神様のテスト。神様の配慮。そして、腐れ縁。~偶然の出会いがもたらす意味は?~


会うはずのないところでばったり会うと運命を感じちゃうものですが、実はそれも潜在意識が作った「運命的な出会いの演出」であって、その方が都合がよい理由があるんです。
つまり偶然はなく、必然。その意味を解いていく必要がありますね。

***
根本先生、こんにちは。
先生のブログを毎日楽しみに読ませていただいております。私はおそらく武闘派女子です(笑)

今日は人と偶然出逢うという意味について教えていただきたく。。。

付き合って2年の彼氏の事です。既婚者で妻子と別居6年目です。野良猫要素がかなり強く、最初は訳も分からず振り回されてきましたが、最近少しずつ飼い方も心得、付かず離れずの状態を維持しています。

これまで何度も引っかかれ、ガルーッと警戒されたり、突然逃げられたりを繰り返してきて、武闘派の私でも萎えそうになる時がありました。
でも、なぜかそういう迷いのある時に限って、会うはずのないところでバッタリ出逢ったり、車ですれ違ったりします。かなりの確率だと思います。不思議でたまりません。

これってどういう意味での引き寄せなんでしょう?
(Mさん)
***

「運命」感じちゃいますよね。

https://youtu.be/PTr1v1ksWkQ

ああ、なんか私たち、やっぱりつながってる~!別れられないんだわ~♪運命の人なのよね~♪って。

実際そういうこともあるんですよね。
「赤い糸で繋がってる」ならぬ「赤い鎖でがんじがらめになっている」みたいな。

ああ、私たちって別れられないんだわ、って。

少なくてもまだ何かを学べと言われてるのかもしれません(^^)

◎いわゆる「神様のテスト」ということもよく起こります。

詳細はこちらね。
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/7440

「手放しちゃってほんとうに大丈夫???」ってことを確かめるかのように、その相手とばったり出会うんです。

ほんとうに手放しが進んでいたならば揺らぐことはありません。
でも、まだまだ執着が強いのならば思い切り揺らぎます。

そして、当然ですけど、このテストは抜き打ちです。
だから、ショッピングモールの駐車場で、いるはずのない駅の改札で、ふと入ったスタバの隣の席で、そういうテストがいきなりやってくるのです。

それでMさんの心が萎えたときに「ほんとにもう彼と別れちゃっていいの?」なんて試されるのかもしれません。

◎腐れ縁パターン。

何度別れてもけっきょくはヨリを戻してしまう、とか、もう別れよう!と思って別の男を探していたけど、どうしたって彼と比較しちゃってその意欲が萎えてしまう、とか、「もういや!」と思ったのにばったり会って気持ちが揺れる、とか。

人間関係って頭で考えてできることってあまりないと思ってます。
潜在意識とか無意識と呼ばれる領域が大きく作用していて、自分ではもういいや、と思っても、潜在意識が「まだまだやで」なんて言ってると別れられません。

特に腐れ縁パターンに多いのは「なんだかんだでよくよく見たら似たもん同士」って奴で、「自分を愛せ」というがごとく「相手を愛さなきゃいけない状況」を作り出します。

この「似たもん同士」には「シャドウ」と呼ばれる関係性も含まれるから厄介です。
つまりは「パッと見、自分とは正反対で、ぜったいに合わないと思える人」だったりするのです。

ところが、このシャドウというのは「生きられなかったもうひとりの私」ですから、いわば、パズルの隣同士のパーツみたいなものんなんです。
形は全然違うんだけどピタッと合ってしまうんです。

だから、「ほんと、この人とは合わないんだけど、なんでか離れられないのよね」という体験をさせられて、腐れ縁、という言葉がフィットする関係になるのです。

◎ちゃんと愛しなさいというサイン。

ロマンチックな恋を求めていると、Mさんのような関係性は羨ましく思えるかもしれません。

「もっと彼を愛しなさい。
 まだまだあなたは愛を出し惜しみしているのよ。」

とか

「あなたはもっと自分の価値を認めなさい。
 あなたは彼に愛されるにふさわしい女性(男性)なのよ」

などの「神様からの配慮」というケースもあります。
もちろん、これは潜在意識のなせる業で、「腐れ縁パターン」ほど長く、多く繰り返されることはないのですが、運命を感じざるを得ない場面でばったり再会するなど、神様の存在を想起させる状況が演出されます。

そういう経験を通じて「ああ、ほんとうに私は彼のことを愛していたんだ」とか「ああ、こんなにも嬉しいということは彼に愛されているんだ」などのお互いの絆を深め合う関係がここに生まれたりするのです。

偶然の出会いは潜在意識レベルで起きることなので、必然だけど(自分が起こしているのだけど)、偶然に見えます。

しかし、その「偶然に見える」ということがカギで、そうしないと気付けないこと、そうしないと分からないことが必ずそこにあるわけです。

それが「神様のテスト」「神様の配慮」みたいなものだったり、「そろそろ腐れ縁だってこと受け入れてちゃんと向き合えよ」ってことだったりするのです。

Mさんの場合、けっこう頑張って野良猫を餌付けしてこられ、しかも、それが成功してるみたいですよね?
そうすると、Mさんの中には彼への執着というものも生まれやすくなりますよね。

「こんだけうまく行ってるのに手放しちゃうわけ?」て。

だから、「もういい!別れる!」とか思ったときに神様がツッコミを入れるが如く、彼を目の前に出現させたりするのです。

とすると、やはりこの経験は彼とのことをどうするのか、はっきり決めなさいと言われてると思ってもいいですね。

その再会をロマンチックなものと捉えて愛を深めるのもよし、
やっぱりちゃうわ~って手放しの方に加速させるのもよし、

さて、私はどうしたいのかしら???って問いかけ続けるのが良いでしょう。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事