「大事な人を大事にしてみる」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

当たり前なこと、と分かっているけれど、心がすだんだり、物事が思い通りにならなかったり、ストレスでいっぱいになってしまうと、つい、大事な人から順番に傷つけてしまうようになります。
それがほんとうは甘えだと分かっていても、他に頼るところがないので、攻撃してしまうのかもしれません。


だから、今あなたがどんな状況であったとしても、大事な人を大事にしてみましょう。
それはあなたが今の問題を乗り越えるためにも大きな力を与えてくれます。

でも、これにはゴールはありません。
完ぺきさを手放し、また、自分のしていることを承認しながら進めていく行為です。

具体的に何ができるのかは・・・、ちょっと考えないと難しいかもしれません。
心の中で幸せを祈ることかもしれないし、より関わりを深めることかもしれないし、相手を心から許すことかもしれないし、あなたにできること、そして相手のためになることを慎重に見極めていく必要があるかもしれません。

でも、案外シンプルにできることも少なくありません。

それは大事な人に、それを素直な言葉で伝えるということ。
言葉を通じてもいいし、手紙やメールでも構いません。

私にとってあなたが大切な人であることを、ただ表現してみるんです。

「あなたは私にとってとても大切な人なんです。出会えたことに感謝しています」
とちょっと勇気は要りますが、感謝の言葉を添えて贈ってあげると更に良いでしょう。
贈った相手はびっくりして、恥ずかしさらバカにしたりするかもしれませんが、あなたが心を込めた分だけより絆を深めることができます。

でも、それを伝えられない関係、状況にあることも少なくないはず。
そういう時は、相手に伝えるつもりで声に出して表現してみてもいいんです。
あるいは手紙にしてみてもいいでしょう(出す必要はありません)。

そして、できれば「大事な人を大事にする」という習慣を付けていきたいものですよね。
それはちょっとした心がけを意識していくことで当たり前になります。
これも完ぺきにやる必要はなく、思い出したときに、ちょっとした優しさを、少しだけの配慮をしてあげるだけでよいのです。

相手が受け取ってくれなくても、あなたなりに出来たことを承認していくと、自然と心が広がり、温まり、そして、自信に繋がっていくでしょう。

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事