大阪:5/16(火)、東京:5/22(月)、名古屋:6/8(木)心理学講座『自信の心理学~自分を信じられたら問題は存在することができなくなる~』

例えば、自分の実力を信じることができる人は、仕事でうまく行かないことがあったとしても「今回は何がいけなかったんだろう」と反省こそすれど、自分を責めることはせず、「次はこの経験を生かしてぜひ成功させよう!」と逆にモチベーションに変えることができます。

また、もし、クレームを頂いたとしても真摯に頭を下げることができると同時に、むしろ、そうした意見を上げてくださったことに感謝すらできます。

仮に重要なプロジェクトから外されることになったとしても、「このプロジェクトに自分は合わないってことだよね」と凹むことはありません。

例えば、自分の魅力に自信を持てたとしたら、例え、パートナーに浮気されたとしても、「そうかあ。何か足りなかったのかな?それとも私たちは合わないのかな。私にはもっと相応しい人がいるってことだもんね」と『気付き』として処理できます。

また、もし、婚活などが上手く行かなかったとしても「なかなか出会えないのね~。どこにいるのかしら~」と気ままに相手を探すことができます。

もちろん、安売りなどしませんね。自分を高価なダイアモンドのリング以上に大切にすることができますから。
続きを読む


(リトリートセミナーのご感想)私も自分の愛を、相手の愛を信じてみようかな。 奇跡を信じてみようかな。

大きなチャレンジをたくさんしてくださってありがとう。
そう、自分の愛を信じてみると、素晴らしいことがいっぱい起こります。
そんなことを感じてもらえたら嬉しいです。

ドMのMSさん向けにスペシャルなセッションを組んだかいがありました。
ぜひ、これからも伝家の宝刀「受け取らない高速首振り振り芸」を磨いていただければ幸いです!?(笑)

奇跡って起きてみると、ふつう、のことに思えるんです。
だから、奇跡って当たり前のようにあちこちで起きているんです。

遠慮なく、みんなの愛を受け取りましょう。

続きを読む


湘南リトリートセミナー in 葉山レポ!(4)オプショナルツアー

(1)はこちら。
(2)はこちら。
(3)はこちら。

リトリートセミナーでは土日セミナーをして、翌月曜日は遊びのツアーをしよう!という企画を毎回立てています。
前回の出雲では朝8:30に出発してかなりタイトスケジュールだったので、今回はゆっくりしよう!とかなり我慢して企画を立てました。
とはいえ、実際の企画立案は共催者の岩橋と地元鎌倉のスタッフたちです。

始め、オプショナルツアーは江ノ島とかそっち方面で考えていました。より湘南らしいところ。
でも、この地域にはもう一つ、海じゃない魅力もあるんですよね。それが「北鎌倉」をはじめとした寺社町。
私は鎌倉に来たのは今回で4回目くらいだし、例によって観光はあまりしていないので、北鎌倉を散策するプランにはすごくワクワクしていました。

で、宿泊していた葉山を9時くらいに出発して北鎌倉へ。
そして、まずは東慶寺に向かいます。と言っても私は初めてなので着いていくのみ。
先頭役がGoogle Mapの道案内に従ってどんどん細い山道を進んでいく・・・???えっ???

ということで、その案内がミスっていきなり足腰を鍛える運動をさせられるサプライズが発生しました。

それで一旦大通りまで戻り、改めて移動。
今度はハイキング中のおじさま・おばさまたちの集団の後ろを着いて行くことで無事到着しました!

東慶寺の門前で記念撮影。

続きを読む


厳格な父親と大家族を抱える母親の元で、自分は何を抑圧してきたのだろう?

優等生でいい子なタイプは、自分の状況を常に前向きに捉えるので、苦しくても自分が悪かったり、頑張ろうとしたりしていきます。
その結果、弱音を吐けない、甘えられないなどの問題を持つに至るのです。

ここ半年ほど自分の心と向き合わざるを得ない状況に自らを追い込んでいる、一人プレイが大好きな四〇代M男です。
破局後もいいお友達を続けてきた同じ職場の元交際相手と些細なきっかけから会社を巻き込んだ刃傷沙汰を起こし、会社からの御沙汰を待ちながら日々身悶えております。
さらにこの件で、それまで二人を応援してくれていた上司の後ろ盾を失って昇進話も立ち消えとなり、その後何故か飲み仲間の女性社員からも距離を置かれ、もう後ろ手に縛り上げられ手も足も出ない状態です。
これまで、案外優しいのね、と言われながら比較的オラオラなプレイを得意としてきた自分が何故次々とドMオプションを発注しているのか我が心の真意を測りかねていたところ、昨日「問題が起きるのは子どもの頃からの夢を叶えるため!?」を読み、
長男でしっかり者のリーダー役として主演男優賞を獲得し続けてきたこれまでの半生に「甘え」「わがまま」「弱音を吐く」といったシーンが不足しており、我が心は満たされなかった思いを叶えようと私に鞭打っているのではとの思いに至りました。
ただ、この問題が起きてからずっと両親との関係を振り返っていますが、父親は厳格な公務員だった、母親は大家族を支える専業主婦として大変そうだったという記憶はあるものの、決定打となるような鮮烈なものがありません。
むしろ、それだけ私が抑圧し続けていたものが大きかったということなのでしょうか?
取り上げていただければ、幸いです。
(Yさん)

続きを読む


大阪:5/14(日)、東京:5/21(日)『根本裕幸の1DAYセミナー』を開催します。


問題解決セミナーと銘打っていました。
その後、しばらくお休みして、再開を求める声に押されてタイトルを変えようと思い、プレミアム・グループカウンセリングという名前にしました。
かっこいいし、筆記体のロゴのイメージもあったのですが、なんかしっくりこなかったんですね。
プレミアムかもしれないけれど、グループカウンセリングじゃないし・・・。
セミナーの中身やスタイルからするとリトリートセミナーにもっともに近いので、1DAYリトリートセミナー、というタイトルも過りました。
でも、リトリートじゃないよね。確かに非日常な空間を作るけれど、朝5時に神社に集合したり、海辺に寝っ転がって空を眺めたりしないもの。

で、そういうときは何をするのかを明確にタイトルにすると良いだろう、ということでこのセミナー名に決めました。

「根本裕幸の1DAYセミナー」

そう、根本裕幸が1日セミナーをするんです(笑)
すなわち、とても根本さんらしいセミナーをするんです。
だから、このタイトルです。

ね?分かりやすいでしょう?(笑)

その時の私の気分でセミナーを作っていくんです。
これを「プロセス志向セミナー」と言います。
私が10年以上、取り組んできたメインとなるセミナースタイルです。
続きを読む