恋愛閾値が高い私の婚活事情。


自分を抑えて苦手なパーティやメールに取り組むのは逆効果。
まずは「自分らしさ」に立ち返ってみること。
そうすると「この人だけはふしぎと大丈夫」という出会いがやってきます。

***
いつも愛のあるメッセージを届けて下さり、ありがとうございます。
今日は思いきって、20代からの悩みをリクエストとして、送らせて頂きたいと思います。

失恋をきっかけに根本さんのブログに出会い、それ以来ずっとお世話になっております。
元彼は同じ職場の後輩で、結婚も考えてお付き合いしていたので、失恋のショックは大きく、悲しみと後悔に暮れておりましたが、根本さんのブログの助けもあり、最近は少しだけ、自分を許せるようになりました。未練は全くないとはいえませんが・・・。

まわりの友達はほとんどが結婚をし、わたしも32歳なので、そろそろ幸せな家庭を築きたいという願望があります。新しい出会いにも目を向け、いい人と巡り会えればと思っています。
ですが、どちらかというと、元々、恋愛には消極的で、婚活パーティーみたいなものは苦手で全く気が乗りません。
友人の紹介や少人数での飲み会ならばと思い、勇気を振り絞り出てはみますが、ビビッと来る人はいなく、いつも、いい人止まりです。自分は恋愛感情を持つ閾値が高いのかなーと感じます。

そして、一番問題なのが、
そういう場で出会った人から食事に誘われたり、メールでのやり取りをしたりするのが、とても気が重いということです。悪い人ではないし、自分に興味を持って誘ってくれてるんだからと、一度は誘いをOKするものの、徐々に疲れてしまい耐えられなくなってしまいます。そして、後から罪悪感と「このままでは一生幸せにはなれない」という不安感に襲われ、哀しくなってしまいます。

職場の仲間など、付き合いが長かったり、元々、恋愛とは別のところで出会った人達とは気を使わず、楽しく飲み会をしたり、メールのやり取りをしたりできます。元彼とも最初は先輩後輩の関係でしたので、あまり抵抗なくお付き合いできたような気がします。

どうしていつも同じパターンになってしまうのか?
抵抗があっても少しお付き合いしてみるべきなのか?
なにかアドバイス頂ければ幸いです。

こんなわたしでも素敵な人に巡り会える術はあるのでしょうか??
(Yさん)
****

気を使うのをやめるといいですよ(^^)
自分が感じていることに素直に、正直に生きるといいですよ。
誰かの真似をしたり、一般常識に自分を当てはめたり、マニュアル通りにしようとしたり、頭で考えたりして行動しない方がいいですよ。

「自分らしいやり方」て苦手じゃありませんか?

>まわりの友達はほとんどが結婚をし、わたしも32歳なので、そろそろ幸せな家庭を築きたいという願望があります。

そう、この気持ちが焦りを作ったり、行動を起こさせようとしたり、自分に厳しくなったりする原因なのかなあ、と思います。

もちろん、32歳で、周りが結婚して、失恋のショックも和らいできたとしたら、そろそろ・・・と思うのも無理はないでしょう。
出産ということを考えればなおさら焦りも湧いてくるかもしれません。

ただ、それで無理して自分を殺して行動したとして、「この人だ!」って人に巡り合える確率ってどれくらいだと思います?
なかなか難しいと思っちゃうんですよね~。

だって、その時点で自分らしくないんだもの。
そうすると相手はYさんの魅力に出会えていないし、Yさんも相手の魅力がちゃんと見えなくなると思うんですよね。

>恋愛には消極的で、婚活パーティーみたいなものは苦手で全く気が乗りません。

これが私、と思って下さい。
お節介な友達が「そんなんじゃ恋愛も結婚もできないよ!」ってアドバイスしてくれたとしても、自分でそう思ったとしても、「これが私」と思って下さい。

パーティが苦手な人がパーティに行ってうまく行く確率ってものすごく低いです。
だって、巨人ファンなのに甲子園のライトスタンドで黄色いメガホン振って阪神の応援するのってものすごく苦痛だし、楽しくないでしょう?(この例えは変ですか?(笑))

ほんとうはお肉なんて好きじゃないのに「ここの焼肉屋、ほんと絶品だから、めっちゃうまいから」て言われて一緒に行っても楽しめないでしょ?「そりゃ、確かに美味しいかもしれないけど、そもそもお肉好きじゃないし・・・」って。

>自分は恋愛感情を持つ閾値が高いのかなーと感じます。

(再)これが私、と思って下さい。
閾値が高い自分はダメだと思っていませんか?
全然関係ないんですよ。
むしろ、あたしはガードが堅い、とか、選りすぐりの逸品にしか興味を示さないお目の高い女子、と思っておいてください。

(再)お節介な友達が「そんなんじゃ恋愛も結婚もできないよ!」ってアドバイスしてくれたとしても、自分でそう思ったとしても、「これが私」と思って下さい。

閾値が高くてもちゃんと出会える人はいます。

私、だいぶ前ですけど「○○さんに合う日本人って日本に80人くらいやで。関東には40人くらいしかいないと思うで」って冗談半分で言ったんです。
それくらい超情熱の女、かつ、こだわりが強かったんです。「外国人の方が合うんじゃない?」って言ったら「みんなにそう言われる!でも私は日本人がいい!」という人でした。
そしたら、その翌月、「根本さん。40人のうちの1人、見つけましたよ。しかも隣の市にいましたよ」と報告してくれた方がいました。

もし、Yさんが閾値が高いことを気にして、もっと窓口を開こうとすると、おそらく、いい人だけど興味が持てない人が増え続けるだけです。

ダメなもんはダメ、で自分に正直に、素直にいることなんです。

>メールでのやり取りをしたりするのが、とても気が重いということです。

(再々)これが私、と思って下さい。
(再々)お節介な友達が「そんなんじゃ恋愛も結婚もできないよ!」ってアドバイスしてくれたとしても、自分でそう思ったとしても、「これが私」と思って下さい。

あるクライアントさん。婚活をめっちゃ頑張っていて全然うまくいかなくて、絶賛婚活疲れ中だったんですね。
そもそも彼女、メールのやり取りが苦手で、人見知りで初対面の人とはうまく話せず、そもそも論として男性不信があったんです。
(それでつい「よく婚活2年も頑張ったねえ」って言ってしまいました(笑))
もう数十人も会い続けたでしょうか。
それで、私の提案はごくごくシンプルなもの。

「嫌なものは嫌ってはっきり言う」

それで彼女、パーティも行かず、婚活サイトも辞め、友達からの飲み会も遠慮するようになり、出逢いのチャンスをなくしてしまいました。
私も「疲れてるしね、少し休みましょう」って言いましたし。

そしたら、その数週間後、ずっとスルーしていた婚活サイトのメールの中でなぜかこの人は大丈夫そうって人が現れました。
メールのやり取りも苦痛どころかむしろ楽しめました。
会って食事に行っても全然疲れず、笑って楽しんでる自分がいました。

「この人は大丈夫」と感じたできごとでした。

で、とんとん拍子に話が進み、次にお会いした時には結婚が決まっていました。

Yさんにとっても「この人はなぜかふしぎと大丈夫」という人が必ずいます。

ま、今日はこれ(↑)を言いたいだけなんですけどね(笑)

職場などの「友人」的な関係からスタートするのがYさんらしいのであれば、それでいいんです。

美味しそうな後輩は今の部署にはいないんでしょうか?(笑)

「自分らしさ」にこだわってみてください。
それが一番うまく行くんです。

「自分らしく振舞っていれば、きっとそのうち出会うはず。だから、それまでは自分の好きなことをして、楽しんでおけばいいわな」

なんて風に思っておいてくださいね。

あと蛇足かもしれませんが、大丈夫と思っている過去の失恋が、次の恋を邪魔してることも少なくありません。(ご存知かと思いますが)
だから、元彼のことがやっぱり気になるなあ・・・という場合は、一度ちゃんと向き合う時間を持ってみてもいいかもしれませんね。

男と女の心理学
○根本のセミナー情報
○根本のカウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事