(続)その人の本当の顔を見てみたいと思いませんか?


昨日、自分の本当の顔は誰かのために隠して生きてしまう、というお話をさせていただきました。今日はその続きです。

その人の本当の顔を意識して見始めると、その人との距離が取りやすくなります。

今まで怒りっぽいと思って敬遠していた人の中に、恥ずかしがり屋の少年を見たとしたら、「なーんだ、なんかかわいいとすら思える」なんて体験をすることもできます。


逆に、とても人懐っこいと思ってた人の中に、強い攻撃性を見出すこともあります。一瞬引いてしまいそうになりますが、さらに良く見ると、その攻撃性のさらに奥には、その攻撃性によって守られた傷ついた少女の姿が見えることもあります。
そうすると、その人懐っこい笑顔が、さらに尊敬すべきものに見えてくることもあります。

でも、一般的に人はそこまで内面を見てくれません。
だから、怒りっぽい人は怒りっぽい人なりに自分のことを分析し、「だから、こんな自分はダメなんだ」と思い、人懐っこい笑顔を振りまいている人は「本当の自分を理解してくれる人はいない」などと思い込んでいます。

それは無理ないことなんですけどね。

怒りっぽい人に対して人は距離を取ります。
人懐っこい人に対して人は気軽に距離を縮めてきます。

でも、それは彼らの本質からすると本意ではないのです。

そんな思いは少なからず皆さんがされているのでは?

そうした彼らの本質を見ることができれば、その表面上の怒りや人懐っこさに振り回されることはありません。

そうすると、その人にとってもあなたは安心して付き合える人になります。
あなたには恥ずかしがり屋の一面を見せてくるかもしれないし、自分の痛みについて語ってくれるかもしれません。

これ、対人関係でとても大切なことだと思いませんか?
仕事でも恋愛でも、その人の表面的な態度に惑わされないことってとても有効だと思うんです。

「きっとこの人の内面には、今、見せている顔とは違う顔があるんだろうな」

そんな風に人を意識し始めると、皆さんの世界もぐっと広がるのではないでしょうか。

心理学ミニ講座

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事