6年付き合った彼から突然振られたのち、彼はでき婚、私は野良猫。

その彼とよりを戻したいと思わなくなっても、その失恋による傷は生々しく、次の恋の障害になってることってふつうのこと。
1年経って冷静になった今だからこそ、向き合えることもありますね。

***
はじめまして。一年前の失恋をきっかけに、ブログを拝見させて頂いてます。とてもお忙しいと思いますが、勇気を出してメールを送らせて頂きます。

一年前に18歳から6年間付き合っていた人に他に好きな人ができたと突然振られました。その後、私から連絡はとっていて、彼は別れて4ヶ月後にでき婚しました。

私は、彼と結婚したかったです。彼の子どもがほしいとも言ってました。だから、彼も私の気持ちを十二分に知ってます。だから、私に言ったのだと思います。そのでき婚が嘘なのか本当なのかわかりません。でも、はやく次に行ってほしかったのだと、思います。

そのときの衝撃を忘れたつもりでも、ふとしたときに恐れとしてでてきてしまいます。6年付き合ったけれど、結婚しなかった。その人とはでき婚した。その事実は、自分の自信全てをなくしました。

という事が一年前にありましたが笑
今はもう、彼と戻りたいと思うこともありません。自分の幸せを自分で掴みとっていきたいと思っています。

ただ…これから先誰かとまた上手くいく事が想像できません。(きっと自分を信じられないのでしょう)そして、男の人に対して不信だったり敵意が出てきてしまいます。

例えば、誘われた一回目のデートで恐れ暴れ喧嘩してしまうとか。そのくせ、その人が私に気がないとわかると追いかけ続けます。
あと、絶対に自分を好きにならない人に肉食になったり。自分に好意をもってくれる方に出会うこともまれですし、出会ったとしても疑って信用せず、そういう時は、違う人とも連絡をとったりします。

よく話に出てくる情熱の女でなおかつ、野良猫の要素ももっているのでしょうか。。
一対一で相手と向き合うことを恐れている。ということだと思うのですが…。

根本さんのブログを読みあさり、どうして変な行動をしてしまうのか、受け入れてはきました。

でもどうしても、頭ではわかっても心で抵抗がでてしまいます。彼と付き合っていた頃の可愛い自分に戻りたいです。どうかお力添え頂ければなと思います。
(Yさん)
***

>彼と付き合っていた頃の可愛い自分に戻りたいです。

こういう思いってどうしたって出てくるもんだと思います。
Yさんのお話は全体を通しても不自然なところのない、ごく自然なできごとをお話しくださってると思います。

6年付き合った彼に突然振られてその4か月後にでき婚されてるんですよ~
そらショックはめちゃくちゃデカいでしょうし、悲しくなるし、6年もうまく行ってたんだから超男性不信になるし、次に行きたくても障害を次々感じてしまうだろうし、野良猫にもなろうもんですよね。
で、そんな自分がすっごく嫌で、昔の自分に戻りたくなるもんです。

ただ、いきなり死刑宣告みたいなもんですけど、Yさんはもう昔の自分に戻れないんです。
だってそういう経験をしてしまったのだから。
その事実は消せませんよね。

どんなに後悔したって昨日誘惑に負けてたべちゃったケーキとクッキーとお煎餅は今、あなたのお腹の脂肪に変わろうとしてるんです!!!きゃーーーーー!!!!(笑)

今を否定して過去に戻りたいと思うのは、
今の自分を否定して、過去の自分を肯定するのと同じです。

大きな心の傷を負うとどうしてもそうなるんですけど、意識は常に「今を否定、過去を肯定」という状態になります。

今を生きられないので楽しめません。
今の自分を否定するので、自分を傷つける行為を辞められません。

だから、まずは、今、ここに自分がいる、ということに目を向けてあげます。
今、一緒にいてくれる友達や家族。
今、居場所を与えてくれる仕事先や習い事。
今、自分が着ているもの。
今、自分が吸っている空気。

特に「音」は今にしか存在していないので、耳から聞こえる音に目を向けてみるといいですよ。

そうして今をただ見つめていきましょう。
その目的は一つ。

>例えば、誘われた一回目のデートで恐れ暴れ喧嘩してしまうとか。そのくせ、その人が私に気がないとわかると追いかけ続けます。
>あと、絶対に自分を好きにならない人に肉食になったり。自分に好意をもってくれる方に出会うこともまれですし、出会ったとしても疑って信用せず、そういう時は、違う人とも連絡をとったりします。

という自分に対し、

「ま、そうなるよね。
 そういうことしちゃうよね。
 まあ、それがふつうだよね。」

と思えるようになることです。

良いも悪いもなく、ただ、今、そうなっていることを受け入れる(許す)だけです。

ま、これが難しいんですけどね。
だから、すぐにできなくてもOKです。

癒しの方向性としては、やはりその彼を「手放す」「許す」というのが大きな筋になると思います。

まずは、今、よりを戻したいと思わなくても、その時の私はとても深く傷ついています。
その時の自分を愛してあげます。

問題解決セミナーとかリトリートセミナーではとても感動的なロールプレイのセッションを作ることができます。

「1年前、ぼろぼろになっている自分を思い出させる人を選んでください」

会場内にいる人で、なんとなく1年前の自分ぽい人を見つけます。
意外と「あれ?」って人がいるもんです。

今、当時の私のようにすごく辛い状況にあるのかもしれないし、自分の話に共感して泣きじゃくってる人とか、しんどくて悲しくてショックなのに気丈に振る舞ってる自分みたいな人とかが目に付くんです。

で、その人を見つけたら2人、向き合って立ってもらいます。

「どんな言葉をかけてあげたい?」

て私は聞きます。
もし、かけてあげたい言葉が浮かんだら、そのまま言っていただきます。
もし、言葉が浮かばなかったら私がサポートします。

「じゃあね、この彼女にこう言ってみてね。『あなたは何も悪くないよ』って」

みたいに、その場で直感的に浮かんだ言葉を声に出して伝えていきます。
そして、その時の痛みを一緒に解放していきます。

何度か言葉をかけながら「1年前の自分」に近付いていきます。
そして、優しくハグをします。

『大丈夫だよ』
『ほんとによく頑張ったね』
いろんな言葉をかけてあげます。

でも、不思議なことに、自分の痛みも解放されるけれど、目の前の1年前の私役の痛みも解放してあげることができます。また、その言葉に反応してそれを見ている人たちも自分の痛みを解放していきます。

ロールプレイのセラピーは自分も癒すけれど、その場にいる人たちの心も癒すことができるんです。
その場合、あなたは癒し手なんですね。

そんなロールプレイのセッションをイメージの中で行うこともあります。

タイムマシーンに乗って1年前の自分に会いに行くんです。
そして、その時の自分を抱きしめてあげます。
色々な言葉と一緒にね。

それをお手紙に書く、という宿題を出すこともあります。
1年前の自分宛ての手紙。

男性不信を作っているその元の傷を癒すことができれば、今出会う男性にもう少し優しくできますよね。
それは男性陣にとっても朗報です(笑)

何とかなるもんよ、ということを知って欲しいな、といつも思っています。
例えばYさんだってそんな経験をしてますよね。
1年前は彼以外の人とこうしてデートできるとは思ってなかったと思うんです。
よりを戻したいとは思わないとか思えることになっただけでも奇跡かもしれません。

クライアントさんからこんな話を聞くことがちょくちょくあるんです。
大失恋していたり、離婚していたりして次に向かおうとするんだけど全然うまく行かなくて、このまま1人なのかなあ、と思っていたら、不思議と「この人は大丈夫」「この人はなんか違う」という人に出会う、という。

ちょくちょくブログにも書いてますけどね。
つい先日もセミナーでそんな朗報を耳にしました。

「ああ、やっぱりね~(笑)」なんて話をしたんですけどね。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作