(ご感想)自分が幸せじゃなきゃ、人の幸せを考えられるような余裕なんてないですね。

元ネタはこちらです!
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/17406

ありがとうございます~!!
そうなんですよね。
自分がまず幸せじゃなきゃ!ということなんです。
犠牲ばかりしてる場合じゃないですよっ!!ほんとにっ!(と自分にも言うてます(笑))

武闘派女子向けの虎の巻って「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」で有名な葉隠みたいな本ですかね???(笑)面白いなあ。
一人力に関する本もとってもニーズありそうですよね。
勇気ある編集者さんの立候補をお待ちしております!!

続きを読む


「愛とセックス」をテーマにしたランチセミナーに呼ばれて行ってきました!今週は東京で、来週は大阪でランチセミナー開催です!

セクシャルカウンセラーの右京みさほさん主催のランチセミナーに招かれて「愛とセックス」というテーマでお話をしたり、質疑応答をして昼間からセックスの話で盛り上がって参りました!
美味しい料理を頂きつつ、ホテルの個室で、真昼間から、というなかなか素晴らしいシチュエーション。
楽しかったです!

セックスや性についてなかなか男性心理を知る機会がないということで企画されたこのランチセミナー。
色んな質問を頂き、ネタが増えました。
とはいえ、セックスのお話から夫婦や恋愛について。そして、子育てについてなど、幅広い話題が飛び交います。
続きを読む


重たい女にならない方法。

そもそも「重たい」って何が重たいんでしょう?

一言で言うと「ニーズ(欲求)」です。

「会いたい」とか「好き」とか「寂しい」という気持ちは実は重たくありません。
でも、それを我慢したり、抑圧したり、気にしたり、気を使ったり、遠慮したり、犠牲したりすると、そこにニーズが張り付いて重たくなっていきます。

そのニーズって言うのは「会いたい」とか「好き」とか「寂しい」という気持ちに張り付くもので、

「分かって欲しい」
「気付いて欲しい」
「察して欲しい」
「会いたいって思って欲しい」

などの「欲しい」です。

そして、その「欲しい」を「相手に求める」と重たくなるんです。

人は自分のエリアを持っています。
物理的にもパーソナルスペースというのがあり、心理的にも自立している人ほど自分の中に許可なく入ってきてほしくない、コントロールされたくない、という思いを持ちます。
つまり「干渉されたくない」わけですね。

「会いたい」という気持ちは「私」の気持ちなので、相手からすれば重たくありません。
でも、「会いたい」と言う気持ちを我慢してるとその思いが増幅していきます。
「相手に求める」けれど「満たしてくれない」ので、それが「不満」になります。

「なんで会ってくれないの?」
「なんで会いたい気持ちがあるのに気付いてくれないの?」
「なんで会いたい気持ちを我慢してることに気付かないの?」
「なんで私がこんなにも会いたいのに、あなたは同じじゃないの?」

となり、

「会ってよ!」
「気付いてよ!」
「同じ気持ちでいてよ!」

と相手に「要求」するようになるんですね。

ここまで行くと領空侵犯ですね。
相手の行動を支配しようとする態度になり、干渉的行為です。
これが「重たい」ということになります。

だから、実際に重たいのは「会いたい」という気持ちではなく、「不満」であり、「要求」なんです。

そうすると相手は「会いたい」という気持ちに反発するのではなく、「なんで分かってくれないの?」という干渉的な態度(不満、要求)に反発を覚えるんですね。
続きを読む


(ご感想)そうよね。手に負えなくてあたりまえか ( ̄∇ ̄)と思えて、ちょっとホッとしました。

元ネタはこちらです。
「その恋、もしかして、今世紀初じゃない?だったら自信がなくて当然ですよね。」
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/17368

とってもネタにフィットしたご感想ありがとうございます(^^)

久々なんだからうまくできなくて当然って思えてホッとできたら最高ですね。
そうなんですよ。

できるはず、できなきゃ、なんて思わなくていいんです。

例えば、年下との恋って最近よく耳にするんですが、彼女アラフォー、久々の恋。彼10歳下、とするでしょう?
そうすると彼よりも私の方が恋愛のブランク長かったら、年上だから、って頑張るほど空回りしますよね。
その時、彼の方がここ5年の恋愛経験は豊富なんかも知れないから、そこは任せるところは任せた方が良かったりします。

自然体で行く、ってやはり大事ですね。分からないものは分からない、と素直に言えるように。
続きを読む


ロックマンを愛することってこんなにも疲れることなのでしょうか?

元ネタはこちらですね。

>典型的なロックマンの彼に本音責めは有効なのか?
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/17305

>「彼の気持ちが分からない」と思ったときは「本音責め」が有効。
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/17298

最近の関連記事はこちらです。

>ロックマンは情熱女覚醒マシーンである。
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/16997

>ロックマンのほんとうの気持ち。
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/17030

おそらく、Rさんのこのメッセージ。
世界中のロックマン愛好家の皆さんがガックンガックン頷いているんじゃないでしょうか?
「そうよ、そうよ!!ほんとにそうよ!!!」

その中にうちの奥さまが混じっていないことを祈りますが・・・(切に)
続きを読む