(ご感想)いままで差し伸べてくれていた方々の思いにあたたかい気持ちになりました。

過去に何度もブログを読まさせていただいていたのですが、最近はかなり読み込んでおります、情熱系助けたい女です。

わたしは、身近にいる友人や好きな相手の弱いところや手放せてない悲しみや怒りなどをすぐ感じてしまって、最初のうちはいいのですが、だんだんそれにやられてしまい、反射的に拒絶してしまったり、無理ー!って逃走してしまって、人間関係を破綻させてしまうことがあります。

結果離れてよかったなーとは思うのですが、そう思えるまで助けてあげれなかったことや好きなのに離れたことに後悔して時間がかかります。
最近は手放しが早くできるようになってきて、
その時間は短縮されつつあります。
あまりそうなっちゃう自分を責めないでいようと心から思えたからだと思います。そして自分を助けよう、大切にしようと本気で思うようになったからです。

そんな折に、
「他人に感情移入しすぎてしまう私が殻を作る方法」
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/13458
を読み、わたしもだーと思いました。(エンパスです。)

その後に
「体感型な私は腑に落ちるまで、とことんやらないと本当の意味で、分からないみたいです(笑)」
http://nemotohiroyuki.jp/message/18732
を読み、またもやこれはわたしだなーって感じて、もしかしていま湧いてきている悲しい気持ちや助けたかったなーっていう気持ちは、彼のものなのか?と思ったので、先月わたしからお別れを告げた彼女持ちの彼とお話してみたんです。

彼はいままでの人と同じで、助けたいと思うような傷のある人だったけど、いままでの彼と違ってわたしを大切にしてくれたんですね。彼女と別れない以外は。

その彼、わたしを助けたかったんですね。

それに気づいたとき、たくさんの涙がでて、心のなかで彼を抱きしめました。
ずっと好きなのに、助けたい助けられなかったってそのことばかり考えていたけれども、本当はわたしは助けられてたんですね。

2番めがいやだったのでお別れしたけれども、彼はわたしを助けようとしてくれていたのがわかって、その気持ちを受け取りました。
ありがとう、と感謝の気持ちがあふれました。

なんだか、自分で自分を助けようとして穏やかに過ごしていたつもりが、こんなふうにまだ他人からの助けを受け取れてなかったんだなと知り、いままで差し伸べてくれていた方々の思いにあたたかい気持ちになりました。
(Sさん)