「振り回されているように感じるとき」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

振り回されているように感じたとしたら、そのとき、あなたはどんな状態にあるのでしょうか。
自分の意志、目標は持てていますか?
もし、この目指す先があいまいだと、その人、もしくは、周りの人に流されやすくなってしまいます。


また、自分が今、どんな状態なのか、きちんと分かっていますか?
街を歩いていて、それが例え見知ったところであったとしても、誰かの後をひたすら付いていくと、自分がどこにいるのかが分からなくなってしまいます。
誰かに盲目的な状態、すなわち、依存的な状態とは、相手の上に乗っかってる状態なので、自分の座標が分からなくなってしまうのです。

もし、街であなたがそうなったとしたら、どうしますか?
まずは立ち止まり、周りの建物、道、看板などを見回しませんか?

人生においてもそれは同じ。
じっと立ち止まり、周りを見回すことがとても大事なんです。
それはしっかりと自分の足を意識すること。

自分が今、どのような気持ちで、どんな状態なのかを認知すること。
それは、不安がある、とか、どうしていいのかわからない、ということも含めて認めてあげることです。
それを否定したり、自分の感情よりも、相手からどう思われるかを気にしてしまうと、やはり自分の存在が希薄になり、振り回され続けてしまいます。

もし、振り回されてるな、と感じたら、一旦、その相手と心理的な距離を取って見ましょう。
そして、深呼吸をし、足元を見つめ、手先に意識を向け、“自分が自分である”ということを再確認してみます。

そして、再び、相手を見ます。

これを繰り返すと、徐々に振り回されることは減っていくでしょう。

ただし、その不安や怖れがどこからやってきているのかは重要なこと。
例えば、恋愛において、あまりに彼のことが理想的で好きになりすぎると、かえって自分が出せずに、嫌われる怖れから彼に従順にならざるを得ません。
そうするとあなたの魅力は封印されたも同じですから、徐々に彼からは距離を取られることが少なくないんですね(あるいは都合の良い女扱いされるか)。

そんな場合は、彼に対する強すぎる思い(それは愛情もあれど、執着にも等しい感情だったりします)を手放し、もう少し彼から心理的な自由を得る必要があります。

そのためには自分の魅力や価値を改めて見つめなおし(だって、彼はあなたを選んでいるのですから!)、あなたの中にはびこる無価値感を癒していくことなのです。
時には過去の恋愛などにも踏み込んでみる必要もありますが、まずは、あなた自身の魅力、長所、価値、才能を再発見してみてはいかがでしょう?
そこを認識できると、心はすっと落ち着き、地に足が着き、振り回されることも徐々に少なくなっていくでしょう。

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事