環境の変化は2人のために与えられた、新たなステージ。


4月は1年で一番変化が起こりやすい月でしょうか。
皆さんの中でも転職・転勤された方、新たに就職された方、異動になった方、引越しされた方・・・様々な変化が起きているかもしれません。
また、自分でなくても、家族の就職、進学、異動などもまた心理的な影響を受けますね。

私のクライアントさんも何人かは新社会人になられましたし、ご本人、またはご主人の異動で引っ越しをされましたし、お子さんが大学に進学されました。


さて、そうした環境の変化というのは私たちの人生を退屈させないための大切なイベントです。
中には望まない異動で気分も憂鬱と言う方もいらっしゃると思いますが、それとて、無意識的に選んだビッグイベントなのかもしれません。
だから、「自分はこの苦境をどう向き合って行けるのか?どう乗り越えていくんだろう?」と前向きに捉えて頂けたら幸いです。

さて、パートナーシップにとってはこうした環境の変化が別れのリスクを高めることもよくあります。
私も経験がありますが、一方が学生、一方が社会人となると価値観ががらりと変わって、今までうまく行っていた関係が一転悪化することもあります。

また、部署の異動から仕事が忙しくなり、そこから疎遠になって関係性の危機を迎えることもありますし、遠距離になって心の距離も開いてしまうこともありますね。
異動によって遠距離恋愛が解消されたからって安心は無用。今まで「遠距離モード」で付き合っていた二人にとっては、近距離というのは新たな試練になって、全然うまく行かない、なんてこともあり得ます。

もし、この春、環境の変化に遭遇したお二人にとっては“今までの関係は一旦終わらせて、新しい二人の関係を始める”という儀式だと思っていただくのがいいですね。

間違っても「私たちなら大丈夫。乗り越えて行ける。」と思わないことです。
これは時に“慢心”になってしまうからです。

新しい生活環境に応じた関係性を再構築していく必要があり、これはお互いの努力が不可欠です。

例えば、彼が異動で違う部署に行った場合、そこでの人間関係や職務内容に慣れるには3か月~半年くらいは猶予が必要でしょう。
その間に彼からの連絡が今までの半分以下になったり、会える時間が月に1回になったり、電話しても疲れた声しか耳に届かない、そんな状況になることも大いにあり得ます。
始めは皆さん、励ましたり、理解したり、少々さびしくても我慢したりできるのですが、それがさすがに3か月も続くと不満になりますよね。
これは無意識的に「今までと同じ関係性を求めていた」から不満になるわけで、やはり、環境の変化と共に新たな考え方を導入する必要があるわけです。

・疲れた彼を癒すアイテムを考える。
・今まではあまりしなかったお家デートの数を増やす。
・仕事帰りのデートはスーパー銭湯付に変える。
・自分も車を運転して彼を送り迎えする。
・体に気を使った食事のレパートリーを増やす。
・自分が兼ねてからやってみたかった習い事に通う。

彼にとっても、仕事に夢中になってしまうことは仕方のないことですが、一生懸命待ってくれてる彼女のために新たな思考回路を導入しましょう。
もちろん、罪悪感に駆られてやることではありません!
彼女への愛情から取り組んでいただきたいものです。

・仕事終わりに彼女に一言LINEでメッセージを送る。
・頑張ってくれてる彼女に感謝の言葉をより多めに送る。
・デートしたときは彼女に思い切り素直に甘えてみる(素直に、がポイント)。
・仕事のことを彼女に話して聞いてもらう。
・体が資本と気付いて、食事、睡眠、休息を意識的にきちんとする。
・温泉、マッサージでも何でもいいので、体を気遣う時間を作る。

こうした「新しい取り組みをしようとすること」がお互いへの愛情を示すことになりますね。
「分かってくれるだろう」
「何とかしてくれるだろう」
と思わずに、自分ができることを、出来る範囲でやっていきたいものです。

そして、それができるのはまだ我慢が少なくて済む頃であり、疲労がピークを迎える前です。
まだ余裕があるうちに、まずは自分から手を打って行きたいところですね。

さて、この春、新たな変化を迎えたみなさん。
新しいステージでより良い関係に成長させるため、どんなアプローチをしていきましょうか?
お互い、ますます成長した関係性になりそうですね。

男と女の心理学

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事