[234]仕方がなかったんだ、と思うことは開き直り?


<リクエスト>

8カ月前に9年付き合った人と別れました。
別れる前後は 優しく出来なかったり 理解してあげかれなかったり 追い詰めてしまったり ほんとに自分が嫌いでした。
特に別れてからは「別れた時にしてはいけない事ベストテン」を全てしてしまいこんなにも自分は嫌な人間だったんだ・・・と自己嫌悪に陥りました・・・。
このままでは自分はおかしくなると思い 友達にも泣きつきましたし カウンセリングも受けました。ようやく最近「今まで付き合ってきていろんな事がありすぎて(不倫でした)私もしんどかったんだ・・・(今までしんどいと思う事がなかった)あの時の自分の行動は仕方がなかった事だ・・・嫌な私も私なのだ・・・ありのままの自分を受け入れよう」と思い 少しづつ気持が楽になってきました。しかし ふと 仕方がなかったと思う事=開き直りではないか・・・と思ってしまいました。その辺について教えていただけたいです。

(ケンケンさん)


<根本からの回答>

いいことが起きると、つい否定したくなり心理かも。

仕方がなかったという感じって微妙なニュアンスを含みますよね。
逃げてるような、開き直っているような、そんな感じがしてしまうものです。

でも、実際はどうかというよりも、ケンケンさんにはそんなパターンがあるのかもしれません。
つまり、ついつい「自己否定」してしまう癖ですね。
うまく行ったと思えば、ダメ出しし、ちゃんとできたときにもつい否定的になってしまう、というかんじで。

だから、「仕方なかったんだ」と思うと、「いや、待てよ。それって・・・」とあら探しをはじめてしまうような感じです。

素直によくなってきたことを受け入れられない何かが心の中にあるみたいです。
それって何なのでしょうね?

やはり過去のことかなー。自己嫌悪とか、不倫のこととかで自分を酷く責めたからなのかなー。昔からありましたか?そういう癖。

そこをグッと掘り下げて見られるといいかもしれません。

さて、それはともかくとして「仕方がなかった」ということですが・・・、正確には「そうする他に仕方が無かったんだ」という感じなんですよね。

だから、開き直り、とばかり思わなくてもいいと思います。

良くないことだとしても、そうせざるを得ない状況にあったんじゃないでしょうか?
だから、その頃の自分をもっと受け入れ、愛してあげられたらいいな、と思うのです。

ただ、しんどかったことに気付かないくらいの頑張り屋さんですからね。
自分を楽にしてあげること、ほっとさせてあげること、さらには「幸せになること」を自分に許せるといいですね(^^)

きっとその辛い恋の中でもしっかり成長されたみたいです!

参考になりましたら幸いです。

=今日のミニレッスン=

そうせざるを得なかった自分をそっと抱きしめてあげましょう。

男と女の心理学

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事