自分が信じられない現実を欲しがるときは「私を知る」タイミング。


疲れていたり、飽きてたりすると違う現実が欲しくなるわけですが、果たしてそれが自分にフィットしているかどうかは分かりません。
改めて自分を知る時期にきているんじゃないでしょうか?

***
不倫について取り上げるのもすでに相当数だとは思いますが、自分に気づき、幸せに生きるヒントを教えて頂きたくメールします。
自己肯定感の低さから?罪悪感があるために罰したいから?不倫を繰り返しているバツイチ子持ちです。
私自身30代結婚願望はありませんでした。子供だけでなく誰かの面倒を見るなんて大変と思っていましたが40代になり結婚願望がめきめき芽生えてきました。
今の彼の夫婦間は破綻していますが子供のために成長を待って離婚をすると言い、それが早く叶わないかなと願っていますが、彼はとても短気ですぐ喧嘩になり、その度に思うのです。
他に私を大事にしてくれて結婚してくれる人がいるんじゃないかって。
今の彼は不安にさせない努力をしてくれています。それなのにそんな思いがいつもいつもよぎります。
かといって、物覚えつくかつかないかの頃母親が男の人を作って出ていき、母親の悪口を聞かされて育った私は結婚なんて脆いものだとどこかで思っている気もします。
まわりも浮気したり不倫したり幸せな結婚をしている人の話を聞くことがなかった。
それなのになぜ?本当に?私結婚したいのか?私に結婚生活が送れるのか?わからないでいます。
愛する人と安定して、守られた生活、もう金銭面でも悩まないゆとりのある生活を送りたいというのが望みですが、この現実を創造してるのは私なんですよね?もう関係や金銭が不安定だとかうんざりなんですけど(笑)
なにかアドバイスをください。
(Mさん)
***

実際は目の前で対話しながら進めなきゃ分からないことが多いんですけど、Mさんは何か困難な状況に向き合うと逃げちゃう癖ってあります???

ケンカするたびに「私を大事にしてくれる人がいるんじゃないか」って思うわけですからね。
今の彼に不満足ならば、その不満を解消する人を探したくなるのは当然で。
でも、それって時には現実から目を逸らすためのマスターベーションになってるんじゃないかなあ、と思いまして。

恋に疲れた、とか、そろそろアップダウンの激しい人生は疲れた、みたいな感じってあります?

「愛する人と安定して、守られた生活、もう金銭面でも悩まないゆとりのある生活を送りたいというのが望み」

こう思う時って、そういうときが多いのかあ、と思うんですね。
なんで、疲れてるのか?て言えるのかっていうと発言が全部「受け身」だから(笑)

守ってくれるのも、金銭的にも安定させてくれるのって自分じゃなくて旦那さんの仕事になっちゃうんでしょう???
相手次第になるのでね、、、「そんな人いるの?」って思うわけです。

それにもう「うんざり」なんですよね~。
今のような関係性に「飽きてる私」もいるわけです。
だから、違う景色が見たくなりますよね。
でも、それがほんとに自分が求めてるものかどうかは分かりません。

疲れる → 休みたい、ゆっくりしたい

と思うでしょう?だけど、“ゆっくりした生活”が自分に合ってるかどうか?って検証をみんな忘れちゃうんです。

「もう、今までね、問題児ばっかりなんです。付き合ってるの。仕事してなかったり、ケンカばっかりしてたり、ギャンブル好きだったり、親とべったりだったり、浮気症だったり。もう、そういう男嫌なんです。ちゃんと誠実に私のことだけを見てくれて、性格も穏やかで優しくて、ちゃんと仕事してる人がいいんです。」

って言うんですけどね・・・。じゃあ、そんな男がほんとうにいいの???って立ち止まって考えると・・・「ああ、そうよね。そういう男じゃ、あたしが飽きちまうわね」ということになるのですね。

Mさんにとっても、本当にそんな結婚生活を求めてるのか?というとやはり「???」なのかもしれませんね。

>物覚えつくかつかないかの頃母親が男の人を作って出ていき、母親の悪口を聞かされて育った私は結婚なんて脆いものだとどこかで思っている気もします。
>まわりも浮気したり不倫したり幸せな結婚をしている人の話を聞くことがなかった。

こういう環境にいれば、当然、信じられないでしょう。
とはいえ、こういう環境に育った人がみんな結婚してないのか?幸せになってないのか?っていうと必ずしもそうじゃないんですよね。

ただ、自分がそれを信じられないってことは、そうじゃない相手を引き寄せることになり、それが今の恋の形になっていると思うのですね。

結婚なんて脆いもの。
幸せな結婚してる人は周りにはいない。
→じゃあ、結婚しないでもいい人を好きになろう。お付き合いしよう。

そういう現実を創り出しているんです。

私ってほんと何が欲しいんだろう?
私ってどういう恋が好きなんだろう?
私って今、どうしたいんだろう?
私ってどういう女なんだろう?

そんな問いかけをいっぱいする時期かもしれません。

自分はどんな時に笑ってるかなあ?
自分が楽しいって思えるのはどんな瞬間?
自分が好きなものって何だろう?
何してる時が一番好きなんだろう?

そういう問いを「心」にいっぱいしてあげてください。
頭で考えるのではなく、心に聞いてみることが大事ね。

そうして、「私を知る」ってことをしていくわけですよ。

カウンセリングとかセミナーでは「しばらく恋愛禁止」ってアイドルに言うみたいな提案することもあるんですよー。

ちょっと恋に目を向けるんじゃなくて、自分に目を向けようねって。
傷つく恋をしてたり、恋に逃げちゃうタイプの人だったり、恋愛することで迷いに入っちゃったりしてる方に提案するんですけどね。

Mさんはそれとはちょっと違うかもしれないけれど、今は自分をちゃんと見てあげる時間が必要かもしれません。

疲れてたり、飽きてたりするならば、一度彼と距離を置いてもいいしね。
それで「あたしって何したいんだろう?」って結婚以外の可能性も見てみるといいですね。

ちなみに、心理学的な見方をすれば

>他に私を大事にしてくれて結婚してくれる人がいるんじゃないかって。

そういう現実を創り出すには何が必要か?
また、そういう現実を信じられるにはどうしたらいいのか?

「私が私を大事にする」

ってことね。

外から求めるんじゃなくて、自分の内側をちゃんと見てあげることが大切かもね。

ああ、最後に真面目なこと、書いちゃった~(笑)

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事