優しかった夫が不倫を機に豹変。私はどう女神になればいいのでしょうか?

優しい人ほど自分の犯した罪に押しつぶされて豹変してしまうもの。
その彼を愛するのか、手放すのか?その愛からの選択が「女神道」ではないでしょうか。

***
こんにちは。
いつもありがとうございます。
根本先生に出会えたことで私は心を守れています。ありがとうございます。

私の夫は約一年前に不倫が発覚しました。私も家族もひどくひどく責めました。土下座して謝るほどでした。
発覚後、二ヶ月ほどは優しかった夫がある日豹変しました、一人旅に何泊も出てたり、「イカれた人生」とゆう文字のタトゥーを彫ったり、銃を持ちサバイバルゲームへ行く日々。
そして別居、拒絶、暴言。。

逃げてばかりでごめんなさいとメールがきたことがありますが…

私は得体の知れない夫の姿に怖くて震えるほどでした。あんなに真面目で優しかった夫。水面下が起こっているのかと疑ったこともありましたが、顔色をみると覇気はありません。

罪悪感を抱え何か代わりの刺激を求めているのか?自分を傷つけることで自分を守っているのか?

私はどう女神になればいいでしょうか。
(Yさん)
***

ちょっと想像してみてくださいね。

目の前にご主人がいると思ってくださいね。
覇気のない顔をしたり、暴言を吐くきつい表情をした旦那さん。
その彼の目をよく見つめてみてください。
その目はあなたになんて語っているでしょうか?
その目の奥には彼の、どんな思いが見えてくるでしょうか?

もし、そこに自分を傷つけるような罪悪感が見えるとしたら、あなたは何て言ってあげたいでしょう?
もし、そこにそこはかとない寂しさや絶望が見えたら、あなたは何て言ってあげたいでしょうか?
もし、そこに深い悲しみが見えたとしたら?
もし、そこに震える少年の姿が見えるとしたら?

今、目に浮かぶ彼に近づき、そして、優しく頭を撫で、頬に触れ、そして、肩や腕をゆっくりとさすってみます。
どんな思いが出てくるでしょうか?

もし、そこで罪人のような彼を見るのであれば、鎖で繋がれた囚人服の彼にこう伝えてみてください。
「そんなに自分を責めなくていいのよ」と。
そして、そっと抱きしめてあげます。

もし、そこに悲しみや寂しさが見えるのであれば、
「私がそれを癒してあげる」と言って、ギュッと抱き締めてあげてください。
まるで迷子になっていた幼い我が子と再会した時のように。

もし、あなたの目に涙が浮かぶのであれば、思い切り涙を流してあげてください。
それは彼が封印した涙でもあるんです。
あなたがそれを流してあげます。

そして、彼が安らかになり、あなたもまた安らかな思いに心が満たされたら、ゆっくりと意識を今いる場所に戻してきましょう。

これは怖れを越えて愛を与えるためのセッションです。

怖れという感情は私たちはネガティブな思考に誘い込み、さらなる怖れを増幅するように仕掛けてきます。
しかし、愛はそれをすべて溶かし、安らかで平和な思いを心にもたらしてくれます。

そっと包み込むように、そっと愛するように。

ちなみにこのようなイメージワークを続けてみるとミラクルが起こることがありますね。
関係改善はもちろん、病気やケガにも効果が出ます。

優しかった旦那さんが豹変して暴言吐きまくる、という話はよく耳にします。
たいていは罪悪感くんが大活躍!という感じですね。
優しい彼に不倫の罪悪感は重すぎたのかもしれないですね。
だから、ある意味豹変して暴言などを吐くのも彼の優しさがもたらしたものなのかもしれません。

でも、本当の優しさって何なのか、考えさせられませんか?

彼は本当に優しかったのか?
ただ我慢し、相手に合わせていただけなのか?
嫌われるのが怖くて、優しい振りをしていただけなのか?

不倫が発覚して土下座して謝って二か月くらい優しい時点で彼がもともと抑圧的・禁欲的な激しい性格であることが伺えるんです。

元々持っている凶暴性のようなものを隠すためのもの。
でも、別に彼が特別ではなくそもそも男性には備わってるものだとも思います。

だってその力を使って狩りに出たり、戦争したり、ビジネスをやったりしてるわけですから。

そんな男性性のネガティブな部分を見せられたら、そりゃあ、怖いですね。
格闘技の試合前の控室の緊張感ってものすごいって聞いたことありませんか?
ほとんどの人が震えあがってしまうような空気だそうです。

彼がその男性性を暴言などで自分や人を傷つけたりする方向に使うのではなく、前向きなエネルギーに用いられたらいいんですけどね。
すっごい人になりますよ。

でも、彼がもし、ずっと自分のそのパワーを抑圧して生きて来た人だとすると、外に解放する術を知らないので、ついついネガティブな方法で解放してしまうのです。
というのも「抑圧」には怒りなどのネガティブなパワーを使いますから。

というわけで、

>罪悪感を抱え何か代わりの刺激を求めているのか?自分を傷つけることで自分を守っているのか?

これは正解だと思います。
罪悪感から自分を傷つけ、自分を傷つけることで自分を守っているんだろうと思います。
もちろん、本人はそんな自覚はないと思います。

中途半端が一番怖いんですね。
旦那さん、怖いでしょう?
どうしていいのか分からないし、不安にもなろうかと思います。

でも、その一方で優しい旦那さんを忘れられずに「早く目を覚まして」とも思うでしょう?
ただ、その優しかった旦那さんはもういないってことも受け入れる必要があります。

本質はそうだったとしても、今、ここにいるのは違う旦那さんです。

「早く前のあなたに戻って!」とか「早く目を覚まして!」というのは、今の彼を否定することになります。
すなわち「過去に生きていること」になるんです。

だから、今の旦那さんを愛する、ということがいわば「女神道」ですね。

で、どうするか?なのです。
その選択権はYさんにあるんです。

その彼を愛するのも、手放すのも自由です。
ただし、中途半端はNGですよね。

それを「決める勇気」が今、求められているのかも知れません。

冒頭のイメージワークは「愛する」を選択した場合のアプローチです。
「手放す」を選ぶ場合には、手放しのアプローチです。
※イメージワークはどこかに書いたと思いますが見つかりません!(涙)

ちなみに、手放すってのは捨てる/見捨てるってことじゃありません。
手放しも愛の行為の一つですから。

女神になる、ということは、怖れからではなく、そういう風に「愛」から行動することを言います。

*参考
妻が関係修復を頑張ると夫は罪悪感にまみれる法則~夫への執着を手放し、信頼する~

夫への執着を手放したら夫への愛情がなくなっちゃった?→真実の愛を学ぶとき。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作