わたしもふつうの恋愛をしたいのですが、何故かそういう恋愛が出来ません。


「ふつう」って何でしょう?平均値?よくある退屈極まりないスタイル?(笑)
自分がこうしたい!ってのがあるならば、それでよいんじゃないでしょうか?
もちろん、リスクは付いてきますが、それは何に対しても言えることですからね。

***
野戦病院はここですか?
はじめまして、Mと申します。

友達から根本さんの事を教えてもらい、毎日ブログを読ませていただいておりますが、まあ自分の事なのか?と思ってしまう内容ばかり…目からウロコの日々です。

さて、ここの所の恋愛が全て似たような振られ方をしています。
1、身体の関係から始まる
2、その関係が心地よい(友達だと思っていた)といわれる
3、他に女が出来て振られる

いわゆる都合の良い女ってやつですかね。

わたしもふつうの恋愛をしたいのですが、何故かそういう恋愛が出来ません。
でも、好きな男には抱かれたいんです!
ふつうの恋愛をするには抱かれることをずーっと我慢しなければならないでしょ?
これが間違いなんじゃないか?というのはわかっているのですが、やめられません。

根本さん、私は病気なのでしょうか?
こんな私に安住の地は訪れるのでしょうか…。
教えてください。よろしくお願いいたします。
(Mさん)
***

ええ、ここは傷ついた兵士たちが日夜訪れ、そして、一時の癒しを経て再び戦場に戻るそんな場所・・・野戦病院です。

いいな、それ、ブログタイトル変えましょうか?(笑)
とはいえ、傷ついてるわけでもない、バリバリの戦士もやってきますけどね(笑)

Mさんのご質問に対する答えは1,2行で終わるので、ちょっと寄り道してから本題に参りましょうね。
いつものことですけどね。

「身体の関係から始まるとなんで恋がうまく行かないのか?」

・身体だけの関係から始まると、それのみの関係、いわゆる、セフレとして見られる。
・ほかの男にも同じことをしているのだろうと思われて、深入りを避けられる。
・いつも同じことをしてるんだろうと思われる。
・つまり、セックスがあればいい人なんだ、と思われる。
・風俗などの女性と同じ扱いでよいと思われる。
・男性はどこか潔癖さ、清純さを女性に求めているので、身体の関係から入る女性を恋愛対象としにくい。
・セックスがメインの関係になり、それで十分と思われるので、それ以上の関係に発展し辛くなる。

そんなところでしょうか。

よく「既成事実恋愛」って私が呼ぶのは、好きになった人ととりあえず身体の関係を持って、「セックスしたんだから私は彼女だよね?」と迫る恋愛のこと。
Mさんの場合はそうではないと思いますが、「体を道具に使っちゃう恋愛」なので、これまた長続きしないケースが多いんです。

男性の中には変に律儀なところがあり、意外と手続きを重んじる人も少なくありません。
だから、いきなりセックスから始まっちゃうと「そういう相手」としか認識せず、そこから恋に発展したりしづらくなってしまいます。
男性は「あいつはこういう奴」と決めたらなかなか動かそうとしないですからね。

また、恋とセックスは別々に成り立つという主義の人もいて、彼女や奥さんがいてもセフレを求める人もいます。
そういう人にとってはMさんのような女性は大歓迎なんですが、あくまでそれはセックスのみの関係なので、やはり発展し辛くなるんです。

うーん。あまり膨らまなかったなあ・・・(笑)
あまり遠回りできなかったんですけど、本題ですね。

>わたしもふつうの恋愛をしたいのですが、何故かそういう恋愛が出来ません。
>でも、好きな男には抱かれたいんです!
>ふつうの恋愛をするには抱かれることをずーっと我慢しなければならないでしょ?
>これが間違いなんじゃないか?というのはわかっているのですが、やめられません。

いいんじゃない???

何が問題なのかがちょっとよく分からないんですけど(サンドイッチマン富澤風に)。

以上!!!

自分が好きでやってるんだから、それでいいじゃん、と思うんです。
オトナなんだし、自由なんだし、恋愛にこうってルールがあるわけでもないし。

好きな人には抱かれたい主義です。で、いいと思います。

しかも、ふつうの恋愛がしたいと思っても、そもそもふつうの恋愛なんて存在しないので、なかなかふつうの恋愛をするのって難しいですよね?

いちいち「これってふつう?ふつうじゃない?」って確認するのもめんどくさいでしょ?

「初めてのデートで水族館に行くのはふつうですか?」「はい。ふつうです。」「じゃあ、水族館に行きましょう。」

「初めてのデートで三ツ星レストランに行くのはふつうですか?」「いいえ、ふつうではありません。」「じゃあ、別のレストランに行きましょう。」

「初めてのデートで手をつなぐのはふつうですか?」「時と場合とお互いの距離感、お互いの気持ちによって変わります。」「ええー、そんなのわかんなーい!」

だから、「ふつう」を求めちゃうとけっきょく何もできなくなるんです。

「うまく行くか行かないか」を基準にするとややこしいんです。
そもそも「うまく行く」というのもものすごく曖昧なものって知ってます?

「うまく行く」=「自分の気分が良い」
「うまく行かない」=「自分の気分が良くない」

これだけですから。

「お互いに信頼し合って、連絡をマメに取り合って、話したいことを自由に話せて、私を否定せず、時々小さいすれ違いもあるけれど、それはお互いちゃんと向き合って解決して、一緒のペースで人生を歩いて行く」のが「うまく行ってる」って思うかもしれませんけど、それって単に「自分がそうしていると気分がいい」だけですからね。

だから「うまく行く」=「私の思い通りにしたい」=「思い通りになると気分がいい」というわけなんです。

知ってました?

だから、「関係が長続きしないのは自分の気分が悪い」=「うまく行かない」って思ってるに過ぎないんです。

だから、うまく行く、行かないに興味を持っていくと自己犠牲しますし、我慢しますし、相手にいろいろ要求しますし、コントロールしますし、テクニックに走りますし、自分の気持ちは置き去りだしってことになるのです。

それが幸せなのか?っていうと・・・微妙じゃないかなあ、と思っちゃうんですよね。

だから「自分がしたいんだったらそれでいいじゃん」というのが私の基本路線です。
もちろん、自分がしたいようにする場合に伴うリスクってあるでしょ?
それを引き受ける勇気というか覚悟はあった方がいいですよ。

「仕事辞めて自分でビジネス始めたいんです!」に対して「いいじゃん。好きにしたらいいよ」って言います。
でも、収入が不安定になるとか、売り上げによって生活が変わるとか、人を雇う側になるから今までとは違う気の使い方をするとか、いろいろリスクはあるでしょう?

それを受け入れて覚悟して飛び込んでいくと思うんですよね。

それと同じことじゃないでしょうか?

動けば風が起こるので何らかのリスク、デメリットは生じます。
でも、それを恐れてしたいことを辞めたり、ほんとうの自分を隠したり、ほんとうの気持ちを我慢したりってしんどいと思うんですよね。
もちろん、「それをしたい」とか「それが自分に合ってる」ってならOKですよね~

ので、「私ってそういう女だから」で堂々とするのがいいでしょう。
何ら問題ないと思いますよ。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事