[75]なんで私の恋愛は、重たくなっちゃうの???


<リクエスト>

こんばんは、いつも楽しく拝見しています。
質問なのですが私が関わるとなぜかいつも重たい恋愛になり鬱陶しがられて振られてしまいます。周りは喧嘩したりワガママ言ったりぶつかり合いをしても仲直りしてうまくやってるのに、私は少しのワガママで破局するのが悔しくてなりません。そんなに私って難しいのかなぁ、魅力ないのかなぁって不安になり幸せな恋愛が出来ると思えません。なぜなのか良ければ教えて下さい

(マシュマロさん)


<根本からの回答>

我慢したり、溜め込んだりしがちではありませんか?

“重たい恋愛”ってどのようなものを指すのでしょうね。
私がカウンセリングなどを通じて収集した(?)情報によりますと、一言で言うならば「依存的」なのかな???という気もします。

心理テストを作ってみましょうか???

【Yes/Noで答えてください】

・彼ができるといっぱい期待して、裏切られることが多い。
・彼氏には言いたいことが言えずに、つい飲み込んでしまう。
・傷つくことが怖く、彼の顔色を伺ってしまう。
・自分に自信がない。(女としての魅力がないと思ってる)
・彼に嫌われないように振舞うことが多い。
・彼に「あれして欲しい」「これして欲しい」とねだってしまう
・彼が思い通りに動いてくれないと怒ってしまう
・もともと我慢しぃな性格である。
・恋愛すると人が変わる、と友達に言われる。
・好きになると一途である。

ほんとうにサクッと作ったので(制作時間3分)、ひねりも遊びもありませんが、この10個のケースのうち、1つでも当てはまるものがあれば、「重たい恋愛」をする確率があります。
そして、5つ以上では、かなりの確率で「重たい女」になってしまうと思われます。

それは感情を心の内側に溜め込んでいる時間と量に関係があります。

例えば、「最近忙しいのか彼がなかなか連絡をくれなくて寂しい」という状況があったとします。

それを重たくない女リカコさんは気付いて数秒の間に次のようにメールを書きます。

「リカコ、寂しいな~。そんなにあたしと会うの、いやなのかな~?なーんて、忙しいだけだよね。ごめん。あたし、寂しがりやだから、すぐに会いたくなっちゃうの。ごめんね。でも、たまにはリカコのこと思い出して、メールでもしてね!じゃ、お仕事頑張ってください!応援してるよ!!」

それを重たい女ヒロユキコは、じっくり心の中で熟成させてしまうんです。

「こんなこと言ったら彼、どう思うかな?ヒロユキコのこと、嫌いとか、重たいとか思うかな?やっぱり、ここは大人の女を演出して、そんなことはおくびにも出さずに余裕で待っててあげようかな。今週の占いにも、焦らずじっくり行きましょう、って書いてあったし。あたし、いつも暴走して失敗しちゃうから、今はがまん、がまん。きっと彼は本当にお仕事が大変なんだから、信頼してあげなきゃダメよね。うん。そうしよう・・・。よし、大人になるぞ。でも、もしかして、他に好きな人ができたりしたら・・・。あたし、もうほんと嫉妬で狂っちゃいそう。え?もし、ここで、連絡しなくて他の女に取られるなんてだけは本当にイヤ。そう思えば、2週間前のデートの時、ちょっと様子がおかしかった。うん。何か携帯をずっと気にしてたわ。あ、そう、そうよ。きっと他の女からの連絡があったんだわ。ヤバイ、ヤバイ、どうしよう。え?でも、どう書いたらいいんだろう?下手に書いたら何か勝手に疑ってるみたいで困るし、でも、寂しいし。えっと、今週の心理学講座になんて書いてあったかな?うーん、分からないよー。リカコに相談してみようかな。でも、この前ちょっとケンカして気まずくなっちゃってるしな。うーん、どうしよう。でも、とりあえず、寂しいってメール打っておこう。気持ちはやっぱり伝えなきゃね。しかも、シンプルな方がいいんだよね。よし、分かった。」

と考えた挙句、

「最近、連絡くれないんだけどどうしてなの?」

というメールを送ります。

さあ、ちょっと想像してみましょう。受け取った彼はどう思うでしょう?
たぶん、ヒロユキコさんからもらったメールには、即引きです。

文章はシンプルですが、その背景にある思いがぎゅっと濃縮されてしまうからなのです。
「本当にそんなのが伝わるの?」というところですが、例えば、メールを書く場合には、自分の気持ちだけでなく、相手への配慮というのが当たり前に必要ですよね。
やり取りをしてるならともかく、いきなり飛んできたメールに自分の一方的な思いしか書いていなければ普通は引いてしまうものです。

きっと「うわー、なんか、怒ってるんちゃうかなあ・・・」と思われるくらいでしょう。

これは例え話。

マシュマロさんが同じ事をされているとは思いませんが、要するに、一つ一つの行動にかける時間、その間に溜め込む思いが肝心なんですね。

例えば、愛されてる自信があったり、自分なりにベストを尽くしてる自己承認があれば、彼に対して言いづらいことでも、思い切ってふーっと息を吐いて伝えることができます。
お互いの関係が対等であれば、彼はその言葉に耳を傾け、誠実な答えを返してくれるでしょう。

でも、私が依存側の、いわゆる彼を見上げる立場であれば、一つ一つの思いをじっくり溜め込み、かみ締め、味わって、それから言いだすので、その言葉に込められた思いが「重い」になってしまうのです。

だから、同じ言葉を発していても、聞こえ方が全然違うんですね。

ただ、そういう風になってしまうにも色んな原因というか背景があるんです。
育った環境やお父さん・お母さんとの関係、思春期の頃の男子との関係、今までの恋愛遍歴など、そうした要因が重なって起きているので、一概には言えないんですね。

マシュマロさんが書いて下さったご質問の文体を見ると、そんなに重たいことをするような印象はないので、もしかすると、恋愛になると人が変ってしまうところもあるのかもしれないですね。

私としては、その辺の「なぜ?」をもう少し突っ込んでお聞きしてみたいものです。

それと、もし重たい恋愛をしたり、気を使い、自信がもてないとすると、ちょっと恋愛に疲れていたり、諦めや絶望も出てきたりしそうなんですよね。
そうした心をほっこり癒してあげることも大切なこと。
カウンセリングやセラピーなどを使ってみて、心を整理して、すっきりさせるのも一つの手ですよ。

そして、自分を認め、許し、魅力を磨き、自分を成長させていくことで、もっと自信を持つことができます。
そうすると、「なんだ、あたしっていい女じゃん」ということに気づけ、もっと前向きに恋愛が楽しめるようになるんじゃないかな・・・そしたら、思い切りケンカもできるんじゃないかな、と思うんです。

ま、思い切り、遠慮なくケンカできるカップルというのは私も理想とするところなんです。

=お勧め!エクササイズ=

【パートナーがいらっしゃる方へ】

「私の○○なところを愛してくれてありがとう!」と伝えてみる。

受け取る実習、表現する実習、感謝する実習。
愛されてることを受け取るのは、英語並みに必修科目。

【パートナーがいらっしゃらない方へ】

メールを添削してみる。

携帯の送信済みフォルダを開き、一つ一つのメールをチェックしてみる。
重たくないか?素直にいえてるか?繕ってないか?かっこつけてないか?
できれば、親友と添削ごっこをしてみると、さらに勉強になります。

男と女の心理学

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事