遠い人には優しい人、近い人には冷たい人。


友達の時には優しくていい人。
でも、恋人になってからは冷たい人。

そんな人に出会ったことありませんか?

恋人になってからも、友達のことは大事にして、友達の前では笑顔で前向きなキャラ。
でも、2人っきりになると無愛想になって、きついことを平気で言う人。

そういう人の話を聞くと、私はその人にこんな印象を抱くのです。


「きっと彼は寂しい人。孤独で人に嫌われるのが怖い人。
それだけの思いをしてきたのかな?
裏切られたり、見捨てられたりしてきたのかな?
だから、人がなかなか信じられない。
外に向けてる笑顔は仮面の笑顔で、あなたの前で見せる顔が素顔だと思う。
自分自身に厳しく、冷たいから、近い距離のあなたに厳しく、冷たく当たる。
でも、一方で甘えたい気持ちも強いんだと思う。
あなたの前で失礼な態度を取るのも「こんな僕でも愛してくれる?」というテストのようなもの。すなわち、甘え。
更にもう一層あって、それはかつて自分を傷つけた家族への復讐心。
近い距離だとついそれまで溜め込んでいた恨み辛みが出てしまう。

でも、大事なことをもう一つ。
そういう人を好きになるってことは、あなたはとても助けたい人だよね。
愛されたい、という思いもあるけど、いっぱい愛したい人だよね。
そうじゃなかったらもうとっくにその彼の元を去ってると思うから。
そんな自分の愛の強さに自信を持ってね。

そして、彼もあなたの前でそれを出せる、ということは、この人だったら助けてくれるって信頼があるんだよ。
じゃなかったら怖がりの彼がそこまで気を許さないから。
どれも無意識的な世界だから『そんなつもりはなかったのに~』と思うかもしれないけれど(笑)」

つまり、近い人に冷たくする彼にはこんな心理があるんです。

1.自分にも厳しいから、距離が近い人にも厳しい。
2.自分の嫌な部分を出して愛してもらおうという甘え。
3.かつて自分を傷つけた身近な人への復讐。

ただし、彼がそういう自分を出すには条件があって

A.とても愛が深い人
B.この人なら自分を受け止めてくれる、助けてくれると信頼できる人

と彼が感じたときに、冷たくできるんです。

「そういう意味では冷たくされるのって“勲章”だと思わない???」

と聞いて、「ええ、そんな勲章、嬉しくな~い!」という反応をされるわけですが。

自立的な男性はもちろんですが、女性も同じです。

距離が離れてるときにはとても優しく、面倒見がいい人が、距離が近くなったら「それくらい自分で考えてやって」と冷たく言い放たれたり。

外からはそうは見えなくても、人って基本「自分に対してしているように、身近な人に振舞う」ですから。

こういう話をすると「うちの上司、人に厳しく、自分に甘いんですけど」という例が必ず思い付くと思います。

その場合、「本当は自分自身にも超厳しいんだけど、それを見せないんじゃないの?」というケースもありますし、もう一つ、「自立してないんじゃないの?依存的なだけじゃない?」というケースもあります。

表面的な態度だけでは本質は見えないものですね。
だから心って面白いんですよね。

毎日使える心理学講座
男と女の心理学

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事