罪悪感満載な夫はどんな風に気持ちを整理すればいいでしょうか?


罪悪感満載で妻に気持ちを話せなく、無言になってしまう男性からのリクエスト。
基本、男女ともやり方は同じなのですが、少し男性心理の視点を混ぜております。
自立系武闘派女子の皆様はぜひ温かい目で見守っていただければ幸いです。

「罪悪感満載な夫の無言の意味」を読ませて頂き、胸が締め付けられました。
自分は今日まで結局何も妻には話せないでいました。話したいけど、それは自分が罪悪感から逃れたいだけで苦しめたくない、重荷を背負わせたくないという考えからです。
でも、どうしても毎日頭の中で思い出します。
そして申し訳ない気持ちと、こんな自分が一緒に暮らしていて良いのだろうか、と自分を責めて苦しくなり、心身共に不安定になります。
「罪悪感満載の夫」側にいる立場として、どう心を整理したら良いのか、男性目線で話題にして頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。
(Nさん)

「罪悪感満載な夫の無言の意味」はこちらです。

http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/18162

さて、男性目線で、というリクエストにお答えして今日は数少ない男性読者の皆様に向けて語りたいと思います。
そう、場所は神田の高架下や新梅田食堂街、名古屋ならさしあたり伏見の御園座裏あたりでいかがでしょう。
とはいえ、自立系武闘派女子で「私の中身は漢」と思っている方も多いので、意外なほど当てはまる方が続出するかもしれません。

また、その他、一般の武闘派女子の皆さんも、男性心理を知る機会と思い、参考にして頂けたら幸いです。

さて、男性が女性に何も話せないのは、どう言葉にしていいのか分からない、というほかに、相手に辛いを思いをさせるのではないか?重荷を背負わせるのではないか?という危惧があるからですよね。
それは優しさとも言えるのですが、女子からすれば「大きなお世話」に当たるもんです。

彼女が買い物してあちこちの店のショッピングバッグを持ってるとするでしょう?
それを彼女が、「あなたにこの荷物を持たせるのは負担だから」と言って、それらを抱え込んでいたらどんな気持ちがします?
しかも、横断歩道に差し掛かるたびに肩で息をついていかにもしんどそうですよ。
それであなたが「荷物持とうか?」と言ったら、彼女は「いや、これは私が自分で欲しいと思って買ったものだから自分が持つべきだと思うの」と言って一人ではぁはぁしんどそうに荷物を持ち歩いています。
あなたはどんな気持ちになりますか?

男性にとっては肉体、筋肉が売りですから、「そんな荷物、わしが持ってやるさかい、さっさと渡しなはれ」と思うと思うんです。

で、女子にとっては精神、感情が売りなんです。だから、「そんなにつらいんだったら、とっととあたしに話して渡しちまいな。その方が楽になるからさ」と思っているわけです。

だから、実のところ、男性が思うほど、相手はメイワクと思っていないものなんです。
それがたとえ、彼女を傷つける内容であったとしても、男性が思うよりもずっと彼女たちは上手に受け止めることができます。

男性に比べると女性は10倍の感受性を持つと言います。
つまり、われわれ男よりも10倍の器を持っているわけです。
だから、男性が「これ、きついよなあ」と思う感情も、女性からすれば「は?え?なに?」というものだったりします。

うちの奥さんが「このビンの蓋、めっちゃ硬い。開けられへん」と言って渡してくるビンの蓋は私からすればチョロイことが多いです。

男は肉体が強く、女性は精神が強い。
これが基本です。
だから、人にもよりますが、男性はその感情を女性に預けることは、女性が荷物を預けるのと同じくらいだと思ってください。
だから、その辺をあれこれと考えてしまうのは、逆に女性にとっては野暮なことで、失礼になってしまうんです。

ところが男性はなかなかそうはいってもうまく表現できません。
どういう風に言うていいのかがそもそも分かりません。
また、奥さんや家族など身近な人を守りたい、迷惑をかけたくない、困らせたくない、と思っているので、やっぱり躊躇してしまうわけです。
プライドもあるので、身近な人に弱いところを見せるのは屈辱的な人も多いでしょう。

そういうわけで、男性陣はその辺の気持ちを聞いてもらえる場所=スナックに足繁く通うようになるのですね。

Nさんは行きつけのスナックとかラウンジとかありますか?
とりあえず、そういうところでいいので誰かにその胸の内を話してみるといいんですよ。
もしくは、ゆったりマスターと話せるバーを開拓するのもお勧めです。

経験を積んだバーのマスターやスナックのママは超一流のカウンセラーであることが少なくないんです。

そうして「話すこと=離すこと=放すこと」という体験をしてみるのがいいでしょう。

私の記事は女性向けに書かれているように見えて、実は男性にも応用できるものがほとんどなんですね。

溜まってる感情は何らかの方法で吐き出しましょう。
考えていてもぐるぐる巡るだけですっきりはしません。
吐き出す方法は「人に話す」「紙に書き出す」などが一番シンプルな方法です。

罪悪感があり、自分自身を責めてしまうのであれば、その気持ちをただただノートに書き綴るのはいかがでしょうか?

ただし、ここは男女の違いですが、奥様方はそうしたノートを旦那に気付かれないように隠せるのですが、旦那方は隠したつもりで奥様には丸見え、ということもあります。
従ってノートは職場の引き出しかロッカーに入れておくのが一番安全かもしれません。

さて、Nさんの話に戻りますと、

>自分は今日まで結局何も妻には話せないでいました。話したいけど、それは自分が罪悪感から逃れたいだけで苦しめたくない、重荷を背負わせたくないという考えからです。

これはある意味、奥さんを低く見ちゃってるのかもしれないなあ、と思います。

ちなみに武闘派女子の中でも好戦的な人たちは、こういう男子の気持ちを見るとイラっとしちゃう人もいるんです。
「それは男の驕りで、女を弱いものと思ってる証拠じゃね!よし!思い知らせてやる!」なんて思っちゃう人もいるんですよ。怖いですねええ(笑)

もちろん、Nさんの奥さまはそんな最前線に陣取る武闘派女子ではないと思いますが、でも、私が知る限り、女性の懐の深さは男性の想像に及ぶところではありません。

>苦しめたくない、重荷を背負わせたくない

という気持ちを持つ必要ってないと思うんですよね。
それって相手の感情をNさんが決めてしまってることになるんですよね。

それが苦しいかどうか、重荷かどうかの決定権ってNさんにあるんでしたっけ?

違いますよね。
それを決めるのは奥さんです。

だから、Nさんもその罪悪感を手放す覚悟ができたら、ぜひ、奥さんに思うところを話し、許しを請うてください。
もちろん、直接話せなくてもいいです。
お手紙という形もまた女性が喜ぶコミュニケーションの方法です。

実はNさんのお話で一番気になることがありまして。
それは「その罪悪感を整理して、手放す覚悟はできましたか?」ということ。
言い換えれば、「もう自分自身を許してもいいですか?」ということ。

もし、この覚悟ができていないと、人に話したところで堂々巡りになります。

いつものことですがNさんにお聞きしたいのは「どうなりたいですか?」ということなんです。

罪悪感を手放し、自分を許し、そして、奥様との関係を今よりラブラブなものにしたいのでしょうか?
それともまだその準備や覚悟はできていないとのでしょうか?

Nさんがそうだ、というわけではないのですが、男性の中には「罪悪感は持ち続けるものだ。自分の犯した罪は絶対許されるものではないし、許してはいけない。だから、罪悪感を手放すことはできない」という人もいます。

これ、ある種のヒロイズムで、「悪い方がかっこいい」「俺って昔、すげえワルだったんだよね」のようなものと繋がっています。
悪いものに惹かれる心理なんですね。

また、男性は仕事も家族も責任もいろいろなものを「負いたがる」傾向にあります。
たくさん背負ってる方がかっこいい、みたいな。

だから、自分の罪は自分が一生抱えて生きていく!みたいな風に思ってる方もいるんです。

(そう、やっぱり男性はヒーローに憧れ、かっこよさを目指したい、永遠の少年の部分を持っているです。女性の皆さん、唾を吐かずに可愛いと思ってあげてくださいね!)

そういうのって女性からすると「単にしんどそうなだけ」って見えることが多いみたいですけどね。

ふつう「罪悪感で苦しい」と言うと「その罪悪感を手放したいのね?」と思うんですが、こと自立的な男性の場合はそれがイコールとは限らないんですね。

それでNさんにもお聞きしたいんですよね。

「その罪悪感、手放す覚悟はできましたか?もう自分を許しちゃっていいですか?もう自分を幸せにしてあげてもいいですか?」

幸せになるために、その罪悪感を手放しませんか?ということです。
Nさんが幸せになる、ということは、奥さまを幸せにする、ということです。
パートナーが罪悪感で苦しんでいるのに、それで幸せを感じられる奥さんはいません。
Nさんが幸せになることは、奥様も一緒に幸せになることを意味します。

だから、もし、まだであるならば、その気持ちを一番整理する方法は「自分を許し、罪悪感を手放す覚悟を決めること」だと思ってください。

奥さまを笑顔にしてあげられる一番の方法は、Nさん自身が笑顔でいることですね。

○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事