(報告)1日5個自分を褒めていたら・・・こんな変化がありました(^^)


先日ワークショップを受けて下さったRさんから嬉しいメールを頂きました。
ご紹介させて頂こうと思います。

*****
さて、今日は講座の『1ヶ月で内側からきらきら輝く自分になる、魅力アップの方法』の効果を実感してきたので、そのご報告です!

今は講座の前から『1日5個自分を褒める』を続けて、はじめは、こんな程度のことを褒めても…なんて思いながらやっておりましたが、まず初めに実感したのは、そのおかげで周りの人を褒める材料を発見できるようになったことです!これが自分にとって大きいことで、つい競争してしまう私は以前人の非難ばっかり(うちの家族はみんなでそんな感じだったので、人を褒める事なんて出来ませんでした)だったのですが、本当に小さい事を自分で褒めていくうちに、これって当たり前じゃないんだな~と人に感謝できるようになったし、貴方のそういうところ、素敵だと思うとか好きだな~と認められるようになって、心が穏やかになりました。優しくなれた実感と、いつも与えられないことに不満を言っていたのが、逆に人に与える喜びを知ったのは本当に大きいことだと思います。


先日、車両故障で復旧見通しが立たないと、駅で足留めとなった事がありました。近くでは駅員さんに沢山の人がどうなってるんだと詰め寄っています。普段だとイライラ、あ~なんてついてないんだと文句ばっかり言ってそうですが、私は防寒対策バッチリ!さっきまで友達とさんざん飲み食いしたお陰で体力もある!トランクゴロゴロ押してたのは座って待つためか~♪と今あるものに感謝。
むしろ「寒いから温かい格好でおいで」と言ってくれた友達とか、心配して自分に代わって情報を集めてくれる友達に、1時間位の遅れで復旧したJRの皆さんに、普段時間通りに動く電車や職員の皆さんに感謝感謝の時間となりました!この変化には自分でもビックリ。
その後も人に気が付いたら価値を伝えたり、私にとっては当たり前じゃないんですよ、ありがとうなんて伝えていたり、以前では考えられなかったことです。

人に対し、いいところを伝えることで逆にその人たちとの親密感が増したり、逆に感謝されたり喜んでもらえると、もっと与えたくなってと良い相乗効果で、こんなに人と関わるのが心地いいと感じたのは初めてです。いつも攻撃されるような気がしていたのが嘘のようです。

人から感謝されたり、大事に思う分大事にされているような感覚があると、自分への自信にも繋がってきているようです。これまで何をするのも怖くて自分では出来るはずがないとしか思っていなかったのも、少しずつ前に進めているような気がします。

今までは怖い怖いと1人でなんとかしなきゃと人を避けておりましたが、これからは人と関わって、少しづつでも解決の方向に進んでいきたいなと思います!

今後は課題のハードルをちょっと上げ、グループカウンセリングでアドバイス頂いた内容を考えていきます。でも根本さんのブログは、何でこんなに私にいつもぴったりな内容をくれるんだといつも驚きつつ、感謝して読ませて頂いています。早くかごの鳥を卒業して、癒着を解消したいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします!
(Rさん)
*****

素晴らしいですね。
なんせ、何もコメントしようがないのが素晴らしいですね~!(苦笑)

Rさんのメールで私も気付きました。
「人に対する見方が変わる」ということ。
そう!そうなんですよね!!

自分を褒めることを始めると、それが癖になればなるほど、人のいいところが見えるようになり、人を褒められるようになります。
これも「投影」なんですね。

自分を褒める目線ができる→その目線を人に投影する→だから人が褒められるようになる。

そして、車両故障のできごとはまさにそんな変化を感じさせてくれるギフトでしたね。

きっと心に余裕があるときはゴロゴロ引きずってたトランクも「椅子替わり」になりますが、余裕がないときは「しんどい思いしてるのに!」と恨み節になります。

感謝って、心に余裕をもたらしてくれるものでもあるんですよね。

いや、ほんと素晴らしい体験をシェアしてくださってありがとうございます(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事