「人に甘えてしまうとき」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

誰かをあてにすることは決して悪いことではありません。
でも、大人になって自立すると、それがとても悪いことのように感じてしまう場合があります。
・自分は甘えすぎなんじゃないだろうか?
・相手の迷惑になってるんじゃないか?
・こんなに人に甘えて自分はダメなんじゃないか?
・周りから見て自分はきっと変に見えるだろう。
などの猜疑心がむくむく沸いてでてくることもあるでしょう。


「甘えてしまうのではないか?」と思う時点で、あなたの中には誠実さがあることにまずは気付いてみましょう。
これを問題として捉えられる時点で、人に対して誠実に向き合おうとしているあなたがいるんです。
それは価値であり、魅力の一部を構成してくれるものなのです。

だから、まずは、甘えてしまう自分、そう感じてしまう自分を受け入れてあげるところから始めてみましょう。

必要なことしか起こらないとすれば、甘えてしまうにも何か原因があり、正当な理由があり、そして、必要な意味があります。

それを斟酌せず、ただ、自分を攻撃してしまうとなれば、ほんとうの意味での改善はありえません。

まずは、出発点に立ち返り、どうして自分は甘えてしまうのか?をじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

「幼い頃、誰にも甘えられずに辛い思いをした。だから、今頼れる人が現れて、つい甘えてしまう・・・」

「どうしても自分ひとりでは不安になってしまい、自信がもてない。だから、どうしても人に甘えてしまう」

「元々甘えん坊で、自分で何かをする、という発想が無かった。だから、当たり前のように人に甘えてしまう」

などなどあなたの人生や生き方がそこには映し出されるはずですね。
それをただ一つ一つ見つめていきましょう。

辛い思いをしたのならば、その時代の自分と繋がってみます。
自信がなくて不安が強いのならば、その自分を今リアルに感じて見ましょう。
元々甘えん坊でそこを責めているのならば、甘えさせてくれる周りの人に感謝の言葉を贈ってみましょう。

「甘えてしまう」と自己嫌悪するよりも、「どうしてなんだろう?」と自分を理解し、受け入れる方向に意識を向けた方が、きっとうまく行くはずです。

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事