「過去のしがらみから抜け出したいとき」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

トラウマになるくらいに痛い思いをしたり、罪悪感や無力感などで自分を強く責めている事柄があると、それらはしがらみとなって今の私を縛りつけ、自由を奪い、また、幸せや喜び、楽しみから遠ざけてしまいます。

そうしたしがらみを抜け出す最大の壁は“恐れ”という感情。


しがらみ、というのが何故あるのか?というと、自分を制限し、閉じ込める窮屈なものである一方、安心・安全を保証してくれるものでもあるんです。

すなわち、しがらみがあることにより、傷つかずに済むのです。
(なぜなら、そのためにしがらみを作ったわけですから)

だから、そのしがらみから抜け出すということは、またあんなに傷つく可能性がある、ということを示唆しています。

だから、凄く怖いです。
ものすごく怖いと思います。

そして、それは意識的な恐れだけでなく、無意識の怖れもありますから、なかなかそう簡単に抜け出させてはくれません。

そこで大切なことは一つ、怖れを越えられるだけのヴィジョンを持つこと。

しがらみから抜け出すことにより、自分にどんな恩恵がやってきて、どんな幸せが得られるのか?という可能性に目を向けることなのです。

でも、これを一人でやろうとすると、すぐにエゴの声に押されてしまいます。

だから、思いは強くあっても、ますますしがらみが強くなり、よりしんどい葛藤が芽生えたりします。

カウンセリングというよりもセラピーは、このしがらみの強さ、その根にある痛みを癒していきます。
そうして潜在意識・無意識にある痛みから解放された分だけ、怖れは軽くなります。
そして、抜け出しやすくなるのです。

だから、まずは、しがらみを感じたときは、そんな自分を受け入れ、許し、そして、癒してあげることをまずは意識されると良いのです。

ヴィジョンを持ちつつ、人のサポートを得ることで、自分がそのしがらみに絡まれたとしても、それを解き、抜け出せるだけの力を内と外から得ることができます。

<ちょっとしたイメージワーク>

まずは、そのしがらみを抜け出すだけの勇気を感じましょう。
そして、深呼吸して、一歩前へ。
しがらみのない感覚はイメージできますか?

ぐるぐるにしがらみという鎖で巻かれた自分がいるとしたら、誰に助けを求めましょう?
その鎖を断ち切ってくれるものがあるとしたら、それはどのようなものでしょう?
そして、その鎖が一つ一つ援助者の力で切られていくのを感じてみてください。

そうして、自由の風を、体が楽になっていく感覚をただ味わってみてください。
深呼吸して、その感覚を全身に広げます。

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事