自己中心的、自分より弱い立場の人間に威張る…など)があることを知り、わたしは恐ろしくなりその方とは別れました。そのときに、無意識のうちに父親のような人を選んでしまう…という話を知り、とてもショックでした。

父のことを恐ろしく思い、父のような人だけは選びたくないと思っていたにもかかわらず、無意識で選んでしまうのには、どんな理由があるのでしょうか?
また、そういう人を選ばないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

ぜひ、ブログでネタにしていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

お忙しい毎日が続いていらっしゃると思いますが、お身体ご自愛ください。
(Aさん)

続きを読む

大阪:8/17(木)、名古屋:8/18(金)、東京:8/24(木)心理学講座『頑張らないで流れに身を委ねる生き方を学ぶ~自立から相互依存へ~』


自立系の人たちはついついこんな考え方をしてしまいます。皆さん、思い当たるところはありませんか?
・誰かに頼むよりも一人でやった方が早い
・相談したり、頼るのは苦手
・いつも自分ひとりで何とかしようとしてしまう
・頑張ればなんとかなると思ってしまう
・自分が何とかしなきゃ、とついつい考えてしまう
・頼まれるとNoと言えない
・いつも抱えきれない荷物を抱えている
・できないと認めるのが屈辱的に感じる
・たぶん、自立系武闘派女子・男子だと思う
・今まで頑張ってきたことが最近億劫になってきている
・あれしなきゃ、これしなきゃ、という思考でいっぱいだ
・正直、余裕がなくなっていっぱいいっぱいになってることが多い
などなど。

これらは典型的な自立症の症状です(笑)

そんな皆さんに贈る心理学講座はその「頑張る」を手放して「サレンダー(流れに身を任せる)」ことに目を向けることをテーマにしています。
続きを読む

(ご報告)いま、もしかして、夫の心は戻らないかもだけど、それで夫が幸せならば、それでもいいか~とも思えるように、う~ん、たぶん、なってきた気がします。


元ネタはこちらです。

『夫から離婚を切り出されたらどうしたらいいの?(1/2)』
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/9044

『夫から離婚を切り出されたらどうしたらいいの?(2/2)』
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/9046

あら、ほんとネタ通りの展開ですね。おめでとうございます!?(笑)

二人の関係に目を向けることができる、きっかけになりますし、依存から脱却できたり、自分を取り戻したり、自信を付けたりすることができますね。
その男子、いい仕事しましたねっ!笑

そして、「手放し」も順調に進んでるみたいですね~!

そうして振り返ってみるといろんなことに気付かされますね。
その気付き、学び、一つ一つがこれからの糧になりますし、人生の選択に繋がりますね~!!

続きを読む

自分の魅力を全開にするのはどうしたらいいんでしょう???


モテる人だとメンドクサイことも多いのでついつい魅力を隠し勝ち。
それも自分らしさかもしれないけれど、もし、それを卒業して自分の魅力全開で生きるためには、ひとつリスクを覚悟する必要があると思うのです。

根本さん こんにちわ
ロックマンの彼のネタばかり送っていますが、今日は自分の事

お色気ムンムンになるにはどうしたらいいでしょうか

私は「色気あるよね~」って、男女問わず言われます。男女問わずそこそこモテます。ただ、お色気ムンムンではありません。絶世の美女でもありません。
常に中の上と言うか、上の下と言うか、高嶺の花一歩手前的なポジションです

仕事でも友達関係でも、そこそこモテてしまうので女っぽさを隠してきたところがあります。友達になりたいのに告られてしまっては関係は気まずくなるし、タイプじゃない会社の人にも何度も告られ、一緒にいるのが苦痛です。

昔から親に甘えず、自分一人で大丈夫だからほっといて的な私で生きてきました。女の子らしさも隠してきました。心理学をかじり始め、本当は甘えたかったんだなって気付いた今。だから私より自立を重んじるスーパーロックマンな彼じゃないと、私の依存を託せないのかな~と思います(結果甘えさせてもらえませんが)

そんなロックマンをおとすべく、手段のひとつとして自分のお色気パワーを全開に発揮したらどうなるのかと(結局ロックマンの話・・)
もっともっと自分の魅力を受け入れたら自信もつくのかなと。隠しているのに「色気ある」って言われるんだから、全開にしたらどーなんのかしらアタシって
ムンムンの人って、遠くにいてもムンムンしてるのわかりますもんね(笑)

ただ、職場ではやっぱりお色気ムンムンにはしたくないなって。痴漢にあったとか性的なトラウマはありませんが、やっぱりタイプじゃない人に言い寄られるのは正直気持ち悪いしメンドくさい。
女性らしさとか、使い分けってできないものでしょうか??
(Rさん)

続きを読む