「自分をもっと愛したいとき」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

「自分」を「他人」のように、できれば大切な「友人」のように扱ってあげる、というのはいかがでしょう?

友達が喜ぶことはあなたの喜びになるように、もし、自分を友達のように扱えたとしたら、あなたはもっと自分のことを大切にし、愛することができるでしょう。


たとえば、今日、こんなことをイメージしてみてください。

あなたの古い親友と久々の邂逅を果たすと思ってください。
どんな風にもてなしてあげたいと思いますか?
また、もし、ちょっとしたプレゼント、それは相手が気を使わない程度の贈り物をするとしたら、どんなものをあげたいと思います?

ネタが丸分かりな分、エゴが様々な罠を仕掛けてくると思いますが、できるだけ真剣に、かつ、遊び心を持ってチャレンジしてみてください。

そして、そこでしてあげたいことを、自分に対して与えてあげるんです。
そこで躊躇してはいけません。
自作自演なんだけれど、それこそが、すごく大切なことなんですから、ね。

たまには自分を責めることをちょっと辞めて、自分にいい思いをさせてあげません?

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事