(8/15)今の自分にできること


妻の妹夫妻の新居に遊びに行ってきました。
結婚祝い&新築祝いを兼ねて、義理の母達が集まりました。
妙な縁で、妻とその妹、妹の旦那さん、僕と、みんな父親を亡くしておりまして、従って、近しい集まりは僕と旦那さんを除けば全員女性。
妻のおばあちゃんもご存命で、うちの子どもは女の子で、さらに僕のきょうだいも妹が二人、旦那さんは一人っ子、とほんま女だらけ。
性別だけならハーレムですね・・・ははは(乾笑)
実情は・・・・。

会の趣旨から行くと、義妹夫婦が主賓なんですけど、やはり、皆さん、赤ちゃんの方に目が行きますから、娘の深希(みずき)からすれば、色んな人に抱っこしてもらい、遊んでもらい、名前を呼んでもらい、とても幸せな時間を過ごしてたんじゃないかなーと思います。

興奮してきゃっきゃ、きゃっきゃ、声を挙げて喜んでいました。

ただ、こういう日は妻にしてみれば後々不安が募るようなんです。
・興奮しすぎて、夜、寝ないんじゃないか?
・遊んでもらったばかりに、明日、ぐずって大変なんじゃないか?
などなど。

今のところ前者は杞憂に終わりそうです。
家に戻り、お風呂に入れ、ミルクをぶち込んだら、すやすや寝始めました。
さあて、このまま朝までもってくれるかな???

*--*--*--*--*--*--*

このミニコラムでも過去に触れたことがあるかもしれませんが、最近、カウンセリングの中で僕がよくお伝えしているメッセージがあります。

「今の自分にできることにベストを尽くしましょう」

これは日本語としては分かりやすいけれど、実践するのは非常に難しいです。
仕事や対人関係、恋愛、夫婦関係など、あらゆる環境や関係性に通じますが、『じゃあ、具体的に何をしたらいいんだろう?』という疑問が頭をもたげてきます。

僕たちは人の中で生きていきますよね。
まったく孤独で生きてるって方は、本当に山の中にこもっていらっしゃる方を除けば、ほとんどいらっしゃらないはず。

だから、僕たちは無意識的に他の人と自分を比べてしまうようになるんです。
仕事では○○よりも自分は出来が悪い、とか。
男女関係でも、○○ちゃんほどかわいくない、とか。

そうすると意識が他の人にばかり行ってしまうので、足元が見えなくなります。
『足元』というのは他ならぬ自分自身であり、その心です。

他の人ができることが、自分にできないとそれだけで引け目を感じてしまいます。
その逆だったら、鼻高々で調子に乗りすぎてしまうかもしれません。

で、自信を失ってしまうか、過剰になってしまうか、どちらも、地に足が着かず、不安定な状態です。

そんなときに、今の自分ができることを探してみるのが大切です。
仕事ならば、今、自分に与えられている業務が「できること」になります。
恋愛や対人関係では、その場その場で色んな「できること」がありますが、それは自分の感性や直感、感覚的なものなんですよね。
「疲れていそうだから、肩を揉んであげよう」の一言も、タイミングがずれたらお節介になってしまうんですね。

今の自分にできることって何だろう?ってまずは見つめてみましょう。
そして、それを自分なりにベストを尽くしてみるんです。
「自分なりに」ですよ。

今日のあなたにできることと、昨日のあなたに出来たことはまた違います。
だから「今日の私なりにできること」にベストを尽くしてみましょう。

その心構えとチャレンジが、充実感や満足感、自信を与えてくれますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事