不倫してる夫を愛してるか判らなくなり、信用もできずにいるのですがどうしたら?


まずは自分の気持ちに素直になること。
そもそも信用しなきゃいけない理由って何かあるの??とか思っちゃうのですが。
そして、理解していくことが信用していくために大切なことです。

***
おはようございます。
先日は神楽坂で、お世話になり、ありがとうございました。

主人の不倫に悩み、受講しました。(私だけじゃないんだぁ)と励みにもなりました。

私は今、主人を愛しているのかどうか判らずにいます。
主人を信用したいのに、それも出来ずにいます。

どこをポイントに考えれば良いのでしょうか??
どう思えば、信用を取り戻せるのでしょうか??

お忙しいところ、もし お時間がありましたら、教えて頂けると助かります。
また、どこかで先生に お会いしたいと思います。
(Tさん)
***

夫婦問題だけを扱うセミナーを開催してるのは「私だけじゃないんだぁ」というその励みがものすごく大きいからなんです。

それくらい一人で悩んでる方、多いんですよね。
もちろん、友達や家族も話を聞いてもらえると思いますが、同じ体験していないとなかなか伝わらないもどかしさも出て来ると思いますし、話が話なので全部をありのままに語れるか?っていうと・・・ね。

それでああいう場を作りたいなあ、と思ったんです。
ほら、体験者同士なら赤裸々に語れるでしょ?
それに、「あ、あたしだけじゃない」というよりも「あたし以上にひどい奴がいた!」という思いもできるでしょ?(笑)
さらには「姐さんっ!!」と思わず背筋を伸ばしてしまうような歴戦のツワモノもいらっしゃるでしょ?

リトリートセミナーも同じ意味があるんですよ。仲間同士のつながりができる、というか。(宣伝)
それにまた新しいセミナーを4月からやろうと思ってるんです。居場所になるような。(宣伝)

Tさん、いい人なんですね。
文章からそれが言えてしまうんです。
「別れる」って選択肢はないのかな??

「あるある」なご相談なんです。
さて、Tさん、根本先生のセミナーに出られたのならば、そういう質問を偉大なる根本先生にするとなんて返事が来るか想像できませんか???

「いいんじゃない?別に」

あぁ、、、なんてお冷たい返事なのぉ???
それでもカウンセラーさんなのぉ???

>私は今、主人を愛しているのかどうか判らずにいます。
>主人を信用したいのに、それも出来ずにいます。

いいんじゃないの?分かんないものは分かんないで。
信用できないのは信用できないで。

なんで分かんなきゃいけないの?
なんで信用しなきゃいけないの?

その先が大事なんかもしれないのよね~

ご主人のことを愛してるって分かった先に何を見ているの?
もし、愛してないって結論だった場合、どうなるの??

さらには、信用できなかったらどうなると思っているの???
信用したいのは何でなの???

辛いよね、そんな質問攻めにされたら。
ほんとうにカウンセラーさんなのかしら?
きっとカウンセラーの仮面を被ったドSなオッサンに違いないのよ。
そうよ、そうよ。
ベッドの上ではドMらしいけれど、仕事ではすぐにドSになるのよね。
え?そうなの?変態じゃん。
らしいよ。単なる変態らしいよ。
だから、あんまり言うこと聞いちゃダメよ。
それらしいこと言うけど所詮、中身は変態のオッサンなんだから。

さて、Tさん。
確信に迫るのですけど、愛していなきゃ困る理由をお持ち何だろうと思います。
今の生活は?
これからの人生は?
子どもたちは?
家のローンは?
今の平和な生活は?
せっかくいい場所に家を買ったのに!?
ご近所さんの目が・・・

>どこをポイントに考えれば良いのでしょうか??

自分に素直になんなさい!ってよく言います。

「愛しているかどうか判らない」ということは少なくても表面意識では「愛していない」ことは確定していますよね?

でも、「愛していない」という現実が受け入れられないときに人は「わからない」という言葉を使います。
つまり「愛していない」では都合が悪いってことなんです。
要するにそこに「損得勘定」が入り込んでるってことなんです。

だって不倫されててさー、それに悩んでセミナーを受けるくらいなんでしょう?
辛いし、寂しいし、苦しいし、、、そんな状態で、愛してるなんて言えないじゃん、ふつう。

怒りもあるし、嫉妬もあるし、ね。
そんな状態で「愛してる」とは思えないですよね~?

ということで、自分に素直になんなさい、と変態オッサンカウンセラーは言うんです。
うーん、オッサン変態カウンセラー、の方が語呂がいいかな??
オッサンカウンセラー変態!だと、変態さんって呼ばれちゃうようになるしなあ。

愛してるか分かんないんだから、信用できないのも当然ですよね。
そもそも「絶賛不倫中」の人を信用できる人ってね、なかなかいないですよね。

不倫=裏切り、ですよね?
裏切る人を信用するって、そりゃあ、詐欺師を信用するのと同じですもんねえ。

旦那さんに対して素直な気持ちになった時、どんなことが言えるのか?出て来るのか?そこに素直になってみましょうよ。

>どう思えば、信用を取り戻せるのでしょうか??

信用を取り戻す、ということは一般的に「旦那さんからの信用を取り戻す」という意味ですけれど、たぶん、ここでは違いますよね?

旦那のことをどうしたらもう一度信用できるんでしょう???という意味ですよね?

「信用」と「信頼」って違うんですよ、という議論はさておきますが(興味ある人はググってみてくださいね)、信用したり、信頼したり、というにはそれなりの「努力」が必要なんですよ、と聞いたらどんな気持ちがしますか???

もし、Tさんに「信用できなきゃまずい理由」があるとしたら、そこが弱みになります。
だから、なかなか旦那さんは信用させてくれません。

また、旦那さんの表面的な態度を見ているだけではなかなか信用することは難しいんです。

この「信用する/信頼する」プロセスのことを「許し/手放し」と言い換えることもできます。
すなわち、許す=信頼する=愛する、という図式も成立します。

この許し/手放しのプロセスには何度かブログでも取り上げていますし、セミナーもやってる通り(宣伝)、次のような段階を踏みます。

1.感情の解放
2.感情的理解
3.感謝
4.恩恵を受け取る

もう少しかみ砕くと、

1.今の感情に素直になり、お恨み帳書きまくり、五寸釘打ちまくり。

2.旦那がなぜ、そんなことをしたのかを感情的に理解して受け入れる。

3.そんな旦那さんと一緒に居られたことを感謝する。

4.愛と繋がることで多くの恩恵を受け取る。

というプロセスです。

「手放しワーク」では、この後に「手放しの儀式」が入りますが、流れはだいたい同じです。

ここで言う信用/信頼というのは2~3くらいの段階で生まれます。
ただ、そのためには「自分の気持ちに素直になる」というのがやはり大事なんです。

大人になるとあれこれ計算して打算して妥協して頭で考えて理想形を追い求めてってことをやってしまいます。

「どんな気持ちなのか?」よりも「どういう気持ちであるべきか?」なんてことを考えちゃったりするんです。

それだと心に嘘を付くことになりますし、頭では信用したつもりでも、心は付いてこないので「ああ、やっぱりダメ、違う」という葛藤を生んでしまいます。

感情の解放も100%やろうとすると難しいですけど、要するに「私はむかついている」「私は悲しい」「私は絶望してる」といった気持ちに素直になれたらOKなんです。

で、旦那を信用するには?というテーマで見るならば、やはり旦那さんのことを知り、理解することが大事なんですよね。

そうすると
「夫もバカじゃない、一人の大人なんだから自分がしてることはちゃんとわかっている」
「自分がしたことの責任は自分で取れる大人なんだから、自分で何とかするだろう」
「あの夫がそういうことをするということは、それなりの事情があってのことだろう」
などと、夫の行動の向こう側に人としての夫が見えてきます。
それが理解できると「信用できる」というわけです。

ということで、まずはTさん。自分の気持ちに素直になりましょ?ね?ということです。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事