「愛情をもっと受け取りたいとき」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

自分自身が十分に愛される価値があることを知りましょう。

今のままでも、そのままで、愛される価値があることを、受け入れましょう。

それでも足りない方、自信がない方は、もしかすると誰かに愛を与えていないのかもしれません。


欲しい欲しいお化けになってしまっていませんか?

義務や犠牲や我慢ばかりしていませんか?

私達は誰かに与えた分だけ、受け取ることができます。

あなたが誰かに愛情を与えた分だけ、愛情を受け取ることができるのです。

もし、愛情をもっと受け取りたいと思ったら、与えてくれる人がいるのに受け取れないと思ったら、勇気を出して、誰か、あるいは、その人を愛してあげましょう。

愛するとは、あなたが頭の中で考えることではありません。

その人の本当の幸せを願い、祈り、そして、その人の笑顔をただただ思い続けてあげることです。

そして、その人を心から喜ばせてあげること。または、それをしてあげたいと思う気持ちを持つことです。

そのときあなたは、方法論という考え方から抜け出して、ただただ愛を感じ、与えられる、そんな無垢な自分に気づけるはずです。

そして、そのときあなたは相手の愛情を心置きなく全身で受け取ることができるようになるでしょう。

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事