(3/14)分かっちゃうこと


遠慮して、あまり言わないけれど、分かっちゃうことってありますよね。
届いたメールのちょっとした言葉のニュアンスで「今日、しんどいんちゃうか?」とか「寂しいんちゃうか?」って。
あるいは、自分の気分を見て、「あいつ、今、しんどいんちゃうかな・・・」とか。

色んな方からメールを頂いて、普段は元気そうな女の子が、やっぱり元気そうなメールを書いてくれて、でも、読んでいると、引きずり込まれそうになるくらい重たさを感じることもあります。

「なんか、しんどいことあったでしょ?隠してない?」
ってストレートに聞くと、「え?どうして分かっちゃうんですか?なんで?」と。

そりゃ、分かるよ。
そんな感じがするから。

カウンセリング中って、そういう感覚を研ぎ澄ませているから、ふっとお客さんの話を聴いているときに別の誰かの顔が浮かんだりする。
そうすると、その誰かと今目の前にいるお客さまの雰囲気や問題や悩みや課題やテーマが一致していたりする。
すごく不思議だけれど、でも、説得力ある。

同じラインに乗っているんだな・・・と思って、その方向で話を進めてみると、案外ピタッとフィットしたりする。

休憩時間に「ん・・・最近、なんか疲れてるかな???」と思ったときに、理加の顔がふと思い浮かんだ。
そっか、子ども産んで1週間。
緊張が続いて、退院して、ふっと一息ついて、どっと疲れが出てきたんだな・・・と思った。
本人に聞いてみたら、やっぱりそのようで、そうすると、・・・何かしてあげたくなる。
一緒にいてあげよう・・・とか、
肩を揉んであげよう・・・とか、
ああ、たぶん、腰がしんどそうだから、そこをマッサージしてあげよう・・・とか。
そうして、ありきたりだけれど「理加のその疲れが癒えますように・・・」と願ってみたりする。
すーっと抜けていくものがあれば、きっと理加も楽になっているハズ。

僕のカウンセリングは時々、そんな感じになる。

今、背中の真ん中ら辺がしんどいでしょ?
深呼吸してみてね。
うん。そんな感じ。
そうそう、そうするとその疲れが口を伝って外にでて、楽になるでしょ?
ああ、いま、ちょっと喉のところで引っかかったよね。
焦らなくても大丈夫。
出たがってるから安心してね。
もう一回深呼吸してみるといいよ。
そうそう。大丈夫大丈夫。
ああ、それ、すごく寂しかったのに我慢してたときの感情だよね。
辛かったよね・・・。
よく我慢してたね・・・。

もし、他の人がこの二人の会話を聞いていたら、全然訳が分からないかもしれない(笑)

でも、こういうときほど「繋がってる」って感じがすごくします。
そうすると、どういう訳だか、すごく癒されるのかもしれない。
セッション終わったあとのお客さまの顔が全然違う。
すごく無邪気になっていたり、ドキッとするほど素敵になっていたりする。
そうしたとき、僕もとても癒された気持ちがする。

ああ、こういうのもアリなんだな・・・と思うわけです。

*---*---*---*---*

今日のコラムはちょっといつもと違う雰囲気でお届けしてみました。。。
ふーっと浮かんで一気に書いたものです。

13日は、カウンセリング講座の後、久々にプールで泳いだら、だいぶ、疲れました・・・。
でも、以前に比べたら、長く確実に泳げるようになっていて、成長を感じましたー。

それに、その後の気分爽快感はたまらないものがありますねー。
今もすごく体が楽です(^^)

プールの後に焼肉食べ放題で、たくさんビールを飲んだせいかもしれませんが(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事