(9/14新刊発売!)「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」担当編集者からのメッセージ



東京で行われた新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)の記念講演会には、担当編集者の淡路さんがとても多忙な中、駆け付けてくださいました。
なかなか聞けない作る側(編集者)の思いを聞くことってないと思うので皆さんにもシェアしたいと思います。


(根本)今回の本の編集で苦労したところは?

そうですね。実はけっこう色々あるんですけど(笑)
感想を事前に頂いた人も書いて下さってたのですが、この本は根本さんの集大成というか、ほんとにすべてをつぎ込んだと言いますか、それを7日間に集約した本なんですね。
分量的にも各章25ページでお願いします、というところが、実際はそれぞれ35ページとか、4日目とかは40ページとか(笑)書いてくださって、それを7日間に読みやすく、しかも、熱量を失わずに纏めるということが苦労したところですね。
あとは読んでて自分もこう泣きそうになる、というか。質問形式で小見出しを付けているときに、やっぱり自分も考えちゃってなかなか進まないということがよくありました。過去のこととか、お母さんのこと考えたりして。でも、それはいい意味で読者目線で進められたと言えますね。

(根本)皆さんにひとこと。

そうですね。この本、作る前にもちょっとコミックエッセイで過労をテーマにしたものを作ってたんですね。今、過労というのも話題になっていますが、そういう人を取材していて敏感すぎる人とか傷つきやすい人が多いなと感じていたんです。
そういうときに根本さんと出会って、そういう人のために本を書いていただけませんか、という話になったんです。
それで根本さんの本を編集していても思ったことなのですが、やっぱりここ(講演会)に来ている方もそうなんだと思うんですけど、やっぱり人間らしいというか、すごく優しい人が、周りの人のことを気遣ったり、気にし過ぎてついつい自分を追い込んでしまい、で、そういう人たちが辛い思いをしてるって、そういう社会って何とかできないのかなって、なんかこう、自分でもうまく説明できないような気持ちになっていたんです。
その時に根本さんがうまく、ちゃんとした熱量を持ってこの本を書いてくれたので、ほんとに僕もこの本を7日間にできたのは奇跡ぐらいに思ってて、でも、ちゃんと7日間で完結しているっていうのは、自分で言うのもなんですけど、本にできてほんとうによかったと思っているのです。
だから、やはり多くの人に手に取っていただきたいと思っているので、ぜひ、読んでいただいて、なんか、感想とかをぜひツイッターとかに書いていただければ、あとアマゾンのレビューとかも書いていただくと、それでまた誰かの目に留まって、この本を手に取って気持ちが楽になる人が増えるんじゃないかな、と思っています。
どうか皆さん、ぜひとよろしくお願いします。

◎その淡路さんが編集してくださった本を買う(↓)amazonにリンクしています。
“>

◎プロローグ全文を読む。(無料公開中)
http://nemotohiroyuki.jp/newbook/20875

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事