絶対合わないし、好きではない元カレのことがなぜか頭から離れない。


離れないには何らかの理由があります。罪悪感だったり、何かへの執着だったり。
でも、時には親子関係が影響してることも。今日はそこを掘り下げてみます。

***
はじめまして。
最近よく根本先生のブログにお邪魔するようになりました。
いつも更新を楽しみにしています。

初めてリクエストをさせていただきます。
機会がありましたら取り上げていただけると幸いです。

私は1か月前に7か月付き合った彼と別れました。
甘えたがりな彼と一人が好きな私。頻繁な連絡やデートに疲れてしまいました。

自分から振ったのに彼のことが頭から離れません。
絶対合わないと思うし、好きかと言えば好きではないと思うのですが。

別れてから、性格が合わない以外に、私の器が小さいこと(私自身相談したり頼るのが苦手ですし、逆に頼られるとイラッとしてしまいます)や、
私が「愛」とか「好き」っていう感情が分からないのが問題なんだろうと思い始めました。

イマイチ「愛」とか「好き」という感情が分かりません。
「愛してる」なんて言われると嬉しいどころか、ずーんと何かが重くのしかかってくる感じがします。
今までにも何度かお付き合いしたことはありますが、今考えると「好き」ではなく「助けて」みたいな超依存だったと思います。
勿論「重い!」と言われフラれました(笑)

彼はまだ私のことが好きなようですが、復縁しても上手くいかないと思うので、彼のことを手放してスッキリして前へ進みたいです。
お力添えいただけると幸いです。

ちなみに私自身は自立したいけどまだまだ依存側なのかなと思います。
いつもツンツンした態度を取りながら相手が折れてくれるのを期待しているような感じになってしまいます。
そして相手に期待してしまう自分に自己嫌悪してしまいます。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
(Yさん)
***

まとまりのない文章でいいですよ~。
私もたいがいまとまりのない回答ですからね~~(絶賛謙遜中)

「手放し」ならいいセミナーありますよ~(笑)
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/15255

もし、お会いすることが叶うならば、次のような質問をしてみたいんですよね。

・彼が頭から離れないのはどんな風に?どうこびりついてるの?
・思い出してどんな気持ちになるの?苦しいの?寂しいの?

というところ。

普通に見ると、なぜ、彼のことが頭から離れないのか?というと「罪悪感」なんですよね。
彼を傷つけてしまった申し訳なさがあって、それで自分を責めつつ、彼のことが気になったり、彼に対してすごくひどいことしてしまったような感じがして、ずるずる引きずります。

振られた方は分かりやすく傷つく側なので助けも求めやすいんですけど、振る側は罪悪感を感じて悪者になったような気がしてなかなか自分を出せないんです。

だから、「振った自分を許す」ってのが解決方法になります。

「だってうまく行かないじゃん。性格だって合わないしさー、彼にとってもあれでよかったのよー」なんていうと友達が慰めてくれてるみたいですけど、その罪悪感を手放すことに意識を向けるのはとても大切なこと。

別にYさんが悪いことしたわけではないですからね~

好きでもない相手と合わせる気もないのにずっと一緒にいる方がお互いにとって不幸だと思います。

ただ、

>イマイチ「愛」とか「好き」という感情が分かりません。

となると、また問題は無限に広がっていきますね~。

ずっと分からないの?
初恋っていつ?って言われても???な感じ?
学生時代に強烈な片思いとかしていない感じ?

で、今までの恋は「助けて」派の「超依存」だったわけですよね???

ということは親だな・・・。うん。親子関係の話になるな。(訳知り顔の刑事風に)

「重い」って振られた傷って今はどうなんでしょうか?
まだ引きずってる部分はありますか?

「重い」って言われてフラレルと、次からは「重たくならないように」って細心の注意を払いますよね?
そうするとどんどん自立が進むんですけど、「私は重たい女だ」という観念は残ります。
態度は自立、でも、自己評価は依存。という矛盾が生まれます。

そうすると、依存的な彼を引き寄せること、が増えるんですけどね。
果たしてどうでしょう?

そう、セミナーなら、両親との関係を聞いて掘り下げられるんですけど、ブログはここからは想像とか一般論とかになっちゃうんですね。

「好き」とか「愛」が分からないってことは、たぶん、親子関係でハートブレイクを重ねて来てるんじゃないかな?と邪推するわけです。

両親がケンカばかりでうまく行ってないとか、物心ついたときには片親でお母さんが必死に家族を支えたた、というケースもありますし、逆に何不自由なく育った、という方でもその思いを持つことはよくあるんです。

それに、誰もが育った家が「ふつう」だと思ってますから、離婚、暴力とかの分かりやすい事例がない限り自分の家庭に問題があるとも思わないものです。

ある男性が昔教えてくれたんですけどね、こんな話があったんです。
「僕が小5のときだったと思うんです。体育で汗をめっちゃかいたので水道で顔を洗ってたら傷が染みるんですね。それで、いやあ、昨日のオヤジのパンチはめっちゃきいたわ。って話をしたんです。
そしたら、隣で同じく顔を洗ってた同級生が『はっ?』って顔して、『おれ、オヤジに殴られたことなんて一度もない』って言われたんです。
そのとき初めて自分の家がおかしいんだ、って気付いたんですよ」

それくらい「育った家がふつう」という感覚を持ちます。
だから、なかなか自分では分析が難しいんですよね。

だから、Yさんの場合も、表向きは彼のことが頭を占めてる、忘れたいのに忘れられない、抹殺したいのに脳裏にこびりついて離れないって話ですけど、その裏側には親子関係が原因になってる可能性もあるんです。

だから、その辺を自分なりに見つめてみたり、セミナー等を活用してみたりするのはいかがでしょうか?

恋愛だけでなく、仕事のことも含めて、様々な世界の広がりがみられると思いますよ~

で、もう一つ。原因論はここまでにして、次は「女の自分」ね。

新しい恋をするために準備したいことでもあります。

・私の女としての男から見る魅力ってどんなところ?

・新しい彼にはどんなことを与えてあげたい?

・新しい恋をしたら彼と一緒にどんなことを楽しみたい?

・新しい彼のためにどんな自分でいてあげたい?

・よりセクシーになるために、どんなアイテムを採り入れたい?

この辺をじっくり考えて、できることを実践してみるとぐーんとレベルアップして、大人の女度がますます上がることと思います。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事