苦しいのは本気だから。


もし、あなたが今問題を抱えていて、とても苦しい思いをしているとしたら、それを何とかしたいと思う一方で、気付いて頂きたい大切なことがあります。
それは「本気だから苦しい」ということ。

仕事が大切だから、本気で関わりたいから、うまく行かない時に苦しみになります。

家族を養うために、働かなければいけない、とすれば、家族を楽にしたり、幸せにしたい、責任を取りたいから、苦しいのです。
もし、自分が働かなくても食べていけるとしたら、もっと楽な仕事に変わるか、仕事をしないかのどちらかになるでしょう。


生活のために仕事をしなければいけない、とすれば、今の生活を大切にしたい、今の生活レベルが楽しいから、好きだから、苦しいのです。

パートナーシップも同じ。
パートナーシップが大切だったり、その人のことが好きだから、苦しいんです。

健康上の問題を抱えて絶望される方もいらっしゃいます。
重大な病気が分かったり、慢性的な症状に苦しまれるのも、本当は自分のこと、命が大切で、自分の家族や仲間が大切だから苦しいんです。

もし、あなたが今苦しいとすれば、それは大切な何かがかかっているから。

そして、苦しいということは、確実に今、自分が磨かれています。
強烈な研磨剤で自分を磨いているのです。

先日、約半年ぶりにお会いした方の雰囲気がすっかり変わっていてびっくりしました。
とても大人っぽくなっているし、美しくなっているし、シュッとした洗練された雰囲気も纏われていました。

そのことを指摘すると「???」って感じ。

「この数か月、本当に仕事が大変だったんです。数字を出さなければいけない部署に異動になり、残業も休日出勤も今まで経験したことないくらい大変で、本当にしんどかったです。」

そう、“強化月間”だったんですね。(月ではなく、“年間”かもしれませんが)
ただ苦しいだけでなく、確実に磨かれ、成長しているのです。

本気だから、そこまで苦しむことができるのです。

それは確実に、身となり、血となり、経験となります。
そして、後ろを振り返った時、以前とは違う景色が見えるはず。

だから、苦しいことは決して無駄なことではありません。
あなたは今、確実に成長しているのです。

毎日使える心理学講座

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事