浮気相手となかなか切れない彼に振り回されています。

なぜ、苦しいのかというと、自分にはどうにもできないことを何とかしようとしてるから。
だから、意識を自分に向けて今できることをやっていきましょう。
そして、ここでも「彼をどう愛するのか?」を学んでいるのです。

超久々のリクエスト特集です(^^)お待たせしました!
***
浮気の後遺症に苦しんでいます。
つきあい始めて1年3か月になる彼がいます。共にバツイチで子供がいます。
実は、彼には私と交際前に付き合っていた女性がいました。既婚子あり女性です。
しかし、私とつきあってからも体の関係が半年前まで続いていました。
彼と彼女の関係をずっと疑っていた私は、彼女のSNSから彼と彼女の関係を知ることとなりました。
関係を知ってからは食事も取れなくなり、急性のうつ状態にまでなりました。
そんな私の状態に彼は嫌気がさし、態度や言動が冷たくなり別れることも考えていると言ってきました。
しかし、彼女の存在が原因で別れるなんて私自身のプライドが許さなかったので、それなら浮気の証拠を突きつけて彼に謝らせてから私から別れを告げようと思いました。
それからは証拠探しのため彼女のSNSを毎日のようにチェックし怪しい内容はすべて保存していました。
しかし、色々考えるうちに彼の本意はなんだろう?と思い始め、彼と話し合いの場を持つことにしました。
しかし、話し合いから2か月経った時、彼が彼女に送ろうとしていた卑猥な内容を誤って私に送ってきたことから関係が続いていることが明らかになりました。
もう1回だけ許して欲しいと言われ交際を続けることに。
別れを告げられ連絡手段を失った彼女は、彼の職場に電話をしてきました。
私は彼に許可を貰い、彼女に職場への電話をやめてくれるよう警告メールを送りました。
すると彼女から電話があり直接話すことになりました。
私の知らなかった情報をたくさん聞かさてしまいました。
いま、彼女から聞いたことで傷つき、苦しんでいます。
彼が彼女に話していた私の容姿のこと、私とのセックスのこと、わたし自身のこと。
「彼は必ず私のところに戻ってくる。毎日不安だろうけどSNSを毎日チェックして過ごせ」と言われました。
それが今でもフラッシュバックとして蘇り、苦しくて、彼を好きだという思いより苦しさが勝り別れたくなっています。
彼を信じているのに不安に苛まれます。
私はこの先どうすればいいのか暗いトンネルに入り込んでしまった気分で前が見えなくなっています。
機会があればネタとして取り上げていただければと思います。
(Aさん)
***

そもそも論としてなぜ、Aさんが苦しいのかというと手の届かないものを何とかしようとしてるからですよね。
彼の気持ち、彼女の行動、どれもAさん自身の及ぶところではありません。
彼が彼女と会うこと、彼女が彼に連絡することは、それぞれ彼らの意志ですよね。

それを何とかしようとするから苦しいんです。

もちろん、それはふつうのこと、というか、誰にでもあることですよね。

好きな人が浮気をしていれば苦しいし、嫉妬もするし、その彼女の態度にむかついたりするし、何とか浮気をやめさせようとしたくなるものです。

でも、そうしていても彼の心は戻りませんし、Aさん自身も、彼女も意地になるばかりで関係性はどんどん硬直化していきます。
つまり、彼も浮気をやめられなくなるし、彼女も彼から離れられなくなるんです。
もちろん、Aさんもこの関係を崩せなくなるんです。

それはまるで「サウナに入っていて、こいつより先に絶対出ないって決めてるんだけど、お互いにそう思っているらしく、そろそろ限界に達してるんだけど、意地もあるし、プライドもあるし、負けてたまるか、と頑張ってるところ」みたいな状態になります。

この例え、分かります?おっさんには100%分かっていただけると思うんですが。

こういう時は、相手を変えようとしても意味がないので(会いに行っても、話し合いをしても変わらないでしょう?)、自分を見つめるしかない、と思ってください。
「相手は変えられない、変えられるのは自分自身だけ」です。

そこで、第一の問い。
Q.私は彼のことが好きなのだろうか?今も、そういう彼のことが好きなのだろうか?
もし、好きだとしたら、彼のどんなところが好きなのだろうか?

これについて自分の心と正直に向き合う必要があります。
意地やプライドはゲーム上は楽しい要素をもたらしてくれますが、人生においては厄介なお荷物になるものです。
好きじゃないものを好きって言い張るのも辛いですよね。

というのも、Aさんのような状況になると「もう好きじゃないんだけど、自分から別れるのは負けたような気がして嫌だ」と頑張ってる人が多いんですね。
そんな中で「あれ?もう好きじゃないな、そういえば」と気付いた瞬間に楽になる方も多いんです。
「好きだという思い込み」に注意なのです。

さて、その上で第二問。
Q.今の私の姿を見て、彼は私を好きになってくれるんだろうか?

これはとても大切な見方。ついついこういう状況では自分の中に入ってしまって周りが見えなくなります。
そうすると知らないうちに「自分の評価をガンガン下げていること」がよく起こりやすいんです。
今、どんな目で彼を見てるでしょう?
その目を見て彼はどう思うでしょう?

愛情を込めた目で、優しく、慈愛深い目で、またいとおしいものを見つめる目で、彼を見られているでしょうか?

彼女の言葉で傷つくということは、Aさんは自分自身に対して、特に女性として自信が持てないところがあるのでしょうか?
そうすると、女としての自分を見つめなおすいいチャンスだと思います。
これもまた自分自身に対する意識づけです。

また、「正しさを手放す」ということはとても大切なことです。
彼と彼女を別れさせようとするのはまさに「彼は私のものよ」という所有物扱いしている証なんですね。
浮気は良くない!って正しさを主張すると、それが正しければ正しいほど「間違っていることをしている人たちの団結を高める効果」があるんです!!ヤバいでしょ?それ。

だから、今起きていることを必然だと捉え、自分が望んでいることと感じ、そして、正しさを手放していくことをいつも提案しています。
これが超難しいんですけどね。でも、少しずつでもできるようになっていくと、すごく肩の荷が下りて楽になり、自由になっていきます。

前の離婚のダメージってAさんはどれくらい残っているでしょうか?
男性不信とか、男性嫌悪などの痛みはもうありませんか?
もし、心当たりがあるならば、その辺も大切なポイントになりますね。

そうして、「愛すること」を学んでいきます。
Aさんはとても情熱的かつ、今世は恋に生きることを宣言されてるみたいなので、常に「愛しにくい人」がAさんの前には現れます。

「こんな僕でも愛してくれるの?」って彼は問いかけてくるわけです。
逆に言えば、「ふつうに私だけを見てくれて、優しく抱きしめてくれる、私の話を全部受け止めてくれるような穏やかなジェントルマン」では退屈しちゃうのかもしれません。

「刺激をくれぇーー!!我に、刺激をぉ!!!!」という叫びが常にあるのかもしれませんね~。否定できんでしょ?(笑)

好きならば好き、で「惚れたんだからしょうがないよな、あたしはこんな男が好きなんだから」って白旗降りましょう。
競争を降りる、争いを手放す、負けを認める、という「自立を手放す」プロセスです。

彼を愛するために何ができるのか?を考えましょう。
そもそも「愛するって何だろう?」そのものがいいテーマです。

そのためには、Q1、Q2あたりから、じっくりと取り組んでみてくださいね。
そして、必要ならばセミナー(問題解決セミナーなど)をご利用くださいませ。

男と女の心理学
○根本のセミナー情報
○根本のカウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作