本当にそれがしたいの?


カウンセリングには流れ(トレンド)があります。
最近、よくこんな話をしているなあ、聞くなあ、ということがあるんです。
私はその流れを感じて、こうして記事にしたり、セミナーをしたりしています。

まさに「アイデアは人が持ってくる!」です(笑)

さて、そんな最近のトレンドはタイトルの通り「本当にそれがしたいの?」ということ。

婚活中の女性
就活中の学生
転職活動のビジネスマン
子育て中の主婦
勤続10年を越えるOL

ジャンル、テーマはそれぞれ違います。
でも、同じことを聞いています。

本当に結婚したい?
本当に就職したい?
本当に転職したい?
本当に主婦をしていたい?
本当に今の仕事をしたい?

ちょっと耳の痛い質問だな、と思った方は、もう気付いていらっしゃるのでしょう。あとは勇気ですよね!

その質問に返事を窮してしまうとしたら、おそらく心はもう気付いていますよね。
「本当はしたくないのに、している」あるいは「しようとしている」。

だから、モチベーションが上がらないし、うまく行きません。


したくないのにする理由って至ってシンプルです。
自己評価がとても低くて、自分ではない誰かの目を気にしているんです。

いい年齢なんだから、みんなもしてるから、そういう時期だから、大人なんだから、仕事はしなきゃいけないから、主婦なんだからちゃんと家のことをすべきだから、自分にはこの仕事しかないから・・・。

要するに自分のためではなく、世間体や周りの人の目を気にしちゃうんです。
それは自己評価がとても低いから。

だから、当てはまるなあ、と思った方は、一様に、もっと自分のことを高く評価してあげてもいい、と思い込んでください。

今の時代、というか、日本、なのかもしれませんが、したいことをする、というのは難しい環境にあるのかもしれません。
「空気読めよ」という言葉があるように、人間関係でも、なんでも「察する」ことや、場の空気を読むことが求められています。

今までしていなかった人が、したいことをすると、ほぼ確実に周りから“浮きます”。
批判、否定、中傷なども受けるかもしれません。

特に“嫉妬”、怖くありません??
しかも、家族やパートナー、親しい友達など、身近な人に嫉妬されることもあります。

でも、したいことする、というのは、そうした人のためでもあるんです。

したいことをする→自分が嬉しい、元気になる→周りを喜ばせ、元気にさせてあげられる
からです。

「誰かのために結婚すると、自分のために離婚する」という傾向にあります。
年齢を気にして、相手のことを気にして、親や社会の目を気にして結婚すると、自分自身のために離婚したくなるんです。

同じく「誰かのために就職すると、自分のために退職する」とも言えます。
ストレスで倒れてしまうかもしれません。

こういう話をすると、必ず「したいことが分からない」という展開になります。
むしろ、「したいことが分からない」から「誰かの目を気にしてする」のかもしれませんね。

そもそも自分がない、というアイデンティティの喪失って問題に行き着くことも少なくありません。

そういうときってきっと自分とのコミュニケーションが取れていないときだと思います。

9歳になるうちの娘に休みの日、「今日、何がしたい?」って聞くと、「公園行きたい!」「自転車乗りたい!」「動物園行きたい」「USJ行きたい」「回転寿司行きたい!」等々たくさん言ってきます。ニコニコしながら。

子供時代ってきっとしたいことがたくさんあったんですね。
だから、心って本来、そんな欲求がいっぱいあるものだと思うのです。

だから、自分とちゃんと対話ができるようになると、自然と欲しいものも分かってきます。

今、何が飲みたい?
今日のお昼(晩)は何が食べたい?
今度の休日何がしたい?
今度の連休、どこに行きたい?
もし1か月休みが取れたら何をしたい?
もし1億円もらったら何をしたい?

すぐに答えが返って来なくてもいいんですね。しばらく問いかけてあげてください。
そして、できるだけ、その答えを叶えてあげてください。←これ重要だと思います。

実はうちの娘。数年前ならば「今日、何がしたい?」って聞いたら「沖縄行きたい!」「海に行きたい!」って言ってたと思います。
「1日で沖縄行くのは無理だよ」「今、寒いよ。海には入れないよ」とついつい私たち親が拒否してしまったんですね。当たり前のことですが、それから学んだんだろうと思います。「沖縄には1日では行けないのかあ」って。

・・・。

「沖縄には行けないけど、沖縄みたいなところに行こうって大正区に連れて行ってあげたら良かったなあ」って書きながらちょっと罪悪感を感じてしまいました(笑)

やっぱり聞いた以上は出来る限りかなえてあげないとね。

だから、「何が食べたい?」って聞いて「回ってない寿司!」って答えが心から帰ってきたら、今日は頑張ってください!(笑)

そうして、欲しいものを聞き、それを叶えてあげると、それが学習されていきます。

欲しいものを言っても、したいことを言っても、否定されずに叶えられるんだ!って。
そしたら、心はどんどんわくわくする答えを送って来てくれます。

そうして自分の欲求に耳を傾け、叶えて行ってあげると、本当にしたいことが見つかってきます。
ワクワクが止まらず、今すぐにでも動き出したくなるようなことが。

本当にしたいことが分からない方、まずは心との対話から始めましょう。

とはいえ、そんな話をいっぱい聞いてる私が本当にしたいことをする必要があるんだと思います。
自分自身にきちんと反映させたいと思います。
ということで、したいことをする! → 呑みに行ってきます!!(笑)

心理学ミニ講座

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事