考えすぎると恋は疲れる。


ラブ・カウンセリング

とはいえ、無理もないと思うのです。
自分にとって恋が大事であればあるほど、慎重になり、失敗を恐れ、不安が強くなります。だから、うまく行くようにあれこれと考えてしまいますし、うまく行っていなければ、どうしたらいいんだろう?と悩むんです。

そもそも私たちってどうでもいいことで悩まないんです。
大事なことだけに悩みます。
だから、役者は演技力で悩み、アスリートたちは競技成績で悩み、仕事人間は仕事に悩み、そして、恋に生きる女性は恋に悩みます。ものすごく。


でも、考えるときって、あまりいいことは考えないと思いません?
「最悪の状況を想定して」とか「~になったらどうしよう・・・」とか、悪いことをいっぱい考えます。

分かっていても思考は止まりませんね。
勝手に動き始め、勝手に考え始め、そして、気がつけば、思考の罠にどっぷりつかり、時には感情も引っ張られて最悪な気分を作ります。

「思考にはまるのは恐れがあるとき」とよく言います。

恐れが思考をぐるぐる回しているような感じです。

「何を恐れているんだろう?」「何を怖がっているんだろう?」と自分に聞いてみるといいかもしれません。

その恐れは実態があるものなのだろうか?
それとも、頭が作り出した幻想に過ぎないのだろうか?

多くは後者です。

そして、考えすぎてしまう最大のデメリットは何かというと、考えている間、私たちの行動はストップしてしまうことなんです。

たとえば、彼に気持ちを確かめたい、と思ったとしましょう。
すると、あれこれ思考が動き始め、「どういう風に聞けばいいのか?」「彼にこう言われたらどう返せばいいんだろう?」「もし、正直に言ってくれなかったらどうしよう?」「もし、その答えに納得できなかったら?」という入り口からさらに発展し、「彼のこの間の態度を見ると、少し引いてるようにも思えたし、今は気持ちを確かめることがかえって逆効果になるんじゃないだろうか?でも、ここではっきりさせておかないと、私の気持ちもずるずるいくばかりじゃないか。それじゃまた結婚が先になるし、お母さんに嫌味を言われるし、それは嫌だから何とか彼の気持ちを知る方法はないんだろうか?占いにまた行ったほうがいいんだろうか?」みたいなところに行き着きませんか?

そして、それが1日、2日と続き・・・でも、分かりますよね。
こうして“長考”に入っている間、自分は立ち止まったまま、何も動けないということが。

思考は行動を制限しますし、躊躇させますよね。
そして、そこから生まれるのは自己嫌悪。

そして、考えることにもエネルギーを使いますが、そもそもそのベースが恐れだとすれば、考えている間中、ずっと恐れを感じてることになるんですよね。

いわば、ずっと刃物を喉に突き立てられているような状態が続くわけですから、ものすごくエネルギーを消費し、疲れてしまいます。
考えすぎることでも疲れるのは、そういう理由なんですね。

「カウンセラーさんからも、いつも考えすぎって言われるんです」

こういう声、ほんとたくさんいただきます。

ワークショップなどで「自分は考えすぎだな、と思う人?」と聴くと、かなりの手が挙がります。

じゃあ、どうしたら考えすぎな自分を止められるのでしょう?
考えすぎてるとき、どうしたらいいのでしょう?

そんなやり方を考えてみました。

1.「止める」ことを決める。

これ大事です。「もう嫌だ。もうやめる」と宣言することです。1回じゃなくて、何回も何回も。

2.その場を離れる。

思考にはまってしまっている場所を物理的に離れます。
これで思考から脱することができる場合もあります。

3.自分の好きなことをする

好きなことをしている間は「夢中」になれるので、思考の罠から抜け出しやすくなります。
そんな気分にはなれないかもしれませんが。
なので、好きな飲み物・食べ物を摂る、好きな音楽をがんがんにかけて聴く、のような手軽なもので、かつ感情に訴えかけるものがいいと思います。

4.恐れと向き合う。

自分は何を恐れているんだろう?と、考えすぎを作る源と向き合う。
私は何が怖いの?とできるだけ具体的に思いを描いてみるのです。

5.これは真実?それとも幻想?と自分に問うてみる。

たぶん、幻想です。しかも、真実としか思えない幻想です。
そうして、思考をさらに客観視してみると、すーっと抜けることができます。

6.ギャグを考える。

これは難しいですが、もし、今考えていることをギャグにして笑えたら、即、思考は止まります。
恐れにはまっているときは笑えませんからね。
「もし、ダウンタウンの松ちゃんだったら、この状況をどんな風にネタにするんだろう?」みたいなことを思ってみてもいいでしょう。

7.思ってることを口に出して言う。あるいは、紙に書き付ける。

こうして恐れを解放してあげると、思考も止まります。
ただ、TPOは選びましょう・・・。
一時的な効果しかないかもしれませんが、一番やりやすい方法かな、と思います。

8.今感じている感情に注目する。

恐れだけじゃないかもしれません。
自分の感情を一つ一つ救い上げるような感覚で向き合ってみます。

9.そして、その感情を大げさに感じてみる。

感情をあえて増幅させることで、早くその感情から抜け出すことができます。
これは感情を癒す、シンプルかつパワフルな方法なのです。

10.誰かとくっつく。

親密感を感じると、恐れを抜け出すことができます。
誰かの愛を感じると、恐れはすぐに消えていきます。

きりがいいので、10個まとめてみました。

いつも同じ方法が通用するとは限りませんが、大事なもので疲れてしまうのはもったいないですよね。

恋は考えるものではなく、感じるもの。
不安や恐れもまた、恋を盛り上げるいいスパイスです。
失敗を恐れずに、飛び込んでいきたいですね。
きっとその方が幸せも倍増しますから。

そのための一歩、勇気いりますが踏み出せますように・・・。

皆さんの参考になりましたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事