あなたを失恋から救ってくれるもの


ラブ・カウンセリング

ブログを読んでます。という方からのカウンセリングのご依頼をたくさん頂くようになりました。
失恋して間もない方、数か月~半年くらい経つ方、1年経つけど忘れられないという方、様々です。

先週も失恋直後の過ごし方についてお話しさせていただきましたが、今週も、失恋直後~数か月の間の過ごし方について提案させていただこうと思います。

頑張って次の恋に行くのは良くないですよ、というのが先週の趣旨でした。

その間に何をすればいいのか?というと、自分磨きもありですが、そのまえに、まずは自分をいたわる、休める、癒すこと。


たとえば、失恋して数週間の方のカウンセリング。
私の場合、「どんな恋だったのかな?」とか「どうしてだめになっちゃったの?」とか色々と質問させてもらうんですが、いわゆる「心理分析」的なことはほとんどの場合しません。

今は感情を流すとき、と思っているので、今の気持ちを聞いたり、これからどういう風に過ごせばいいのかをお話したりしながら1時間ないし2時間一緒にいます。“よく泣けるティッシュ”を差し出しながら。

「今はあまり頭で何かを考えないほうがいいですよ」と言います。
自分をいたわる時期で、休める時期だから、と。

一番お勧めするのは一人でいないこと。友達とか家族とか、誰かと過ごす時間を増やすこと。
失恋して一番思い知るのが友達の有難味だと思うんですよ。
一緒に泣いてくれたり、怒ってくれたり、そばにいてくれる、かけがえのない存在ですよね。
だから、「ごめん。しばらく夜は貸切らせて」とか「ちょっとの間、駆け込み寺になってもらっていい?」と甘えてくださいってお願いします。

あと、家族。親御さんやきょうだいの有難味に触れることも多いですよね。
「妹が急に『お姉ちゃんとこ泊りに行ってあげる』って押しかけてきてくれて」という話を聞いたときは、家族だからできることだよな、と思いました。

一人になるとあれこれと考えてしまうと思うんです。

たいていの場合、「考える」ってよくない方向に行くことが多いんです。特に夜は。

だから、人と一緒にいることで疲れることもあると思うんですが、それ以上に、紛れたり、感情が流れたりする効果のほうが大きいと思うんです。

それとお勧めしているのが、エステとかマッサージ。
体を癒すと心も軽くなります。しかも、エステシャンといろいろお話できるので、一石二鳥なところもありますね。
できれば、週に1回、通えるところができるといいな。

それと、こんなことをお勧めすることもあります。
それは「今までやろうと思ってたけど、なかなか踏ん切りがつかなかったことってありませんか?」
失恋って自分を変えるきっかけになります。
だから、思い切って、そういうことをやってみてもいいと思うんです。
英会話やパソコンなどの習い事。
ヨガやジムなどのスポーツ系。
それと「引っ越し」や「部屋の模様替え」なんてのもありますね。

えいやっとやってみるにはいいかもしれません。

時間がある方は旅行はお勧めですね。
温泉に3,4日逗留してじっくりと世間の垢を流してもいいでしょう。
京都のしっとりした空気に癒されるのもお勧めです。
海外に行って目先を変えるのも効果的ですね。
癒しは非日常空間でよく起こります。だから、旅はそんな傷を癒すにはちょうどいいでしょう。
一人旅もいいですが、寂しければ、気を使わない友人を道連れにしてもいいかも。

あとカウンセリング。セミナー。ま、定番です(笑)

ま、宣伝はよいとして「好きなこと」は、とても自分を救ってくれます。
趣味とか特技があると、こういうときは救われますね。
楽器の演奏が趣味な方が、朝から晩までピアノを弾いてだいぶすっきりした、という話を聞いたこともあります。音楽はそれだけでヒーリングの力がありますね。

それと意外かもしれませんが「仕事」に救われることってありませんか?
失恋が辛くて、しばらくは仕事が手につかなかったけど、最近はむしろ、仕事で気が紛れている、みたいな。
仕事で使う部分と恋愛で使う部分が違うので、いい意味での切り替えができているのかも。
そこで初めて仕事に感謝できる人もいるかもしれませんね。

あとで振り返れば、この時期はとても大切な「生まれ変わり」の時期だと思うんですね。
だから、何よりも無理なく、自分に優しく、大切にする時間です。

というより、こういう経験をして初めて「自分を大切にする」ということを学ぶ人も多いんじゃないかな?

前回、「その失恋を外傷に例えると?」という質問をしました。
「全身打撲」だったり、「粉砕骨折」だったり、とても大変な痛手を負ってるわけです。

だとしたら、こういうときくらい、好きなことをして、自分を大切にしてあげてもいいんじゃないかな、と思うんです。

それだけ頑張ったと思いますから。

参考になりましたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事