自分を受け入れる、許す、ということ。

ただ、そういうことが起きているんだからそういうことなんだよね。
ということなんだけど私たちは様々な自分ルールによってそんな自分を否定します。
でも、そうなるだけの理由もあるし、否定するだけの背景もあるのです。

私たちの中には幼少の頃から培われた「あれが良い」「これは良くない」という判断基準があります。
そして、「良くないこと」「間違っていること」は「正されるべき」と思い、時には「罰せられるべき」という「罪悪感」を持ちます。

こうした意識は「癖」になります。

特に「自立」していく過程では、この判断基準が「自己基準」になり、独特の自分ルールを作ります。
この自分ルールは「傷つかないルール」であるため、非常に個性的になることがあります。
例えば「必要以上に異性に近付いてはいけない」とか「人前では常に明るく振る舞うべきだ」とか「何があっても人に頼ってはいけない」とか。

他人からすれば「はっ?」というルールを持っている方もいます。
そして、当然ながらそのルール同士がぶつかります。
それを「パワーストラグル」と呼びます。「葛藤」であり「正しさの争い」になります。

さて、時に私たちはこうして自分が決めたルールに自分が反することがあります。
他人が反すれば強く批判的になりますが、それ以上に自分自身に対しては強く否定的になります。
あるいは、他人が反しても理解でき、許せるが、自分がそれに反することは許せない、という強い嫌悪感を持つケースもあります。
続きを読む


(ご報告)平常心で電話に出ながらも、根本先生に報告することしか考えてませんでした笑

イブの夜のアファメーションってこれね。今日もこのアファメーションのご報告を頂いています。新年だけど、いいお話だからシェアします(^^)

「自立系武闘派女子のみなさん、一緒に聖なる夜に自分にかけた呪いを解きましょう。」
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16621

いや、ほんと、すごいことが起こりましたよね。イブの夜の奇跡?手放すと入ってくる法則!?すごいですね~!

>素直に気持ちを開示したら、なんか自分が安心しちゃったんです。伝えていない罪悪感があったんですかね~。

ここが凄いなあ、と思いました。まさに手放しですよね。
恥ずかしいからって伝えていない、というところに罪悪感を持ってしまうものかもしれません。

続きを読む


「自分らしさ」を受け入れると幸せはグイッと引き寄せられる。

それが私なんだから、と自分を受け入れて行くこと。
そうすると、自分らしさが見えてきて、発揮できるようになります。
自分らしく生きることが一番幸せだと思いません?

ほんとうにいろんな方とお会いしてきて、そして、いろんな人生をお聞きしてきて、あれやこれやと「どうしたらこの人は幸せになれるんだろう?」ということを考えてきて、出てきた思いがあります。
大晦日に書いた、自分の愛に自信を持つ、ということもその一つ。
「それが私なんだよね~」というのもそう。
自己肯定感を高める(上げる)のもそう。ありのままの自分でいいじゃん!って自分を承認してあげるのよね。

そういうのを総括すると「自分らしさ」ってことになるんですよね。

例えば、「私って執念深い女なんで、一度好きになっちゃうととことん追いかけちゃうんです」という人と、「私っていつも恋をすると相手に執着し過ぎて引きずり続けちゃうんです」という人と、どっちが幸せだと思いますか?

これ、同じことをおっしゃってるんです。
続きを読む


(ご報告)お母さん、ありがとうと何十年ぶりに言えそうです。 最高のクリスマスプレゼント、ありがとうございます。

イブの日のアファメーション。あちこちで奇跡を起こしているみたい。頂いたご報告をシェアしたいと思います。

「自立系武闘派女子のみなさん、一緒に聖なる夜に自分にかけた呪いを解きましょう。」
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16621

お母さんにありがとうと言える素晴らしさ。
そしてそれを教えてくれたムスメに感謝ですね。
そう、昔のMTさんはそう思ってたんです。
そして、今の娘さんもね。

素敵なプレゼントになりましたね~
続きを読む


(ご感想)ブワって鳥肌とは違う何かが体に染み込んだんです。

大晦日の記事ですね。と言っても昨日なんですよね。
1日違いでも、ずいぶんと気分が違うのが新年パワーですね。すごい。

「自分の愛に自信を持つ、ということ。」
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16737

***
先生、今年一年大変お世話になりました。

巴御膳の生まれ変りの如き、サイヤ人の如き戦闘系武闘派野良猫女子な私にとって
自身との会話・対面をしてアファメーションを繰り返し、お怨み帳書きまくり、
それでも実力行使したりして
まぁ、本当に濃い一年と
それでも『自分』がちょっとずつわかりかけて『今が幸せなんだなぁ』とも『闘わなくても私いいのかも』とも許しの気持ち(勿論自分に切腹を命じる事とか(笑))しなくてもいいんだなぁと思えてきています。

自分の愛に自信を持つ。

素敵な言葉、ありがとうございました。
もの凄く、心に響きました。
ブワって鳥肌とは違う何かが体に染み込んだんです。
なんだか、来年は素敵な年になれそうです。

感覚的な物でうまく伝わるかわかりませんが感謝ってこうして自然に湧いて溢れる物なんだと実感です。

先生、来年も宜しくお願い致します?良いお年をお迎え下さい。
(Sさん)
***