Re:いじけて素直じゃない彼にはどう接したらいいのか?>「もっと自信を持って~」にどきっとしました。


元ネタはこちら:いじけて素直じゃない彼にはどう接したらいいのか?

***
 以前「いじけて~」でネタを提供させていただいた者です。根本さんの「もっと自信を持って~」にどきっとしました。
というのも、私は自信がなく、意識的に美容や服装に気を使ったり、気を許すのに時間がかかる人見知りなのを隠し社交的に振る舞ったりする癖があります。
非常に気難しい、悩み事を1人で考え込みすぎて突飛な結論に着地してしまう感情溜め込みタイプの父を持ち、若い頃の母が泣くのを見ていい子でいなければならない、と思っていました。
今でも父は長期休みの前後で考え込みすぎて機嫌が悪くなり、ご飯を一切食べず不機嫌オーラ全開になります。

また弟が生まれた時から長期入院を繰り返し、思春期終わるまで学校での人間関係で揉めて母が悩んでいたのを見ており、私がさらに母の負担になってはならないと思ってきました。
母の関心を引きたくて反抗期で習い事をサボって烈火のごとく怒られたり、今でも両親と私の関係は決して良好とは言えません。薄々気づいていたのですが、ブログを読み進め確信に至った次第です。

中学3年で身体的な特徴に関する陰口を言われ、悪口の手紙(母が郵便物で発見し私は読んでませんが)の件から半年間不登校に。人間不信は高校3年間かけて和らぎましたが自信がありません。美容や外見に気を使ってるから「普通」であると思っていて、母が「外見ばかりに気を使っている。内面を磨かないと!結婚したら困るわよ!」との言葉にモヤモヤしたり…。三姉妹の末女の母の様に要領よく家庭内で立ち回れない長女の私に母はイライラしてしまうのでしょうと思ってしまうことも。

モテていても実感もなく。今の彼氏(記事の時の彼氏です)には初めていじめの過去を言うことができ、心が軽くなりました。いつも「Aは可愛い。美人じゃん。」と会うたびに褒めてくれる彼の言葉をようやく最近は照れながらも受け入れられるようになりました。彼に甘えてる部分かなと。最近素直に受け入れられる様になったら好転反応なのか、彼も前にも増して愛情表現が豊かになった様な気がします。
自信を持って自分らしく、というのは難しいと感じています。でも、きっとこれが私が私を取り戻すきっかけとして与えられたチャンスなのかなと思うので少しずつ前に進んでいきたいと思います。まだ何も変われていませんが、根本さんに記事にして頂いて良かったです。お忙しい中ありがとうございました。
(Aさん)
***

だいぶ家族に対して気を使って来ていて、それが原型になってるのかもしれませんね。
今は人間関係で揉めることはほとんどないんじゃないでしょうか。
どこに行ってもちゃんと振舞える、誰からも好かれるうえに、信頼される女性になってるかと思います。
だから、彼をリードしなきゃいけなくなったり(そういう彼を選んだり)するんですよね。

彼の言葉を素直に受け取れるようになったこと、素晴らしいです(^^)
お父さんに甘えられなかった分、彼に甘えて見てはどうでしょうか?
まだまだ甘える余地はあると思いますよ。
そうすると、子ども時代に甘えられなかったAさんの気持ちが癒されていきます。
(今もだいぶ彼に救われていますよね)

せっかく子ども時代のことを書いてくださったので少し宿題を出しましょう。
(僕の言う「少し」に騙されませんように!(笑))

1.子どもの頃、両親に言いたい/分かって欲しいけれど我慢したことは何でしょう?(100個以上)
2.理想のお母さん、お父さん像は?(それぞれ要素を50個ずつリストアップ)
3.週に1回、4、5回でいいので「子どもの頃の私」宛の手紙を書いてもらえませんか?今の私から当時の私へ伝えたいことをお手紙にします。子どもが読むので全部ひらがなで書いてくださいね。

そんな風にうちなる自分と向き合っていくと、少し肩の力抜けるかもしれませんし、今の彼との関係も好転しやすくなります。
気軽に、気長に取り組んでいただけたら幸いです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事