別れてしまった彼とは普通に接する事が出来るまで離れたほうが良いのでしょうか?


『こんにちは、Nと申します。日頃からブログを拝読させて頂き、多くの気づきを貰っています!本当にありがとうございます。
今回は、別れた元彼との距離の保ち方について、リクエストしました。
私は、現在大学を卒業し、公務員試験に向けて勉強しています。彼とは大学在学中に出会い、同じゼミナールに属していました。彼は教員を目指しており、一緒に頑張りたかったのですが、会う時間がとれず、すれ違い結局別れてしまいました……。
そして、しばらくたった後もう一度復縁をしたのですが、結局同じ事の繰り返しになってしまいました。(>_< ) 一度目の別れの時は、彼の連絡先等繋がっていたのですが、二度目は、別れて一日目位にすべての連絡先を削除され、唯一ゼミナールのグループラインのみ知っている状態です。
彼の決意を感じ私も忘れようと、連絡先、繋がるものは全て消しました。しかし、同じゼミナールなので、グループラインが気にかかってしまいます。むげに退会するわけにいかず……。飲み会などがあると、ゼミの皆には会いたいけど、彼に会うのは気が引けるなぁといつも葛藤してしまいます…。

こういった場合は、彼と普通?に接する事が出来るまで離れたほうが良いのでしょうか?
宜しければ、是非テーマに扱って頂ければと思います。』


2度目は彼も本気で別れようとした、ということですよね。
Nさんも自分から連絡先を削除されて素晴らしいと思います。
でも、それだけに余計にグループラインが余計に気になってしまいますね。

ゼミ、サークル、スクール、職場など比較的メンバーが限られている中での失恋は色々と影響が残りますよね。
他のメンバーとは仲良くしたいけど・・・彼と会うのは怖いし・・・でも、大切な仲間だから無下にはできないし・・・でも、みんなにどう思われてるのかなあ・・・みたいにあれこれと考えあぐねてしまいやすいです。

カウンセリングでもそういうご質問、よく頂くんですよ。
その私の答えはとても抽象的ですね~(笑)

「あなたらしいのはどうすること?それが一番いいと思いますよ」

なんて無責任な!!(笑)

ケースバイケースなんですよね。

  彼に会うのは気が引ける < ゼミの皆に会いたい

ならば、参加するのが良いと思います。

「今日は彼に会いに来たんじゃなくて、みんなに会いに来たんだ」って思って。
もちろん、その時は彼のことが気になっちゃうことも“覚悟”して織り込み済みにしましょう。

逆だったら「ごめん、今日は行けないわ~。みんなに会いたかったんだけど」って親しい人にラインして別の用事を入れたりして気持ちをごまかしましょう。

大切なのは「自分の心」です。
2度の失恋で傷ついてます。
ゼミ繋がりで神経使ってます。

ゲームのRPG風に言えば、かなりHPを消費してる状態ですよね?

だとしたら、今はそれを回復させるのが一番の目的なんです。
自分に優しくする、自分を大切にする、自分が苦しむようなことをしない、誰かに甘える、頼る、そういう風にして自分らしさを取り戻していくんですね。

だから、

> 別れてしまった彼とは普通に接する事が出来るまで離れたほうが良いのでしょうか?

という質問に対しては「もしその方がNさんの心が喜ぶのであれば、その方が良い」って答えます。

一般的には、彼に会うと動揺する段階で会いに行くってのはわざわざ傷つきに行くような感じなので“逃げる”ことをお勧めしたいんですよね。

しかし、私の経験上、恋に生きる情熱の女たちはその忠告を無視して突撃していくんですね。それで傷ついて来られるんですが・・・。でも、ある時気付いたんです。その方が彼女らしいんじゃないか?そこで傷が収まるまでじっとしてるのは彼女らしくないのではないいか?と。

だから、それもOK。
と、傷つくこと、彼のことで動揺することを分かっても行くのが自分らしいな、と思えば、行くのが正解です。
傷ついたら、また後で癒せばいいわけですしね!

「自分はどうしたいんだろう?」
「どうするのが自分らしいんだろう?」

そういう目線で見てはいかがでしょうか。
失恋をきっかけに「自分」がますますクリアに見えてくるようになったら儲けもんですよね!

ラブ・カウンセリング
男と女の心理学

 Twitter > http://twitter.jp/nemotohiroyuki
 Facebookページ > https://www.facebook.com/nemotohiroyuki
こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法
 ★好評発売中!根本裕幸の近著。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事