(ご感想とご質問)男って何かと「責められてる」って思う生き物です。


男って何かと「責められてる」って思う生き物です。

「ちょっと時間いい?」
「話したいことがあるんだけど」
「今、話しても大丈夫?」
「どうして?」
「ちゃんと説明してほしいの」
「本当のことを教えて」
等々。

そもそも罪悪感が強い男性という生き物ですから、これらの「女子からすれば日常会話」的な言葉も、時には「機関銃」でハチの巣にされるような怖れを持つんです。
叩けば埃しかでない体だと思っていますし・・・(笑)

それにN様の旦那さんのように前科者であれば、なおさら・・・ですね。
ほら、刑期を終えて出獄しても、パンダ車を見るとドキッとしてしまうようにね。

「時間が欲しい」「考えたい」という旦那様の言葉を訳せば「保留」ということだと思います。
本人もまだ決め切れてないんですね。
あと「離婚したい」って言った以上、こぶしを振り上げてしまったわけで、その振り上げたこぶしの扱いをどうしようか?という意味での「時間が欲しい」でもあります。

「女性は話をすることで気持ちの整理ができるけれど、多くの男性は一人で考えることによって気持ちを整理したがる」という法則、覚えといてください。

>私も逃げている問題があるんでしょうか?

あるとしたら何でしょうか?
ある!と言い切る必要はなくて、あるとしたら何かなあ?自分が向き合うのが苦手なテーマって何かな?って考えてみるといいです。
ちなみにこのテーマの一番人気は「性」、二番人気は「女の私」、三番人気は「自己嫌悪(自己肯定感)、四番人気は「母」(もしくは父)あたりですね。

>それとも、他の方のカウンセリングにあった、幸せマニアは幸せになれないのように、問題を考えすぎてますか?

それは今の段階ではないと思いますよ。

>自分の成長期間と捉えて、旦那さんの問題は、旦那さんにお任せし、カウンセリングでも言われた自己充足に粛々と励むべきか?

これはやはり基本中の基本中の基本ですね。
自分を成長させること、自分と向き合い続けること、自分が魅力的な女性を目指し続けること、というテーマは常に存在します。
もちろんそれは、旦那様が離婚を取り下げて夫婦としてやっていくことになってからも続きますね。

N様はできること、やれることをきちんとやってらっしゃいますから自信持ってくださいね。
逆に、賢すぎるところがあるくらいで。

***
グループカウンセリングに、初参加させていただき、ありがとうございました。
他の方のカウンセリングを聞きながら、本当に為になる事が多くて、関心しました。

ただ、自分のカウンセリングの番は、緊張してしまって、上手く話せなかったり、聞いているようで、自分の中でとんでしまったり…。
緊張しぃなので他の方の内容の方が覚えてます。(汗

離婚したいという旦那さんとの関わり方は、100点満点とお褒めを頂きつつつ、すごく型にはめがたく、生きづらい旦那さんと言われ、私は今後本当に上手くやっていけるのだろうか、自分の心の扱い方だけでも、いっぱいいっぱいなのに~…。と不安になりつつ、でも根本さんに100点満点!って言われるなんて、うれし~と相反する気持ちを抱えたまま、新幹線で帰路につきました。

別居してからは、離婚したい、とは言ってこない旦那さんの状態で、誘うと別居してからも週1~2で、ちょろちょろと帰ってきます。

ずっと笑顔で迎え送り出し、彼を縛る事なく責める事なくしてきましたが、カウンセリングも受けて、彼の反応は気にしなくても良いと思いつつ、彼の理解者で味方になる事を思うと、彼の心に一歩踏み込む事も大事では?と思い、少し話を聞いてほしいと話を持ちかけました。

話すの嫌?って聞くと旦那さんは、責められると思ったとのこと。

それを聞いて離婚したかったら、責められても仕方ないし、私に「もう嫌だ離婚したい」ときれてもらったほうがいい(自分から悪くて、本当に離婚のカードはきれないので、私に諦めてほしい作戦)と思うんですけど…
まぁ、怖がりさんなんで、離婚したくても、私に責められるのはどうであれすごく嫌だと思いますが…

そう思うと、逆に離婚したくない私の意思が固いのは分かっているし離婚できないとは思っているのかなぁ…
でも、まだ単純に浮気相手と遊んでいたい?夢を見続けていたい?のかなぁ…やっぱり逃げ?なだけ??と思いました。

私責めてるようにみえる?って聞いたら、旦那さんは、いや、責めてないよね…とのこと。

(旦那さん)
ただ、まだ自分の中で話す内容がないから、話しても意味がないよ、とのこと。中途半端な状態で申し訳ないと思っているし、私の気持ちは、追いかけてきてくれた時で、愛してくれていると分かっているとのこと。

(私)
今まで自分でも自信がなかったけど、今の私はあなたと新しい関係を築ける自信がある。私は何もあなたを縛りたいわけじゃない。

そうしたら、少しじわっとしてそうな感じがして、

(旦那さん)
離婚したい気持ちは変わらないけど、子供のことは可愛いし、まだ時間が欲しいとのこと。
仕事が忙しくて、考えれなかったけど自分のこと考えてみるよ。
仕事も、今の仕事がしたいわけじゃないかも…との言葉でした。

パートナーは、自分の鏡だとすると、旦那さんの逃げ腰の様子。(別居してすぐの話し合いの時にも自分の事を考えてみると言っていたので…。)
まだ、私も逃げている問題があるんでしょうか?

それとも、他の方のカウンセリングにあった、幸せマニアは幸せになれないのように、問題を考えすぎてますか?
自分の成長期間と捉えて、旦那さんの問題は、旦那さんにお任せし、カウンセリングでも言われた自己充足に粛々と励むべきか?

もし、お言葉を頂けるなら、嬉しいです~。

凹むこともまだまだ多く、自分の心の取扱いもまだまだ不十分ではあると思うので、旦那さん関係なく幸せを感じ、一回でも多く笑って1日を終えれたら良いなぁ~と思います( ^ ^ )/

音声メルマガには、ぜひ夫婦問題セミナーで行ったようなアファメーションの文言を入れてください!
楽しみにしています!
(N様)
***

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事