体の相性がぴったりな彼がエロい内容のラインばかりを送って来る件。


ひとつの見方としては「セックス以上の関係に進展させるのがめんどくさい」。もう一つは「今はセックスに夢中で他のことが考えられない」。
男女の心理を比較しながらこの「あるある」な問題を考えてみたいと思います♪

根本さんのブログは、毎回非常に納得かつ救いのある内容で、お恨み帳、彼の良い所をノートに書く、アファメーションを続ける等をやりつつ、要は自分に向き合って日々過ごしております。こんなに自分に向き合い、自分を大切にできるようになったのは根本さんのお陰です。
ありがとうございます!

さて今回『「彼の気持ちが分からない」と思ったときは「本音責め」が有効。』を拝読しました。
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/17298

その記事の文中に「彼女のことを大事にしたいと思えば思うほど(つまり好きになればなるほど)逆に手を出せなくなるんです。」とありまして、それは非常に納得なんですが、実は私の彼は真逆です。

彼とは出会って2回目でセックスをし、あまりにピッタリで盛り上がってしまい、その後週1ペースで彼の家に行き励んでいる状態です。(かれこれ4か月目に突入…)

大体はお酒を飲みながら色々と話をして、その後セックスという流れであり、お互いに仕事もあるので今のペースがちょうどいいような気もしているのですが、時々「これって体だけ?」という事が頭をよぎり不安になります。
しかも彼からくるラインが常に「エッチしたい」「〇〇〇疼いてない?」等のバカみたいなエロい内容ばかりで、益々何を考えているのか分かりません。

昨日も「今週も会えるかな~」とラインをしたところ「もう〇〇〇疼いちゃったの?」と返事がきた為、‘バカにしてんのか!’と思わず噴火(笑)「さあ、どーでしょうね!」と返事をした所、返事が来なくなりました。(まあ半日ですが(笑))

と、ここまで書いて自分が何を言いたいのか分からなくなってきましたが、
何はともあれ、「男は好きすぎると逆に手を出せない」の逆で「好きすぎて常に体を求めてしまい、それ以上のやり取りが普通に出来なくなってしまう」な~んて事があるのかなと思い、メールをした次第です。
(Mさん)

よく体の関係から始まる恋みたいな話を聞いております。
武闘派女子と言われる方々は、ついつい自ら勢いづいて押し倒してることも多いようで、「根本さん、またヤっちまったっす。どないしましょ?」と駆け込んでくるのです。

で、そういう関係から始まると、そういう相手、と言う風に認識されやすいのは事実です。

「セフレ」と「恋人」の違いってけっこう大きいと思っているんですよね。

その人がセックスが好きだとしたら、セックスだけの関係にとどめておきたい、と思っちゃったりするのです。
なぜか?

 楽だから。
 責任負わなくて済むから。

ショックなお話でございますけど、案外これは武闘派女子の方の中には共感する人も多いんじゃないでしょうか。ああ、分かる分かる、体だけの方が楽だもんな、と。

仕事を背負って頑張ってる人(男女問わず)にとっては、どうしても仕事中心の意識になります。
だから、男女関係に割けるエネルギーってずっと少なくなるんです。

もちろん、恋に生きる男女はそうじゃないですよ。優先順位が違いますから。

そうすると、仕事にどうしても意識が取られる中で恋愛をしようとなると、それを「めんどくさい」とか「手が回らない」という風に感じてしまうこともあるんです。

「彼女は欲しーべさ。けどさ、今の仕事の状態だったら彼女が出来てもきっと会う時間限られるし、文句言われるべ」

そう話をされる自立系男子は案外多いのです。

ところが、性欲はあるわけです。
むしろ、バリバリ仕事してる人ほどエネルギッシュなわけで、性欲も旺盛な人が多いわけです。

そんな時に、体の相性がぴったりで、相手もそれを喜んでくれる相手がいるとしたらどうでしょう???

「ねえ、私たち付き合ってるの?」
「え?付き合ってるじゃん。」
「でも、なんでデートとかしないの?」
「忙しいからじゃん。それに休日は俺、家にいたい人だし」

みたいに上手に交わされて、気が付けば、セックスをするための相手、になっちゃうことも少なくないのです。

その辺はMさんの彼がどんな人で、どういう風に二人の関係を捉えているのか分からないですし、そもそもMさんが彼とどうなりたいのか?が分からないので、その辺はツッコミどころが満載ですね。ブログ上ではなかなかお答えし切れません。
機会があれば、その先の話も聞かせてくださいませ~♪

で、Mさんに忘れて欲しくないのは「男は5歳児」という原則です。
それは感情レベルのコミュニケーション能力において、ですけどね。

セックスが良くて盛り上がってくると、当然ながら彼の頭の中にはMさんとのセックスが常に過ぎってるわけですよね。
男性は機能的に数日に一回は射精しなきゃいけないわけですから、頭の中にMさんとのことがずっとあると思ってもいいでしょう。

ちなみにそうやって常に彼女の体やセックスのことを思い浮かべてニヤニヤして毎日一人で処理することが習慣になってしまった男がいざ彼女との週に1度の本番を迎えたときに全然イカなくなってしまった悲劇のストーリーも何度か聞いたことがあります(笑)

「男ってバカ?」と言う質問に対する答えは「いえーす!!」です。

そうすると、当然ながら会話はそのレベルになっちゃいます。
他の話が思いつかない!というか、Mさんと会話するときにはエッチな話以外は思いつかないし、エッチな話ばかりをしたくなっちゃうわけですね。

こういう男性見たことありません?

「コンビニで見つけた新しいプリン。それがめっちゃ口に合った。それから毎日、そのプリン食ってる」

ま、これ、私自身もそうなんですけど(笑)、ひとつのものを気に入ると、なんで?と思うくらい毎日それを続けたくなるんですね。

で、それは飽きるまで続きます。

Mさんとのセックスがすごく良かった。毎日でもしたいと思う。そして、Mさんとはその話題だけしたい!それが好き!楽しい!最高!いえーい!!!てなもんだと思います。

そういう心理って、気に入ったプリンがあっても、次の日は別のスイーツを選びたくなる女子とはちょっと違いますよね。

セックスの話もいいけど、友達の話とか、ファッションの話とか、旅行の話とかもしたいわけです。
一緒に行きたいお店とかの会話もしたいし、そもそももっと深い心の話、価値観、そして、これからのことについても話をしたいわけです。

でも、彼にとってはそうした話は今はまだ荷が重いのかもしれません。

男女の違い、と言ってしまえば、それまでなんですけど、彼は今、私に夢中だから・・・と思っておくのが一番健康的じゃね?と思います。

だから、乗ってあげるといいと思いますよ。

「疼いちゃったの?」って聞かれたら、鼻くそでもほじりながら「うん。そうなの(はあと)我慢できないかも」みたいなセールストークを義理と人情で返してあげる方が彼はますますMさんにハマりますよね。

「そうするとますます体だけにならない?」って思うかもしれませんが、そこがある程度満たされて来てからようやく別の話題(これからのことなど)について話ができる“余裕”が生まれると思っていてください。

そのプリンを10日ほど食い続けて、もうそろそろいいかな、と思ったときに、ようやく他のプリンを食べてみよう、と思うのが男性心理ですから。

>時々「これって体だけ?」という事が頭をよぎり不安になります。

って思いますよね~。実は私自身、Mさんから頂いた文章からはナントも判断できないんですけど、良い方向で受け取れば、とりあえず今はMさんとのセックスが楽しすぎてそのことで頭がいっぱい。
毎日プリンを食べたいのと同じように、今は他のスイーツなんて目に入らないってことだと思っておくのがいいでしょう。
だから、そのほかの話題は「めんどくさく感じる」時期というわけです。
分かりやすく言うと「サル状態」ってことですね~(笑)

セックスって絆も作ってくれるので、その相性が良くてお互い喜んでできてるのは素晴らしいこと。気が付けばお互いのかけがえのなさ度がぐんぐん上がってると思います。

だから、Mさんもいろいろと研究してもっといいセックスができるようになるのもいいですよ。
その分だけますます彼はMさんにハマりますから。

で、そうすると、将来のことを考えたり、二人の生活について意識し始めたりします。

逆に言うと「セフレなんかなー。それって切ないなあ」と思っていたら、突然何の前触れも予告編もなく「今度、親が東京遊びに来るからお前のこと紹介するわ」とか言われて心臓が口から飛び出そうになった女子もいます。それって命の危機ですよね。アブナイアブナイ。

「え?いつ?」
「来週」
「えええええええええーーーーーーーーーっ!!!なんでもっと早く言ってくれないのよーーー」

となったそうです。

当然その話を笑い話として聴いた根本先生は、
「良かったじゃん。明日、とかじゃなくて」
と軽快に答えられたわけですけどね。

つまり、女子的感覚で今の関係を見たら「体だけ?」と思うのですが、男性心理から見ると単にサルになっててそのことにしか目が向かないシングルタスク状態だろうな、と言えるのです。

※とはいえ、それ以上の関係に踏み込むのが嫌なセフレ扱い、という可能性も排除し切れませんが・・・。

で、そうした思いがあるときは思い出してくださいね。

『「彼の気持ちが分からない」と思ったときは「本音責め」が有効。』

という法則。

たぶん、彼はセックスするまではそのことばかりが頭を過っているので、それが終わった後に、ちょっと甘えた口調でMさんの気持ちを伝えてみるのがいいでしょう。
男性に気持ちを伝えるわけですから抽象的な言葉はNGですよね。具体性が大事ね。
また、疑問形や不満な気持ちをそのまま表現すると男性はその罪悪感特性から「責められてる」と感じてシャッターを下ろしてしまいますから、「私は」という主語を意識したアイメッセージが大事ですね。

例えば「たまには手をつないで買い物に行きたいなあ」とか「これだけ相性がいいと、将来のこと、色々考えちゃうんだよね。奥さんにしてくれないかなあ、とか」とか、「あなたとのセックスはすごく好きだから、もっといろんなこと知りたいな。学生時代はどんなクラブに入ってたの?」みたいに。

質問をするときも女子同士のような高等なコミュニケ―ションはあまり望めないので、YesかNoで答えられること、気持ちを聞くのではなく事実を聞くこと、が大事ですよね。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事