「してほしいことある?」という質問に「大丈夫」と答える男の心理。


Aさんからの質問。


先生とゆっちさんのコラボDVD、メッチャ欲しいです!4月の福岡でのセミナー&カウンセリングまで、耐えれなかったらゲットしようと思います。

先生、私は仕事の呪縛から解き放たれ、自分にご褒美に、昨日は美術館へモネ展を、今日は映画と天神ブラブラを満喫して参りました♪
そして、まだ達成出来てなかったチョコゲット、GODIVAで一人で堪能して参りました。
いろんな感情を感じながら、程よく疲れ、今夜はよく眠れそうです。

一つ質問です。
先日、主人とデートしたんですが、
「今日はバレンタインだし、して欲しいことある?」と聞くと
「大丈夫」
っていうんです。その日は、あと2回大丈夫って言われました。
その場はいい意味で捉えて、デートは楽しかったのですが、後からその意味が気になり出しました。

その後の先生からのメルマガ「夫の浮気は私の潜在意識が望んだことというのは理解できましたが、夫の潜在意識も彼なりに向き合うべき問題なのでしょうか?」
私は私、彼は彼…
が私にとってタイムリーだったので、そのアファメーションを、気がつくとつぶやくようにしています。
こういう言葉に過敏に反応するのも、私の問題ですよね?

ネタとして使って頂き、その意味を教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いしますm(__)m


「大丈夫」の意味。

「気を使ってもらわなくても大丈夫。僕、受け取り下手だから、せっかく何かしてもらっても受け取れないし、それだけの価値はないと思うし、そんな資格もないと思うし申し訳ないと思うから遠慮しとく」

2回目以降の大丈夫は「ほんと、気にしなくて大丈夫だから」という意味に捉えていいと思います。

遠慮、ですよね。
受け取れないってことですよね。

もちろん、「いらん」という拒絶の意味に捉えられるシーンもあると思いますし、そういう意味で言ってることもあると思います。
でも、その場合は「何かしてあげようか?」という言葉が「罪悪感」を刺激しちゃってるわけですね。
俺にはそんな資格はねえ、と思っちゃうわけです。

だからってバレンタインのプレゼントをするかどうかは別。
「私がしたいからしました。何か文句あります?」という姿勢で行ってOKです。

「私は私、彼は彼」のアファメーション。ぜひ続けてください。

>こういう言葉に過敏に反応するのも、私の問題ですよね?

そう、いろいろ夫婦間であったからこそ、反応しちゃうのも分かります!
深読みしちゃうのもしょうがないですよね~
ってことも含めて理解してあげたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事